【あなたの生きる意味は?】辛い時と楽しい時から見える人生の目標

0911生きる意味
スポンサードリンク

あなたは、自分の生きる意味を考えたことがありますか?

 

  • ただ1つ人生で達成したい目標がある。
  • 毎日が充実している。
  • 家族を支えるため頑張って生きる。

 

などなど、自分なりの生きる意味を持って生きている人は素晴らしいと思います。

 

一方で、生きることに意味なんてない。ただその日一日を楽しく生きれればいい、という刹那主義的な考え方もそれはそれで悪いことではないです。

実際、「人生はヒマつぶし」ぐらいさっぱり考えた方が、いちいち悩む必要もなくなりますからね。

 

で、この『生きる意味』について、僕は一度めちゃくちゃ悩んだことがあります。

その時に感じたことは、「自分自身の人生は違和感との戦いであり、違和感を排除していくことこそが自分の生きる意味」だと気付いたのです。

 

自分のことを振り返ってみた27歳の春

僕は去年27歳のときに、この人生きつすぎるわ・・・と、すごく悩んでいた時期がありました。

 

  • 仕事が超絶忙しい。
  • 小さい子ども2人の世話で家でも全くゆっくりできない。
  • 親の介護で毎週末はほとんど拘束される。

 

いわゆる超がつくほど忙しい日々を、平日休日問わず送っていたわけです。

その時ふと思ったんですよね。

 

  • 「俺の生きる意味って何だろう?」
  • 「俺の人生って誰のための何なんだろう?」

 

と。

 

一度そのタイミングで自分の人生を振り返ってみたわけです。

具体的にはブレインダンプという方法で、脳の大掃除をしたんです。

自分が本当にやりたいことってなんだろう?自分が生きたい人生ってどんな人生だろう?というのを考えるために。

 

辛い時に共通していたこと

ブレインダンプでは、過去の辛かったことや楽しかったことなどを書き出すタイミングがあります。

自分の人生を振り返って、起こったあらゆることやその時の感情を書き出してみたんです。

これまでの人生で辛かった時、その全てに共通していたのは『違和感』でした。

 

  • 何もしていないのにクラスでハメられて全員の前で先生から怒られたこと。
  • 高校3年生のときに塾に体験に行ったら、「あなたの学力だとどこも受からないよ」と馬鹿にされたこと。
  • 初めて任された仕事で一生懸命やっていたのに、手柄を全部上司にもっていかれたこと。

 

全て僕が感じた「感情を抑えられなかった嫌な想い出」

その時すべてに共通していたのは、強い違和感。

 

  • なぜ僕は何もしていないのに、クラス全員から責められなければならないのだろうか?
  • なぜ僕は初対面の塾の親父にここまで罵倒されるのか?
  • なぜ自分の仕事で上司が評価されているのか?

 

そう、違和感だらけだったのです。

 

逆に楽しい時はどういう時?

逆に、自分の人生が楽しいなと思ったときに共通していたことは?意外でしたが、それも違和感だったのです。

正確に言うと、人生において感じる違和感に対して戦うことをやめなかった時。

 

その違和感を

「まあそんなもんだ」

と割り切って流してしまえば、人生はもっと楽になるかもしれません。

ただ僕には性格上それが出来ない。

 

だから、どうしてもその違和感に対して、「それってどういうことなの?」「なんでそういうことになるの?」と喰らいついてしまうわけです。

 

違和感と戦うのにはエネルギーが必要。

そりゃそうですよね。「

そんなもんさ」と割り切ってしまえばそれで終わりなのに、どうしても我慢できないから最後まで戦い続ける。

 

世の中は違和感であふれている

正直、世の中って違和感ばかりです。

毎日日々を生きていると、「なんで?」気になることはたくさんありますよね。

 

  • なんでトイレのプレートは男性が黒色で女性がピンクなのか?
  • なんで5分前行動とか言って1分でも遅刻したら怒るのに平気で残業を強要するのか?
  • なんで有給があるのに使えないのか?

 

とか、とかとか。

 

で、その違和感を違和感のまま飲み込んで流すこともひとつの生き方です。

というかほとんどの人がそうしてると思います。

 

「そんなもんさ」ってね。

でも僕にはどうしてもそれが理解できない。

 

自分の腹に落ちないのでいつも徹底的に考えるようにしてます。

で、その違和感が自分に降りかかってくるものであれば、徹底的に戦います。

 

僕は死ぬまでこの違和感と戦い続ける

正直これは性格なのでどうしようもないです。

違和感を違和感のまま飲み込めない。これは体質だから。だから決めたのです。

 

「だったら、最後まで戦ってやろう。」と。

実際これまでの僕は、その違和感と戦って、違和感を排除した、違和感を乗り越えた瞬間に気持ちよさを感じる。

というのがブレインダンプでわかっています。

 

僕は世の中の違和感とこれからも戦い続けます。そして自分の身に振りかかるが感じる違和感を1つ1うt排除していく。

最終的にその違和感のない世界は?これを見てどう思うかを楽しみにしている。

以上、今日はつまらない独り言でした。