【赤ちゃんに触られるのは嫌?】他人の子どもをタッチする時のマナー

赤ちゃん 触る マナー
スポンサードリンク

こんばんは、おっくんです。毎度どうも。

今日、会社からの帰宅時の満員電車で、1歳ぐらいの赤ちゃんを見ました。その時、思わず自分の子どもにするように触りそうになり、慌てて手を引っ込めた僕。

本当は顔をすりつけて、ヒゲをじょりじょりさせてあげたいかった。が、さすがにそこまですると懲役くらいかねないのでやめておきました(賢明な判断)。

そりゃ、いきなり僕みたいなおっちゃんに、大事な赤ちゃんを触られたらママもビックリしますわな。そこで今日は「他人の赤ちゃんを触る時に気を付けたいこと」について。

よくよく考えたら、他人に子どもを触らせることに、抵抗がある人ってけっこういるんじゃないか?って思ったんです。

赤ちゃんを他人に触られることに対して感じること

「他人に赤ちゃんを触らせるかどうか」については、色んな意見がありますね。我が家は、僕も嫁も「どっちでもいい」派です。

ただ、人の子でもたまらなくカワイイ赤ちゃん。街で見かけると、ついつい、ぷにぷにと触ってみたくなるものです。

人の子でも触りたいぷにぷに赤ちゃん

  • 「ぽよぽよ」
  • 「ぷにぷに」
  • 「ふにゃふにゃ」
  • 「もちもち」

赤ちゃんのお肌はおよそ外国人には解読できないであろう、柔らかそうな擬音語が似合いますね。そして赤ちゃんは問答無用でカワイイ存在。僕のように思わず「ぷにぷに」したくなってしまう方は多いんじゃないでしょうか。

しかし、自分の子なら良いですが、他人の子を触る際はマナーを心得ておくことが大事です。

他人の赤ちゃんに触る時のマナー

他人の赤ちゃんに触る時にだって、マナーはもちろんあります。

必ず一声かけること

当たり前ですが、「触ってもいいですか?」と聞かずに赤ちゃんに触ってくる人がいます。おばちゃんとかは割とグイグイ触ってきますが、神経質なママからしたら迷惑極まりません。

「いちいち一言かけるの変じゃない?」と思う気持ちもわかります。しかし、触られる側からしたら

「一言もかけずに勝手に触るか?普通」というのも極めて正論。

親戚や仲の良い友達なら別。ですが、たまたま見かけた他人の子を触る時は「触ってもいいですか?」と必ず一声かけるようにしましょう。

また、「触っていいですか?」と聞いて、「もちろん、いいですよ!」と言われても、安易に赤ちゃんの顔や口元に触るのはNGですよ。

以前友人がこんなことを言ってました

「赤ちゃんを知らない人に触らせたら、そのおっさんが自分の指を赤ちゃんの口に持っていったので、恐ろしくなって逃げた」

と。

さすがにこれは…と思いますが、明らかにNGでしょう。誰が好き好んでオッサンの指をなめるものか。俺でも嫌だ。

赤ちゃんを触られるのが嫌な人の意見

  • 「人の手にはどんなバイキンがついてるかわからんし…」
  • 「ケガさせられたりしたら嫌だし…」
  • 「何かあった時に後悔しても遅い」

世知辛い世の中になりましたが、こんな事件があったのも事実。人の子ども抱っこして、足の骨折って知らんぷりして逃げるとか…胸糞悪い事件ですね。親が安易に子どもを触らせたくないと思うのも当然でしょう。

どうしても他人に赤ちゃんを触らせたくない人は?

とはいえ、「赤ちゃん触らせて!」と勢いよく言われると、親としてもなかなか断りにくいものです。

  • 「バイキンつくから触らないでください。」
  • 「ケガさせられたら嫌だからやめてください。」

こうストレートに言える人はすごいと思いますが、普通の人には難しいでしょう。そんな時はやんわり逃げの口実を作って逃げましょう。

  • うちの子、肌が弱いので…
  • 今機嫌が悪くて、触られたら騒ぎ出すかも…
  • 人見知りなので…
  • 知らない人に触られると噛みついちゃうので…

「あなたに迷惑をかけたくないから」という申し訳ない気持ちを表現すると、相手も気持ちよく引いてくれます。それでも「大丈夫大丈夫」としつこく言ってくるヒルクライム的おばちゃんがいたら、もうスタコラ逃げましょう。

「急いでまして」でOK。

電車だったら「隣の車両に旦那が」。など。多少ムリのある言い訳でもいいです。どうせ二度と会うことない人だから。

最後に

冒頭で述べましたが、僕も嫁も、赤ちゃんを触られることに抵抗はありません。(指はしゃぶらせませんが、頭とか手を触られるぐらいならOK)。むしろ、たくさんの人に触られて、愛されて育ってほしいと思っています。

子を持つ親が全員神経質になりすぎたら、今度は逆に大人たちが子どもに触れるのを嫌がり、

「東京は迷子がいても誰も助けない」とか、

「周りの大人が赤ちゃん連れに冷たい」とか。

どんどん世知辛い世の中になってしまいますよね。

何事もバランスが大事。触る側も、触らせる側もお互い配慮することが大切なんです。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ