面接で準備不足でも好印象を残したければたった1つの直前対策をしろ

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

 

転職面接において、

 

おっくん
準備不足で上手く答えられなかった。

 

という経験は、誰にでもあることかと思います。

僕も前職で人事をやっていた頃、頻繁に面接官をやっていましたが、よく準備不足が感じられる方を見てきました。

 

では、面接にはどのような準備が必要なのでしょうか?

また、

 

おっくん
今日面接なのに、何も準備してねぇ!!

 

と焦った場合に、直前でもできる必殺の裏技について、お伝えしますね。

 

面接は事前準備が9割

面接は、準備9割、本番1割

ぐらいの気持ちで望んでください。

それぐらい、面接において事前準備はとても大切です。

 

まれに、

 

俺はありのままを見てもらいたいから、準備なんかしないよ。

 

という人もいますが、これは間違い。

この考えでは、いつまで経っても採用は勝ち取れないでしょう。

 

面接では、とにかく

 

  1. 自分のことを知り
  2. 相手(企業)のことを調べ
  3. 面接の練習をしっかりこなす

 

この3つがあればたいていの企業の面接は通るはずです。

それぐらい、事前準備は大事なんですよね。

 

面接で「この人準備不足だな」と感じる瞬間

先ほどもお伝えしましたが、僕は前職で人事にいたころ、よく面接官をやっていました。

ぶっちゃけ、

 

おっくん
この人、準備不足やな・・・。

 

というのは、すぐにわかります。

マジで。

 

具体的には、

 

  1. 事業内容を理解していない
  2. 自分のことが上手く話せない
  3. 遅刻や履歴書忘れ
  4. 業種についての理解があまりに乏しい
  5. 具体的なエピソードが出てこない
  6. マニュアルチックな受け答え

 

などを見かけると、僕らは「準備不足だな」と判断します。

もちろん、準備不足だから受からないというわけではありません。

 

しかし、せっかく企業に出向いて面接を受けるわけですから、合格して先に進みたいですよね?

だったら、事前準備をしっかりしましょう!

 

面接に必要な事前準備は?

では、具体的にどのような準備をすべきか?

ですが、まずは面接の5大質問の答えに関しては、用意しておきましょう。

 

面接の5大質問

  1. 自己紹介
  2. 自己PR
  3. 志望動機
  4. 転職理由
  5. 逆質問

 

この5つは、どこの企業に行っても必ず聞かれると言って過言ではありません。

なぜなら、この5つの質問さえすれば、面接官はあなたに対して知りたいことのほとんどを知ることができるからです。

 

また、この5大質問の3~5(志望動機、転職理由、逆質問)に関しては、企業のことをよく知る必要がある質問です。

 

なので、企業研究はとても大事。

 

面接官も人なので、あなたがどれだけその企業のことを知っているか?という点は、かなり大きなアピールになると言えるでしょう。

 

専門用語になりますが、「好意の返報性」という言葉をご存知でしょうか?

ざっくり言うと、「相手が自分のことを好きなら、自分も相手のことを好きになってしまう」というものです。

 

すんごいざっくりですけど。笑

 

例えば、

 

おっくん
あいつ俺のこと好きなんちゃう?

 

って思ったら、その日からなぜかその子のことが気になって、いつの間にか自分がその子のことを好きになってた、って話です。

 

この好意の返報性を活かし、あなたがその企業への興味が強いことをしっかりと伝えれば、

面接官も

 

面接官
お、この人、うちの会社のこと、よく調べてるなぁ。

 

と思い、あなたに好意を寄せてくれることでしょう。

 

面接に準備不足で行く時の切り抜け方

とは言え、忙しい仕事の傍ら転職活動をしている場合、

どうしても準備不足で面接に行かなきゃならないケースもあるでしょう。

 

そんな時、たった1つだけ覚えておくといい裏技があります。

 

それが、企業理念です。

 

とにかく準備の時間がない時は、とりあえずこの企業理念さえ抑えておけばOK

 

その理由は、3つあります。

 

  1. 共感したことを伝えやすい。
  2. 企業理念には誰も逆らえない。
  3. 自分のエピソードと絡めやすい。

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

共感したことを伝えやすい。

人が人に熱意を伝えるために、共感という感情は非常に大きな武器になります。

例えばあなたが履歴書を出した会社の面接官に、

 

面接官
あなたの前職での経験に強く共感しました。

 

と言われると、嬉しくないですか?

 

あるいは、あなたが友達に上司のグチを話した時、

 

わかるわぁ~~!!

 

って言われたら?

うれしいですよね。 

 

共感と言うのは、会話を盛り上げるためにとても重要な要素なのです。

そして、企業理念は、共感させるようなものがほとんどなので、素直に「共感しました」と言いやすいんですよね。

 

自分のエピソードと絡めやすい。

企業理念に対して、自分のエピソードと絡めることができたら、なおよしです。

 

  • 学生時代のこと
  • 前職でのこと
  • プライベートでのこと

 

なんでも構いませんが、自分がその企業理念に当てはまるような行動をしたエピソードを引っ張り出してきましょう。

 

企業理念には誰も逆らえない。

はい、企業理念には、誰も逆らえないのです。笑

創業者か、いつかの社長か、誰が言ったかはわかりませんが、会社にとって企業理念は絶対なのです。

 

そんな企業理念を武器に引っさげて話をするあなたは、

会社の偉い人が後ろに立っているつもりで話ができるはず。

 

間違っても、その面接官は、「そんなつまらない企業理念に共感するな」とはいえないですからね。

 

最後に

今回は、面接に必要な事前準備と、どうしても準備不足で面接に行く時の裏技をお伝えしました。

いずれにせよ、面接に事前準備が欠かせないことはわかっていただけたかと思います。

 

面接の準備をするにあたり、特に重要なのが、模擬面接です。

というのも、いくら自分の頭で回答を考えたり、話す練習をしてみても、本番の面接とは緊張感が全く違うからなんですね。

 

なので、面接の練習をするにあたって、最も効果的、かつ、効率的な方法は、模擬面接であると言えます。

とは言え、家族や友達に面接の練習をしてもらうのは、なんだか恥ずかしいし、本番のようにはできないですよね。

 

そんな時にオススメなのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、模擬面接という形で、より実際の面接に近い模擬面接を実施してくれます。

 

できれば、模擬面接は複数のエージェントにお願いして、最低2回はやってみることをオススメします。

僕がおすすめする転職エージェントは、コチラ。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っています。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ