【陣痛がこわい?】初産の出産の痛みをちょっと和らげる5つのコツ

スポンサードリンク

「出産が不安…」これから出産を迎えるママなら必ず悩むもの。特に初めての出産ならなおさらですよね。

まず、「赤ちゃんが無事に産まれてくるかどうか」これが一番の悩みのはず。もちろん、出産は終わりではなく、育児の始まり。しかし、一旦出産というビッグイベントが終わるとホッとするもの。感動のご対面、ですからね。

とは言え、出産に100%はありません。産まれるその瞬間まで気が抜けないのが出産。もっというと、無事に退院を迎えるその日まで気が抜けないものです。

そしてもう1つ、出産が怖いと思うその原因は、陣痛じゃないでしょうか。僕と嫁は、長女が産まれる数日前までずっとこんな話をしていました。

陣痛とか、尿管結石に比べたら屁みたいなもんやって。
いやいや、出産より痛いもんなんか、この世に存在しないって!

正直、僕は出産をなめてました。でも実際に1人目の出産に立ち会ったとき、苦しむ嫁を見て僕が感じたこと。それは

これ、尿管結石の比じゃねぇーな。。

ということ。

「お腹を痛めて産んだ子」というのは言葉以上に重みがある

痛いというのは辛いです。文字通り、苦痛。当たり前ですよね。そして痛みが確実にやってくる、というのもまた相当な恐怖でしょう。

よく「お腹を痛めて産んだ子」という表現を聞きます。あれは、言葉以上に重みがあると思うんですよね。

こればっかりは男性の僕らは経験することができないですし。でも、せっかくなら陣痛の痛みはできるだけ抑えたい。そう思うあなたに、今回は陣痛の痛みを和らげるコツをご紹介します。

実際に出産を経験したばかりの嫁に聞いてみました。

陣痛の痛みを抑えるコツある?
うん、気合い。
体育会系!

参考になりませんね。このままでは何の意味もない記事になってしまうので、少し真面目に書きます。

陣痛の痛みを和らげる5つのコツ

陣痛の痛みを少しでも和らげるためには、5つのコツがあります。

  1. 呼吸法
  2. 体を温める
  3. リラックスできる体制をキープ
  4. 会話をする
  5. ポジティブシンキング

1つずつ詳しく見ていきましょう。

呼吸法

『痛い時こそ息を吐いてリラックス』

呼吸を侮るなかれ。人間は、痛みを感じた時や、これから痛みを感じる時に、余計な力が入ってしまうもの。

あなたも経験があるんじゃないでしょうか?整骨院で「ちょっと痛いですよ~」と言われたら、グッと力が入ってしまいませんか?実は出産もこれと同じ。痛いからと言って、体に力が入ってしまうと、余計に筋肉が硬直してつらくなってしまうんですね。

呼吸法については、横で助産師さんが指導してくれることが多いでしょう。でも、実際の現場では「いちいち横の助産師のアドバイスなんか聞いてる余裕ねぇよ」となるかもしれません。うちの嫁もパニックになってそれどころじゃありませんでした。

でも少しずつ落ち着いてくると、呼吸が安定してきます。そして、だんだんと楽になってきたようでした。

体を温める

腰やお腹、お尻、足などを温めることで陣痛の痛みが和らぎます。身体を温めることによって筋肉がほぐれ、血行もよくなることで痛みが和らぐとか。

呼吸法と同じですが、体が冷えていると筋肉が固まります。体が硬直していると、余計に無駄な力が入ってしまうのです。これは、呼吸のところで述べたことと大体同じ。

すると、お産が苦痛に。

夏の暑い時期以外なら、入院の前にカイロを用意しておくと陣痛の時に役に立ちますよ。冷え性の人は靴下を履いておくのもいいですね。

リラックスできる体勢をキープ

リラックスできる体勢と言われても、お産の時になるまでわかりません。普段家でゆっくりしている時と出産時は違いますからね。

「陣痛で苦しんでいる時に色んな体勢をとってみる。すると不思議と楽な体勢が見つかる。」うちの嫁はこんなふうに言ってました。

横向け、四つん這い、抱き枕にしがみつく、立って壁にも。れかかる…。色々な姿勢を試してみて、できるだけ楽な姿勢を見つけてみるのもいいかもしれませんね。

誰かと会話をする

陣痛もいよいよ出産間際になると、会話どころではありません。しかし、出産の前には、人によっては長い闘いとなります。中には、病院に入ってから20時間も30時間も格闘する人も。

そんな時は、誰かと会話をすることでもだいぶ辛さが和らぐそうです。

病室で1人痛みに耐える時間は、それは苦痛ですよね。これから産まれてくる赤ちゃんの話や、他愛もない話をするのもいい。それだけで少しは楽になるはず。

レッツポジティブ!

1にポジティブ、2にポジティブ。100にポジティブ、1,000にポジティブ。とにかくポジティブに。

最後は、力技。嫌なことや辛いことは考えない。

これはご存知かと思いますが、人間の頭と体はけっこうリンクしるもの。会社に行くのが嫌だなぁと思ってたら、だんだん胃がキリキリするような経験、誰にでもあるでしょう?

だから、出産のときはまずポジティブになってくださいね。ひたすら、赤ちゃんが産まれた後の幸せな自分を想像すべし。無事出産を終えて一息つくころ、あなたの赤ちゃんは世界一カワイイ顔であなたを見ているでしょう。

最後に

出産には終わりがあります。陣痛は、産まれるその瞬間までの辛抱(後陣痛もありますが)。反対に、そこから育児がスタート。でも、出産がまず1つのゴールであることは間違いありません。

陣痛は痛いし、出産は不安。だけど、その先には必ずゴールがあります。

頑張ってその痛みに耐えきることで、元気な赤ちゃんに会うことができるのです。そして「この子は私がお腹を痛めて産んだ子」と、堂々と言える。

これから出産を迎えるあなた、不安に負けずに頑張ってくださいね。応援してますよ。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ