面接でどうしても逆質問がない時に上手く切り抜けるための3つの裏技

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

面接で必ずと言っていいほど聞かれるこの質問。

 

面接官
最後に何か聞きたいことはありますか?

 

実は僕、自分が面接を受けている時は、ホントにこの質問が苦手でした。

たいして聞きたいことはないのに、

 

おっくん
特にありません。

 

って言うと、なんか気まずいですからね・・・。

 

だけど、自分が人事をやってみて、面接官として求職者の前に座るようになると、自分も必ず『最後に質問は?』と聞くようになりました。

それぐらい、面接官にとって『質問はありますか?』という逆質問は重要なものなんですよね。

 

しかし、事前に「逆質問を受けたら、こんなことを聞こう」と決めていても、

どうしても本番では緊張してしまい、言葉が出てこなくなることもあるでしょう。

 

そこで今回は、

 

どうしても逆質問が出てこない・・・

 

 

そんな状態に陥ってしまった時に使える、3つの裏技をご紹介します。

 

この3つさえ頭に入れておけば、何があっても、「特にありません」という終わり方をしないで済みますよ。

 

面接でどうしても逆質問が出てこない時の逃げ方

では、どのように逆質問を流せば、自然にその場が収まるのでしょうか?

具体的には、以下の3つの『逃げ』方があります。

 

逆質問が無い時の逃げ方

 

  1. 『再確認』で逃げる
  2. 『既に聞いた』で逃げる
  3. 『あとで聞きます』で逃げる

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

①『再確認』で逃げる

特に聞きたいことが思いつかなければ、今日の面接内容の再確認で逃げましょう。

つまり、既に面接の中で聞いた内容や話した会話をほじくり返すのです。

 

特に確認する必要のないことでも、

「大事なことなのでもう一度確認したかった。」というつもりで聞けば問題ありません。

 

『再確認』による逃げ方の例

 

先程、研修期間についてご説明頂きましたが、

こちらは入社後3ヶ月間ということでお間違いなかったでしょうか?

 

②『既に聞いた』で逃げる 

何も質問がなくても、その言い方次第で相手が受け取る印象は全く違います。

 

おっくん
質問は、何もありません。

 

というのと、

 

おっくん
既に面接の中でお話頂いたので、疑問点は全て解消しました。

 

というのとでは、相手の受け取り方が全然違いますからね。

 

『既に聞いた』で逃げる例

 

 

面接の中で、疑問に思っていた点については全て質問させて頂きました。

また、HPや求人情報を拝見しましたので、今のところは質問は特にございません。

 

③『あとで聞きます』で逃げる

面接の内容が盛り沢山だった場合に有効なのが、コレ。

つまり、「たくさんお話頂いたので、脳みそがパンクしそうな状態である」と伝えるのです。

 

こちらも、ただの「ありません」という回答よりも、充分相手に誠意を伝えることができます。

 

『あとで聞きます』で逃げる例

 

面接の中でたくさんのお話を頂いたので、

一度持ち帰って内容を整理したいと考えています。

 

その後でもし気になった内容があれば、

再度お問い合わせさせて頂いてもよろしいでしょうか?

 

ただし、対面でしか聞けないようなこともあると思いますので、

この方法は本当の最終手段と思っておいてくださいね。

 

【最後に】面接は慣れが命

逆質問に限らず、面接は練習量がものをいう世界です。

あなたがどんなすごい経歴やスキルを持っていようと、

面接そのものが苦手であれば、その面接で結果を残すことは難しくなるでしょう。

 

少しでも、面接が苦手で不安に感じるようなら、どんどん練習して慣れていきましょう。

特にオススメなのが、転職エージェントを活用した模擬面接です。

 

限りなく本番に近い状況で、緊張感を持った練習ができますからね。

登録も面談も全て無料なので、一度、試してみてはいかがでしょうか?

 

僕がオススメするエージェントは、こちら。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っています。

それでは。

 

 


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ