転職回数が多いことを面接官に上手く伝え、好印象を与える3つのコツ

転職回数 多い 面接
スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

一般的に、転職回数が多いことは、面接の上で不利と言われています。

 

しかし、様々な経歴を持っていても、そのしっかりとした理由が話せれば、面接でも合格を勝ち取ることができるでしょう。

今回は、転職面接において、転職回数が多くても面接官に好印象を持たせるための方法をお伝えします。

 

何回の転職で「転職回数が多い」と判断される?

 

まず、企業は何回の転職を経験した人に対して、

 

面接官
この人は転職回数が多いな。

 

と判断するのでしょうか?

 

もと人事の経験から申し上げると、

 

  • 20代なら2回、つまり3社を経験している状態。
  • 30代なら3~4回、つまり4社~5社を経験している状態。

 

の人に対して、面接官は「転職回数が多い人」と判断する傾向があります。

 

面接官が転職回数の多い人を敬遠する理由

では、なぜ面接官は転職回数の多い人を敬遠するのでしょうか?

それは、企業は転職回数が多い人を、まず負のイメージで捉えてしまうからです。

 

僕個人的には、転職回数が多いことは何も悪いことだとは思いません。

それだけいろんな経験をしているだろうし、様々な業界の人とコミュニケーションを取ってきたことは、まぎれもなくその人が持つ特有のスキルですから。

 

だけど、企業の人事という立場で見ると、そのようにポジティブに取られるケースが少ないんですよね。

 

なぜなら、企業(とりわけ人事)にとっての最大の損失は、人が辞めることですから。

 

 

面接官
うちでは辞めないでほしい。

 

と、どこの企業も思っています。

 

なので、面接回数が多い人に対して、面接官はどうしても

 

面接官
うちでも長続きせずに辞めるんじゃないか?

 

という目で見てしまいます。

 

転職回数が多くても面接官に好印象を与える3つの方法

では、転職回数が多い人は、これ以上の転職を諦めた方がいいのか?

というと、決してそんなことはありません。

 

あなたのこれまでのキャリアについて分析し、しっかりと順序立てて説明することができれば、必ず内定を勝ち取ることができるでしょう。

まずは、会社に「転職回数が多くても「欲しい!」と思わせる」必要があります。

 

それを踏まえた上で、ここからは、面接の場で転職回数が多いことをプラスに伝えるための3つのコツをご紹介します。

 

具体的には、以下の3つを意識してみましょう。

 

1 キャリアの一貫性をアピールする 
2 転職でステップアップしたことをアピールする 
3 就職先でのキャリアビジョンを伝える。 

 

1つずつご説明しますね。

 

①キャリアの一貫性をアピールする 

まずは、あなたのこれまでのキャリアを洗い出してみましょう。

その中で共通する項目を見つけ、そこをアピールするのです。

 

例えば、あなたが「営業」と「人事」の2つの職種を経験していたとしましょう。

一見、全く違った職種ですが、言い方次第で共通項目を見つけることができます。

 

違った業種を経験した人の回答例

 

私はこれまで様々な職種を経験しましたが、常に「顧客目線」であることを一貫して大事にしておりました。

 

営業では、販売先のニーズをいち早く汲み取るよう努力していました。

人事では、社内の人を顧客と捉え、いかに「社員が幸せに働ける会社にするか?」を常に意識していました。

 

この2つの職種は一見別の職種ですが、私が大切にしていた「顧客目線」という働き方は一貫しています。

 

 

このように、違った職種や業種でも、共通点を見つけてアピールすることで、あなたのキャリアに一貫性という軸が見えます。

 

 

 

②転職でステップアップしたことをアピールする

これまでの転職で、ステップアップしたことをアピールしましょう。

 

「不必要な転職を繰り返した」

のではなく、

「必要に応じてキャリア形成のための転職をした」

 

と思わせることが大事です。

 

具体的には、それぞれの職場、それぞれの職種で得たスキルや学びを、一言に表していけるといいですね。

 

 

回答例

 

一社目では法人向け営業を経験し、顧客となる企業の要望をいち早くつかむことを心がけていました。

二社目では人事を経験し、今度は社外ではなく、社内の社員の要望をヒアリングし、問題解決に努めました。

 

社内・社外ともに顧客を持ったこれまでの2つの経験を存分に活かし、

御社では広い視点から会社の利益発展のための企画をしたいと考えています。

 

 

 

③就職先でのキャリアビジョンを伝える

繰り返しになりますが、会社は人に辞めてほしくないのです。

そのために、長期的に働いてくれる人を積極的に採用したいと考えます。

 

なので、あなたが受ける企業で働く姿をイメージし、将来のキャリアビジョンを伝えるようにしましょう。

具体的には、

 

  • 5年後、10年後の自分の立ち位置
  • 職種
  • 部下の人数
  • 仕事内容

 

など、できるだけ具体的にイメージして伝えるといいですね。

 

回答例

 

御社に入社した暁には、まずはいち早く仕事を覚え、1年で1人前になりたいと考えています。

 

その上で5年後には新規商品開発プロジェクトに携わり、

長期に亘って御社の利益に貢献できるよう頑張りたいと思います。

 

 

最後に

転職回数が多いからと言って、転職をあきらめる必要はありません。

 

  • 様々な会社の特徴を知っている。
  • 幅広い業務の経験がある。

 

これらのことは、1社しか知らない人よりも、あなたが持つ最大のメリットと言えます。

なので自信を持って面接に挑んでくださいね。

 

また、もしあなたが

 

  • 面接に自信がない。
  • 上手く話せるかどうか不安。

 

そう考えるなら、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントは、こちらがお願いすれば模擬面接を実施してくれるんですよね。

 

より本番の面接に近い形で模擬面接を実施してもらい、あなたの面接の良い点や悪い点をどんどんフィードバックしてもらいましょう。

面接は、何よりも練習と慣れが大事ですからね。

 

僕がおすすめする転職エージェントは、こちらです。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っています。

それでは。