3歳の子供が歯ぎしりを凄い音でするので原因と対策をまとめてみた

3歳 子供 歯ぎしり
スポンサードリンク

どうも、専業主夫もどきで2児の父、おっくんです。

 

最近、夜寝る時にすごい音が聞こえてきてびっくりすることがよくあるんですよね。

 

「ガリガリガリガリガリガリガリガリガリガリ!!!」

 

「ギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリ!!!」

 

って。

 

で、何かと思って見たら、もうすぐ3歳になる娘の歯ぎしりなんですよね。

おっくん
え、どっから出てんのこの音???

って思うぐらい、もうすごいボリューム。

 

おっくん
あぁ、この子も歯ぎしりとかすんのなぁ

とかほのぼの思いつつも、やっぱ自分の子供のことって、ちょっとしたことでも気になるものじゃないですか、ええ。

 

なので今回は、子供の歯ぎしりの原因や、何か悪影響があるのか?また、歯医者につれていったほうがいいのか?など、ここにまとめておこうと思ったわけです。

 

結論を言うと、6歳までの子供の歯ぎしりは、成長の過程で見られるものなので、あまり気にする必要はないです。

ただし、極度のストレスが原因による歯ぎしりや、あまりに歯ぎしりがひどくて歯がすり減る場合などは対処が必要になることもあるので、注意が必要。

 

3歳の子供が歯ぎしりをする原因は?

歯ぎしり

まず、なぜ子供が歯ぎしりをするのか?について。

これには大きく2つの原因があります。

  1. 歯並びの調整のため
  2. 永久歯が生えるスペースの確保のため

1つずつ見ていきましょう。

 

歯並びの調整

一般的に、2歳~3歳ぐらいの間に、子どもの口の中では乳臼歯(にゅうきゅうし)という歯が生えてきます。

そして、この乳臼歯が全て生えそろう時に、乳歯の全てが揃う状態になるんですね。

この時、奥歯の歯並びに違和感を感じるため、その奥歯の違和感をなくすために歯ぎしりをして、歯の調整をしているのです。

 

永久歯のスペース確保

乳歯が生えそろい、また、顎が発達してくると、今度は永久歯を生やす準備を始めます。

乳歯よりも大きくて丈夫な永久歯を生やすためには、乳歯と乳歯の間にスペースが必要になりますよね。

 

この永久歯のスペースを確保するためにも、子どもは歯ぎしりをするんですね。

 

まとめると、2~3歳の子どもが歯ぎしりをする原因は、歯のかみ合わせを調整するため、と思っておけばOKでしょう。何も問題はありませんね。

 

3歳の子どもの歯ぎしりは自然に治るのか?

先程お伝えしたように、子どもの歯ぎしりは成長のために必要なもの。

ほとんどは自然に治るので、特段僕らが心配する必要はありません。

 

10歳までの子どもの40%が歯ぎしりをするというデータもあります。

また、実際に歯ぎしりをしていないと思っても、聞こえていないだけでほとんどの子どもは歯ぎしりしてますからね。

 

では、この歯ぎしりは何歳まで続くのでしょうか?

もちろん個人差があるのでなんとも言えませんが、大体は、永久歯の生えそろう頃、つまり6歳ぐらいまでにおさまります

 

人によっては、そのまま中学生になるまで続く子もいるようですが、音がそれほど大きくないなら、別段気にする必要はないでしょう。

「音や歯のすり減りが気になる!」と思ったら、一度歯医者に行って診てもらうといいかもしれませんね。

 

家でできる子どもの歯ぎしり対策

基本的には、子どもの歯ぎしりは放置で問題ありません。

ただ、どうしても音が気になる場合や、心配なときは、家でできる対策を施しましょう。

 

家でできる対策としては、主に以下の3つ。

  1. ご飯をよく噛ませる
  2. 姿勢を正させる
  3. リラックスさせる

これは歯ぎしり対策だけでなく、子どもの健全な成長のためにもなりますので、取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ご飯をよく噛ませる

咀嚼が少ないと、歯ぎしりが多くなるケースがあります。

なぜなら、よく噛んで食べないと顎の筋力が強くならず、成長していく中で噛み合わせに悪影響が出てしまうから。

ご飯を食べさせるときは、少量ずつ、よく噛んで食べるように教えてあげることが大切ですよね。

おっくん
となると、食事メニューはしっかり考えないとあきませんな…

 

大丈夫、生協に頼りましょう。笑

うちは一時期嫁も僕も仕事が忙しかったころ、冷凍食品やスーパーの惣菜ばかりだった時期がありました。

しかし、ある時から生協の利用をはじめて、かなり家事の料理の部分が楽になったんですよ。

 

食材も豊富ですし、料金もそれほど高くないので、生協はけっこうオススメですよ。

【生協の宅配パルシステム】育児や家事で辛い毎日を楽にしたいあなたへ

2016.08.18

 

姿勢を正させる

姿勢が悪いと、顎の位置がずれたり、首の筋肉が弱まったりします。

これが歯のかみ合わせを悪くする原因になることも。

できるだけ姿勢を良くさせることは、歯ぎしり対策にも有効です。

 

リラックスさせる

後述しますが、環境の変化などによるストレスが歯ぎしりの原因になることもあります。

歯ぎしりが多い、または音が大きいと、気になる場合は、普段より多めにスキンシップをとり、子どもをリラックスさせてあげましょう。

夜中の歯ぎしりが気になる場合は、寝る前にたくさんお話をするか、絵本や子守り歌でリラックスさせてあげるといいですよ。

 

歯ぎしりに病院で治療が必要なケースは?

歯ぎしり2

さてこの子どもの歯ぎしり。

基本は放置で構わないと言いましたが、対処が必要となるケースがあります。

 

  1. 極度のストレス
  2. 異常に歯がすり減っている

 

1つずつ見ていきましょう。

 

極度のストレスにより激しい歯ぎしりをしている場合

大人の歯ぎしりの原因は、そのほとんどがストレスと言われています。

子どもの場合、歯ぎしりに至るほどのストレスを感じることが少ないため、子どもがストレスで歯ぎしりを起こすのはまれなケース。

 

ただし、無いわけではありません。

  • 保育園に通いはじめて急激に生活が変化した。
  • 弟や妹が生まれてママ・パパを取られたと感じた。
  • 虐待やいじめなどに遭った。

こんなケースに心当たりがあるようなら、ストレスによる歯ぎしりを起こしているのかもしれません

 

脅かすつもりはありませんが、子どもは僕らが思っている以上に敏感で繊細な部分があります。

あまりに様子がおかしいと思ったら、歯医者ではなく、小児心療内科へ行くことも検討してみてください。

 

歯ぎしりにより異常に歯がすり減っている場合

子どもの歯の様子をチェックしてみて、異常に歯がすり減っていると感じたら、歯医者での対処が必要な可能性があります。

具体的には歯医者で相談することをおすすめしますが、歯医者での対応としては主に以下の3つ。

 

  • マウスピース
  • 歯列矯正
  • リマインダー

 

など。

 

ちなみに、マウスピースは自分で選ぶこともできます。

しかし、サイズが合っていないと、かみ合わせや歯並びが悪くなることがあるので、自己判断での購入はやめておきましょうね。

 

最後に

始めて子どもの歯ぎしりの音を聞いた時は、衝撃ですよね。

 

おっくん
え、マジ?ナニコノ音?

 

ってなりますもん。笑

 

だけど、歯ぎしりには目的があって、その目的は他ならぬ子どもの成長。

つまり、歯ぎしりは子どもの成長の証なんですよね。

なのでよほどのことが無い限り放置していても大丈夫気長に見守ってあげましょう。

 

歯ぎしりに限らずですが、子どもの一挙手一投足って、ほんとにあとで思い返すといい思い出になりますよね。

そのうち今の歯ぎしりがなくなっていって、将来

おっくん
あぁ、あの歯ぎしり可愛かったなぁ。

なんて思うことになるんでしょうね。笑

それでは!


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ