1歳半で子どもが覚えた言葉を見るととんでもない成長を感じる

0903 1歳半 子ども 覚える 言葉
スポンサードリンク

我が家の長女が間もなく1歳半を迎えようとしています。振り返ってみると、長いようであっという間だった1年半。初めての育児で右往左往しながら、僕も嫁も親として少しずつ成長してきたつもり。いろんな失敗もしました。

  • おむつの替え方やお風呂の入れ方で嫁に怒られたり
  • 夜寝てくれなくてずーーっと抱っこしてたら立ったまま寝そうになったり
  • 育児ブログ見ながら「あるある~」とか思ってニヤニヤしたり

娘が順調にすくすく育っていることに幸せを感じる今日この頃。健康でいることって、大事だなぁと日々思っています。それとともに、今しかないこの「育児」の時間を大切にしなきゃ、と自分を戒めることも忘れず。今日も明日も父親2年生として成長していくべく邁進する所存です。と、頭の固い新入社員の挨拶みたいになりましたが。

今日はこんな親バカ調のまま、この1年半で娘が覚えた言葉を羅列してみようと思います。言葉と言っても、まだ一語の単語のみですが、色んな言葉を発するようになりました。

1歳半の娘が話すようになった言葉

まずは嫁と話してみて、全部書き出してみました。項目別に分けると、結構面おもしろいです。数えてみると、全部で45種類。なんとまぁ、よくここまで増えたもんだ。

呼びかけ(4つ)

  1. ぱぱ
  2. まま
  3. じーじ
  4. ばーば

呼びかけは鉄板ですね。初めてぱぱ・ままと呼んでくれたのはいつだろう。なんだか感動したのは覚えていますが、いつのことかは忘れましたけど。1歳2ヶ月ごろから僕の転勤の都合で両親のいる実家に住み着いたこともあり、じーじ、ばーばも覚えてくれました。

動物(6つ)

  1. わんわん
  2. にゃんにゃん
  3. ちゅんちゅん(鳥)
  4. ぱおーん(象)
  5. がおー(ライオン)
  6. めぇ~(羊)

絵本を読み聞かせたり、テレビで見る機会の多い動物。いないいないばぁの影響もあり、わんわんを覚えるのは比較的早かったですね。あとは鳴き声シリーズ。特に最近覚えたての羊のマネ「めぇ~~~」がリアルで可愛いです。

挨拶(5つ)

  1. ごめんね
  2. あーとー(ありがとう)
  3. せんきゅー
  4. はい、どーぞ。
  5. ばいばい

続いてあいさつ系。悪いことをしたらごめんなさい。感謝するときはありがとう。と、嫁がその辺の教育をしっかりしたおかげ(?)で、挨拶も少しできるようになりました。最近では、英語の方が良い安いらしくせんきゅー(てんきゅー)を連呼しています。

返事(2つ)

  1. うん
  2. はーい

「うん」は、便利な言葉。というのを1歳半にして知っているらしく、何か聞かれた時はなんでも「うん!」と言います。また、名前を呼ぶと手を上げて「はーい」と返事してくれます。(最近は3回に1回ぐらいですが)

食事(5つ)

  1. いただきます(たーたーた)
  2. ごちそうさまでした(たーたーた)
  3. おみず(たたた)
  4. おちゃ
  5. パン

食事の時は積極的に話しかけるようにしています。食事の前後は手を合わせて、「いただきます」と「ごちそうさまでした」を毎回言うようにしていました。どうにもまだ発音が難しいらしく、どちらも「たーたーたー」と言ってますが、本人はちゃんと言っているつもりの様子。

数字(2つ)

  1. じゅう(10)
  2. テン(10)

数字はなかなか覚えません。いつもお風呂から上がる時、僕が1から10まで数を数えるのですが、じゅう(10)は結構前から言ってましたね。いつの間にやら嫁が英語でのカウントを教えていたらしく、テン!とも元気で言えるようになりました。今はイチを言えるように特訓中です。

感嘆(5つ)

  1. おっとっと
  2. でた!
  3. ごーごーごー(GoGoGo)
  4. いぇーいぇーいぇー(YeahYeahYeah)
  5. わお

お次は感嘆を表す言葉。完全に大人のマネをしていますね。先日母の実家のある宮崎に帰省した時は、ひたすらゴーゴーイェーイェーを僕と2人で叫んでました。外出が楽しくなります。

行動(6つ)

  1. 抱っこ
  2. せーの
  3. よいしょ
  4. いないいないばあ
  5. たっち(タッチ)
  6. あくしゅ

うろうろと足のあたりにやってきて「だっこ!」これには何も叶いません。食事中だろうがブログ書いている途中だろうが、思いっきり抱っこします。また、「せーの」とか、「よいしょ」は、大人の僕らのマネをしているようです。最近はハイタッチと握手を覚えました。

物・体の部位(3つ)

  1. 葉っぱ
  2. あし(足)
  3. 救急車

謎の語群です。葉っぱはお散歩で、救急車はおもちゃで、あしは、散歩に出る時に玄関で。何やら楽しいことと関わる言葉は覚えるのが早いようです。

こそあど(4つ)

  1. ここ
  2. これ
  3. こっち
  4. あっち

いわゆるこそあど言葉。「こっち」と「あっち」の区別はなんとなくついている様子です。家にいても何かを指さして「これ!」と、よく叫んでいます。

ギャグ・キャラクター・その他謎の言葉(3つ)

  1. だー
  2. アンパンチ
  3. トコトコトコ

「だー」は、猪木のマネ。僕が一生懸命「1!2!3!」と言うと、その後に「だー!」と言うように教え込みました。目下、猪木のようにアゴを強調させる練習中です。あと、アンパンマンのことをアンパンチと呼びます。技名。それから、謎の「トコトコトコ」。あまり意味はなさそうですが、よく言ってます。

赤ちゃんは、大人のマネをする

総数45種類の言葉を発するようになった娘。そんな娘を見て日々感じること。それは、やはり赤ちゃんは大人のマネをするということ。たまーにですが、僕が「ちくしょう」などと言うと、マネをされる時があります。

赤ちゃんは、大人をよく観察して、マネをしようとしています。その好奇心や行動力には脱帽するときもあるぐらい。

毎日が新しいこと、そして成長の連続。毎日同じ生活で退屈…なんて悩んでいるヒマがあれば、子どものマネをして身の回りのあらゆることに好奇心を持ってみることも大切ですね。

言葉と共に行動も増える1歳半

言葉はもちろんですが、行動も増えました。

  • くるくる回ったり
  • 走り回ったり
  • 階段を上り下りできるようになったり
  • ドアを閉めたり
  • 妹や猫を撫でてあげたり

出張などで1日2日会わないだけで、驚くべき成長を遂げる娘。大げさかもしれませんが、毎日全身を使ってフルに行動しているのです。そりゃ、1日に10時間も寝ますよね。

子どもは大人のマネをします。でも、大人も子どもから学ぶことはたくさんあります。その想像力と行動力、そして飽くなき好奇心を見習って、僕も毎日を充実させよう。そんなことを思った1日でした。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ