ブログはまず100記事書く必要があるのか?に対する僕の答え

ブログ 100記事 必要性
スポンサードリンク

方々で語られる『ブログに100記事書く必要があるかないか問題』

 

  • 「初めてブログを書くならまずは100記事書け!」
  • 「WordpressはGoogleに認識されるまで100記事は必要!」

 

という意見が未だ根強い一方、

 

  • 「記事数は関係ない!とにかく記事の質を上げるんだ!」

 

という意見も飛び交う日々。

 

で、僕は以前は「初心者にしても新ブログにしても、100記事は必要ダロウ」派でした。

でも、最近は「確かにがむしゃらに100記事目指すよりも、質の高い記事を数記事書いた方が効果あるんじゃね?」

という意見に傾いています。一体、どっちなんでしょうか???

 

闇雲に記事を書けばいいという訳ではない

『100記事』という言葉に固執し過ぎると、クソ低品質な記事でも「とにかくアップしちゃえ!」って思ってしまいがちなんですよね。

特に初心者の場合は。

 

だけど低品質な記事をむやみにアップするのは完全に間違っています

これは自分で立証済。

 

以前、全然興味の無い『ダイエット』のブログを立ち上げて、500記事ぶち込んだことがあります。

キーワード選定も、SEO対策も無視。

 

とにかく「短期間でやたらと数を打ち込めばどうなるんだろう?」という実験的な意味合いで作ったブログです。

(上手くいって稼げたら嬉しいなぁ)と思って。

 

3ヶ月で500記事ぶち込んだわけです。1日5~6記事ペース。

結果、さんざんでした。ほぼノーアクセス。だから、闇雲に記事を増やすというのは、絶対的に間違っています。

 

初心者は1つの目安に100記事を設定するのもアリ

ただ、『ブログ運営の1つの目安として100記事を目指す』

というのは、いいことだと思っています。

 

その理由は大きく3つ。

  1. SEOが肌感覚でわかる
  2. ノルマを設けて自分を追い込める
  3. ブログが習慣になる

 

①SEOが肌感覚でわかる

そもそも、SEOやキーワード選定に慣れていない頃って、「どんな記事が当たるか?」というのが全くわからないもんです。

(「当たるか」というのは、「検索に上位表示されるか?」という意味です)

 

SEOに正解はありません。

100%理解しようと思ったらGoogleに入社してSEO部門(あるか知らんけど)の部門長にでもならなきゃわかりません。

 

ですが、記事をたくさん書いて、たくさん投稿することで、なんとなく『肌感覚』でこんな記事を書けばいいというのがわかってくるんです。

 

この『肌感覚』というのがすごく重要なポイント。

 

これは、スポーツと似た感覚ですよね。

スポーツで上達するためには、

 

  • 考えて
  • 反復練習して
  • 改善する。

 

究極、これの繰り返しです。

基本が大事、と言われる中で理論を把握し、あとはとにかく反復練習。

 

あとはとにかくトライ&エラー。

強くなる、上手くなるためにはこれしかない訳です。

 

だからとにかく記事書いて、アップして、分析して・・・というのを繰り返すことは、やはり効果アリ。

この点、『量は質を凌駕する』というのもうなずける話です。

 

②ノルマを設けて自分を追い込める⇒自信につながる。

それから、『100記事』というのがノルマとして設定されるのも1つの良い所です。

人間は怠惰な生き物です。僕も、あなたも。

 

僕なんて、一生分のお金とマンガとゲームが与えられたら、死ぬまで努力なんてする気ないですからね。

 

子どもたちと遊んで、家でゴロゴロ転がってゲームしてマンガ読んで、美味いモン食って・・・

あぁ、そんな生活憧れるー。

 

で、やっぱ人間が頑張る動機やモチベーションってのには、必ず『こうなりたいっていう未来』がある訳で。

 

  • あの子と仲良くなりたいからオシャレする。
  • 次の試合で優勝したいから死ぬ気で部活頑張る。
  • 家族を食わせていきたいから仕事に奮闘する。

 

「●●したい」「●●になりたい」という強い欲求があって初めて、人は頑張れるんです。例外なく。

 

で、その最終目標が高ければ高いほど、時間もエネルギーも必要になる。

これは目標の設定方法の話なんですが、「最終目標に向かうまでの小目標が多ければ多いほど、物事は継続できる」って僕は思っているんです。(完全にby俺ですが)

 

例えば、僕はかれこれ16年ぐらい剣道をやっています。

今、例えば『世界大会で優勝する』って目標を掲げたとしましょう。

 

で、そのためには何が必要か?どんな練習をすればいいか?誰に教わるべきか?

色々考えて実践して改善していくわけですよね。

 

ですが、世界大会優勝なんてものは、死ぬほど遠い目標なわけです。

はい。オリンピックの金メダルを取るのと同じことですから。

 

たぶん予選の予選のそのまた予選の3回戦ぐらいで敗退するでしょう。

この時、仮に僕が『今年の世界大会で優勝することしか考えてなかった』場合、僕はどう思うでしょうか。

 

『大失敗やんけ』という挫折を味わう訳です。

『もう剣道止めよう』これが肥大化すれば『もう死のうorz』となる訳です。極端な例ですけども。

 

最終的に目指すのは世界大会優勝でもいいけれど、その前に小目標をいくつか定めることで、いちいち挫折することがなくなるんですよね。

 

例えば

 

  • 世界大会の予選の予選の予選の大会で優勝する。
  • 市民大会でベスト4に入る。
  • 実業団大会でベスト8に入る。

 

などなど。

今の自分にあったレベルの目標をいくつか立てて、1つずつ潰していく。

この時の目標設定のコツは『頑張れば達成できる』レベルで。

 

そうすることによって、小さな成功体験を積み重ねることができ、それが結果として自信につながるわけです。

そう、自信!コンフィデンスですよ。僕が言いたかったのは。

 

例えが長くなってすいません。

 

要は

『100記事を書き上げる』という、(最終目標ではないけれど)1つのゴールまでの目標を達成する。

 

↓ことによって

 

「俺はこれだけのことを成し遂げたことがある!」という自信につながる。

自分で決めた目標に向かってひた走る。そしてそれが実現した時の達成感を味わう。

 

といった意味で、1つの小目標として『100記事』というノルマを設定するのはとてもいいことだと思うんですよね。

 

③ブログが習慣になる

100記事書こうと思ったら、1日や1週間では到底できるものではありません。

1日1記事書いて100日、3ヶ月強が必要になるわけです。

ブログってのは、慣れてくれば1日2記事や3記事書けたりもします(忙しさにもよるが)。

 

だけど、ブログを始めて間もないころは1日1記事でも「やっとこさ」じゃないでしょうか。

僕も初心者の頃は1記事に4時間も5時間もかけたことありました。

 

そんな熱意のこもった記事ほど誰にも読まれなかったりして、また凹んで・・みたいな・・・ブログあるある。

で、例えば1日1記事でも1日3記事でもなんでもいいんですが、100記事書こうと思ったらそれなりに計画立ててやっていかなアカンわけですわ。

 

『継続的に』

 

そう、ここ超重要ポイント。

 

『継続的にできるかどうか?』

  • 1日1時間でも
  • 1日1記事でも
  • アイデア拾うだけでも

なんでもいいんです。ブログをあなたの生活の一部に組み込めるか?

つまり、『習慣化できるか?』というのが、ブログを続けていく上でとても大切になります。

 

やはり100記事という1つの目標があると、100記事に向けて何かしらのアクションを起こさなければならない訳です。

 

また剣道に例えてみましょう。

「アイツに勝ちたい!」と思ったとしましょう。ただ、そのアイツは結構強い。

 

どうする?

 

『徹底的に考えて練習すること』です。

  • 家でゆっくりしている時に筋トレしてみたり
  • 通勤時間に相手選手の試合ムービーを見てみたり
  • より練習時間を増やしたり

 

つまり、自分の生活スタイルを変えて相手に勝つための行動を起こさなければならないんです。

「目標を達成するために、日常生活にそのアプローチを組み込む」ということ。

 

この感覚を体で覚えさせるために、ブログを生活の一部に組み込むために、

『100記事書く』というのはかなり効果的な目標の設定の仕方であると言えます。

 

最後に

まぁ結論としては『初心者は100記事書いた方がいい。但し、書けばいいってもんじゃないよ』ってことになりますね。月並みですけど。

ブログで目標を達成するために最も大事なことは、『続けること』であると思っています。(他の記事でも言いまくってます)

 

続けるためには

  • 飽きないこと
  • 無理をしないこと
  • 楽しむこと

が大切。

 

あまり自分を追い込み過ぎると、ブログが嫌になっちゃうし。

かといって、ゆるすぎるペースで亀の歩みを続けていると、逆にブログから離れていってしまう。

 

『アメとムチ』適度な温度感、バランスをとってブログに触れ続けることが大事。

適度に自分を追い込みつつ、何より楽しんで続けることを忘れないようにしてくださいね。

 

それでは。