ブログを毎日更新するのに『気合いが必要』とか完全に間違ってる

0912ブログ 毎日 継続
スポンサードリンク

「目標は1日1記事!」と意気込んだものの、結局3日で挫折してしまう。。。

そんな悩みをお持ちでないですか?ブログを始めたての頃は、とにかく「1日1記事」毎日書くことを目標にしてみるのがオススメ。理由は色々ありますが、初心者の頃は、とにかく「書くこと」に慣れることが大事だから。

でも、ブログを書き慣れていないころって、どうしても

  • 記事を書く気になれない。
  • いざパソコンに向かっては見るものの、結局1行も書けずに手がストップ。
  • やる気が起きない。

こんな状態になりがち。今回は、ブログを毎日更新するために、必要なマインドの持ち方やちょっとした心構えのコツをお伝えします。

ブログには、好きなことを書けばいい。

いきなり冷たいことを言いますが、基本的に「あなたのブログなんて、誰も読みません。」というのも、僕ら個人レベルのブログは、「読まれなくて当たり前」なのです。

そりゃ、芸能人のブログは別ですよ。彼らはそもそもテレビという最大の広告によって顔や名前が知れていますから。そもそも読者=ファンですから。エビゾーさんとかね。

だけど、どこの馬の骨かわからないような人間の人生や記事なんて、正直興味ないでしょ?僕もないもん。この前提をまず理解することが大事。

特にブログを始めたての頃は、「いくつかブログ記事を書いたらガンガンアクセスが集まってガンガンコメントもらえるだろう」などと、誇大妄想をしてしまいがち。ですが、この世界はそんなに甘くありません。

特に独自ドメインをとって始めたブログなら、3ヶ月は孤独な作業の連続。(僕はこれをブログ暗黒時代と呼んでいます)つまり、しつこいようですが、あなたや僕のブログなど読まれなくて当たり前なのです。

さて、こう考えると、少しブログを書くのが楽になりませんか?そう、あなたのブログを書く手を止める最大の原因は、『心理的ハードル』なのです。

まずは心理的ハードルを下げてドンドン記事を投稿する

書くからには、最大限読み手が満足するように書かなければなりません。『読まれない』ことがわかっているのに、『読まれるように』記事を書く。これは、言うと簡単ですが、やってみるとなかなかつらい作業ですよ。

まるで、富士山の頂上から紙飛行機で好きな子の家にラブレターを届けるようなもの。ですが、紙飛行機とブログには絶対的な違いがあります。

ブログは、続けていれば必ず、誰かが見てくれるようになります。だからあきらめないこと、まずはこれを大事にしてくださいね。

話を戻しましょう。

読み手が満足する記事を書くことは、大切。一方で、完璧を求めすぎるとどうなるか?

  • 言い回しや表現にこだわり過ぎて1つの記事に膨大な時間がかかる。
  • 冒頭文の書き出しに悩みすぎていつまでたっても記事が書けない。
  • 魅力的なアイキャッチ画像を探して1時間サイトを周回。

こんな「書けないスパイラル」に陥ってしまうんです。あなたのブログは、他の誰のものでもない、あなたのもの。

もちろん心構えとしては、「最良の情報を読みやすく読者に伝える」ことを意識すべきであるのは事実。一方で、いつまでも『完璧な記事』にこだわり続けると、いつまでたっても記事が書けません。

心理的ハードルを下げ、記事がある程度できあがったら、ノリよくポンポン投稿してみましょう。この『ノリよく』ってとこ、大事。

60点ぐらいの記事をジャンジャン投稿しよう

正直、新規投稿する記事は、60点ぐらいのもので構いません。ブログはあとでいつでもリライトできるし、少し時間を空けて自分の記事を見ることで新たな発見もありますからね。誤字・脱字なんかも、とりあえず気にしなくてOK。

それよりも大事なことは、1秒でも早くあなたの文章をWeb上にアップすることなんです。

どれだけ下書きを充実させても、記事をアップしなければいつまでたってもアクセスは集まりません。そんなところで立ち止まるよりも、「えいやっ」で投稿してしまいましょう。これを意識するだけで、あなたのブログの記事執筆スピードは格段に速くなります。慣れてくれば1日2~3記事ぐらい投稿するのも余裕になるでしょう。

例えば、効率化の一例ですが

  • 月曜日~金曜日まではとにかく記事を投稿しまくって(1日2記事×5日=10記事)
  • 土曜日に全ての記事を修正・加筆。
  • 日曜日にアイキャッチ画像を貼っていく。

このように作業をすれば、1日2記事でも割とあっさり達成することが可能です。

ブログを書くことを『習慣化』させる。歯磨きのように

ブログの心理的ハードルを下げ、「とりあえず投稿する」というクセをつけたら次に大事なこと。それは、『ブログを書くことを習慣化させる』ことです。

例えば

  • 寝る前の1時間を記事執筆にあてる。
  • 1日20分は必ず集中して記事を書く。
  • 朝30分早起きしてPCに向かう。

など、自分の生活の中に「ブログを書くこと」を組み込んでしまうのです。

僕がよく言うのは、『ブログは歯磨きと同じ』だという例え。歯磨きの習慣がない人は、ほとんどいないと思います。この歯磨きって、よく考えたらすごく面倒くさい作業ですよね。でもなんで毎日僕らは歯を磨くのでしょうか?

それは、『歯磨きが日常に習慣化されているから』に他ならないんです。たぶん僕らは初めて歯磨きをし出した頃、とても面倒くさかったはず。でも今は逆に『歯を磨かないと気持ち悪くて眠れない』となっているんじゃないでしょうか。

ブログも同じこと。

毎日毎日ブログを書くことを、『習慣』、つまり『当たり前』にすることで、『ブログを書かないと気持ち悪い』状態にあなたを持って行くこと。そうすることで、ブログを書く為にわざわざ重い腰を上げる必要がなくなるわけです。

ブログを書くのに『気合い』は要らない。むしろ邪魔。

「よっしゃ!今からブログ書くぞ!」という気合い。これはこれで大事なことなんですが、この気合いは時として僕たちにマイナスの影響を及ぼします。なぜなら、気合いがなくなった時に余計なマイナス感情が現れるから。

どういうことかと言うと、『気合いを入れる』ということは、『その気合いがなくなる時がくる』ということですよね。わかりにくいと思うので、図で示すとこんな感じです。

気合いを入れた直後(①の部分)は気持ちがぐんぐんノッています。想像以上の力を発揮してドンドン記事が書けることでしょう。

でも、その気合いが何かのきっかけで途切れてしまったら?例えば会社で嫌なことがあった、とか、簡単なことで人の心は折れるものですから。

このブログやる気がちょっとダウンしただけで、一気に下り坂を下ります。(②の部分)更に元のモチベーションに戻っただけなのに、かなりやる気を削がれた気分に。(③の部分)

この③の部分、大げさに言うと『挫折』となります。だから、ブログを書くのに『気合い』は不要。だって、気合いの後には必ず挫折が訪れるから。

理想は、『気付いたら今日もブログ書いてたわー』ぐらいの感じ。ここまでブログを生活に組み込むことができたら、かなりいい状態であると言えます。

そのためには、1日10分でいいので、『できるだけ楽しく、長期的に続けること』ブログを書く行為を当たり前の習慣にできたら、もう言うことなしです。

1文字も書けないなら、寝ろ

毎日記事を更新するために色々お伝えしましたが、どうしても今日書けないのなら、寝てしまいましょう。

長期的にブログを運営してアクセスを集めるためには、「毎日書くこと」ではなく、「長く続ける」ことの方が重要です。

あなたがブログを書く最終目的は?365日毎日記事を書いて365記事をツッコむことでしょうか?それで終わりではないですよね。

記事を書くことによってアクセスを集め、読者とコミュニケーションをとることや、お金を稼ぐことが最終目的としてあるはず。適度なノルマ設定は必要ですが、そのノルマが自分を苦しめてしまっては本も子もありません。

ブログを書くのがプレッシャーになり、心の病気を抱えてしまった人を知っています。或いは、これは僕の場合ですが、ブログを書けないことでストレスが溜まり、家族にあたってしまったことがあります。

あなたには、そうなってほしくない。だから、あまり焦らずに気楽にのんびりやってほしいのです。

なんにも書けない日もありますよ。パソコンを立ち上げても手が動かない日もあります。それでいいじゃないですか。気長にいきましょう。

最後に

色々言いましたが、どうしても書けない時は、寝てしまえばいい。こう言うと「おいおい、1日1記事書くための方法を教えてくれるんじゃなかったのかよ!」という文句が飛んできそうです。

最初に言ったじゃないですか、「ブログには好きなことを書けばいい」と。笑

難しく考えすぎると、息が詰まってしまいます。ブログは、楽しく続けることが最も大事なこと。辛い作業になってしまっては、疲れてブログが嫌いになってしまいますよ。

あなたもぜひ、長期的にブログを楽しむ習慣を身に着けてみてくださいね。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ