夫婦の会話が減ったから家族ノートを置いてみたら意外な効果があった

家族ノート
スポンサードリンク

<登場人物>

o5おっくん。筆者。ノート愛ボーイ。1冊のノートは1ヶ月で使い切る。

 

yu3ゆーちゃん。嫁。ノートの魔術師。真っ白なノートも彼女にかかれば色鮮やかに変身。

 

これは先日の夫婦の会話。

おはよー。
おはー。
あれ、なんか喋ったの久しぶりちゃう?
む!そういえば今週は仕事と飲み会で夜遅かったから…
 

育児と仕事で家族の会話が無い時にオススメしたい家族ノート

仕事が忙しくてなかなか家族との時間が取れない!そんな悩みを持つ人はけっこういらっしゃるんじゃないでしょうか。

僕の場合、普段はできるだけ早く帰るようにはしています。が、それでも急な仕事や、飲み会が入った時はどうしても帰りが遅くなってしまいがち。

そんな僕のように、悩める人に紹介したいのがこれ。

『家族ノート』

家族ノートとは…家に1冊ノートを置いておき、空いた時間に誰が何を書き込んでもいいノートのこと。です。

家族ノートを導入する際のポイント

夫婦の生活がすれ違った時など、ノートにその日のことやメモなどを書きとめておく。これをするだけで、日常が少し楽しくなります。そんな家族ノートを始めるにあたって、いくつかポイントがあるので、紹介しておきますね。

ルールを決めておこう

まずはルールを決めてみましょう。と言っても、基本的に自由なノートなので、「最低、週に1回、或いは2週間に1回は書くようにする」ぐらいで充分だと思います。学生時代に女子がよくやっていた、交換日記みたいなものです。

目に見える場所に置いておこう

これ、意外と重要です。

「今日書くぞ!」と意気込んで書くノートではなく、家でぼーっとしている時。CMが始まったとき、など、「ながら」で充分なノートです。

お気楽に、自分のタイミングで好きなことを書きます。なので、目に見える場所に置いておかないと、うっかり存在そのものを忘れてしまうことも。

おすすめはリビングのテーブルの端ですかね、経験上。

家族ノートを作ってみて気付いたこと

家族ノートを作ってみて、1つ気付いたことがあります。それは、ノート上ではお互いに優しくなれる、ということ。

普段顔を突き合せたらケンカになってしまうような場合でも、ノート上ではケンカは起きないんですよね。

これは考えてみたらわかる話。お互い話していてムカついたり、口論になったりすること、ありますよね。

だけど、わざわざノートで「お前の言い方腹立つわ!」とか、「あんたのいびきがうるさいねん!」みたいに書かないですよね、わざわざ。

ノート上ではお互い冷静に、思いやりを持った頭で見ることができます。むしろ、会社の愚痴や、育児の愚痴など、普段気を使って言いにくいことを言い合えたりします。

将来は家族みんなで書き足していく家族ノート

娘はまだ赤ちゃんなので、実質「夫婦ノート」になってます。ですが、子どもが成長して自分で絵や言葉を書くようになればもっと楽しい。たとえ仕事が忙しくても、夜帰ってきて娘が寝ていても、ノートを見れば今日何があったとか、僕も知ることができる。

家族の会話の軌跡として、あなたも家族ノートを家に1冊置いてみてはいかがでしょうか。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ