転職エージェントを電話面談だけで活用しようとして大失敗した話

転職エージェント 電話 失敗
スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

僕は昨年、28歳の時、初めて転職活動を経験しました。

 

最初は右も左もわからず、職務経歴書の書き方1つとっても、悪戦苦闘の日々。

そこで転職エージェントを活用したところ、経歴書の添削や面談練習などを行ってくれ、すごく助かりました。

 

しかし、転職活動を進める中で、1つの失敗を犯してしまったんですね。

それは、転職エージェントを電話面談だけで活用しようとしてしまったこと。

 

転職エージェントには、必ず1回は直接会って面談をしてもらうべきです。

なぜなら、1回会うか会わないかで、エージェントのあなたに対する態度がまるで別物のように変わってしまうから。

 

今回は、僕が転職エージェントを電話面談だけで活用しようとして失敗した話をします。

 

おっくん
転職エージェントを電話だけで活用しようとすると、思わぬ落とし穴に引っかかるよ!

 

ちなみに、僕が実際に使ってみてオススメだと思った転職エージェントは、こちら。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

転職エージェントを電話面談だけで活用するデメリット

転職エージェントを電話面談だけで活用しようとすると、致命的なデメリットに遭遇します。

それは、転職エージェントに1回も会わないと、あなたへのフォローが弱くなる、ということ。

 

もちろん、転職エージェントのフォロー力は、会社やエージェント、あなた自身の経歴にもよります。

しかし、僕自身が実際に転職エージェントを使ってみて、ハッキリと感じたのが、この事実です。

 

そもそも、転職エージェントは、多い人なら常時200~300人ぐらいの求職者を抱えています。

1日をあたふたと忙しく過ごす中で、あなた1人に割ける時間は、限りなく少ないのです。

 

その上さらに、直接会ったことのない人のフォローとなると、どうしても対応が手薄になってしまいます。

つまり、良い案件があっても、あなたに回ってくる可能性が低くなってしまう、ということ。

 

 

仮にあなたが八百屋を経営していたとしましょう。

とても貴重な野菜が入荷したら、誰に声をかけますか?

 

おっくん
大切なお客様に買ってもらいたい。

 

と思うのは当然の話。

 

一見さんや、ネットで始めて注文するような人には売らないですよね?

必ず、顔見知りで昔から付き合いのある人に声をかけるはずです。

 

人材業界も、八百屋とは業界は違うけれど、同じ話なのです。

つまり、良い求人案件があったら、顔も知らない他人よりも、実際に会ったことのある人に優先して紹介したくなるもの、ということです。

 

転職のコツは、いかに上手くエージェントを活用するか

 

転職活動は、転職エージェントの質と熱意が非常に大事です。

つまり、良いエージェントにやる気をもたせ、良い案件を紹介させなければ、転職エージェントを活用する意味がないのです。

 

そのためには、必ず1回は直接面談を行うべきです。

 

僕も実際に何社か登録しましたが、一部は直接面談、一部は電話面談、と分けていました。

当時はまだ在職中だったし、あまり頻繁に面談に出向く時間もなかったですからね。

 

そして、実際に会ったエージェントと、電話でしか話していないエージェント、

両者が紹介してくれる案件の量や質に、圧倒的な差があったことを実感しました。

 

上手くエージェントを活用するためには、やはり1回は直接出向いて面談をお願いすべきです。

 

転職エージェントとの電話面談のメリット

とは言え、電話面談のメリットもかなり大きいです。

何より、時間や場所を問わないのは、かなり大きいメリットであると言えるでしょう。

 

忙しくて有給がとれない場合でも、土日に電話対応してくれるエージェントもいます。

また、電話でなら、夜遅い時間でも相談に乗ってくれることもあるでしょう。

 

電話面談にも大きなメリットがあるので、とにかく上手に使い倒すようにしましょう。

一番上手なエージェントの使い方は、最初の1回は直接会って、その後は都度電話で相談する、という使い方でしょう。

 

おっくん
とにかく、初回は必ず直接面談してもらおう!

 

どうしても電話面談でしか時間がとれない場合は?

とは言え、どうしても面談に行く時間が無い場合もあるでしょう。

そんな時、電話面談だけで転職エージェントを活用する方法はあるのでしょうか?

 

あります。

それは、マメに連絡することです。

 

常に忙しいエージェントに、良い案件を紹介させるためには、あなたの優先度を高めさせることが大事です。

実際に顔はわからなくても、3日に1回ぐらいは連絡すると、相手もあなたに注意せざるを得なくなるでしょう。

 

とにかく、エージェントが自分に興味を持たせるよう仕向けることが大事。

 

毎日のように連絡すると、しつこくてウザがられるかもしれません。

なので、3日に1回ぐらいの連絡がちょうどいいのではないでしょうか。

 

おっくん
さすがに毎日電話をかけると、ウザがられるので注意!

 

【最後に】転職エージェントは賢く活用しよう

あなたがせっかく転職に熱意を持っているのに、転職エージェントのやる気がなければ、非常にもったいないです。

転職エージェントには、まず初回は対面での面談を受けてもらい、しっかりとあなたの熱意を伝えましょう。

 

その上で、あなたに優先的に良い案件を紹介してもらえるよう、アピールすることが大事です。

転職エージェントと言っても、所詮は人間と人間のやり取りです。

 

上手に転職エージェントを使い倒しましょう。

そして、少しでも多くの優良案件を紹介させるよう、こちらから取り計らいましょう。

 

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っています。

それでは。