最終面接の結果待ちの期間と、連絡が来ない時のこちらのアクション

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

 

面接の結果待ちの時間は、とても長く感じるものですよね。

特に第一志望の企業の最終面接ともなると、その緊張度はさらに増します

 

そんな結果待ちの時間、一般的にはどれぐらいなのでしょうか?

また、こちらから企業に連絡を入れてもいいのか?そのタイミングは?

 

今回は、これらの疑問に対する回答をまとめてみました。

 

最終面接の結果はいつまでに届く?

最終面接の結果は、そのほとんどが3日~1週間以内には届きます

なかには、2週間以上かかる可能性もありますが(詳しくは後述)。

 

また、一般的な企業は、合格者から優先的に連絡をするため、不合格者への連絡は遅くなりがちです。

合格者の中でも、より結果のよかった人ほど、連絡は早い傾向にあります。

 

最終面接の結果が出るまでに時間がかかる理由

では、なぜ最終面接の結果が出るまでに時間がかかるのでしょうか?

企業の事情にもよりますが、大きく4つの理由があります。

 

  1. 社内調整
  2. 他の候補者の回答待ち
  3. 応募者が多かった場合
  4. 決定者が不在

 

1つずつ見ていきましょう。

 

1.社内調整 

会社は、人の採用には慎重になるものです。

採用の最終決定件は、社長もしくは人事の役員が持っていることでしょう。

 

そのため、最終面接の結果については、時間をかけて精査するものです。

その社内調整のために、3日~1週間かかってしまうこともしばしばあるんですね。

 

2.他の候補者の回答待ち

あなたが、次点での合格だった場合、他の候補者の回答を待っている場合があります。

合格者から内定辞退が出た場合、保留状態だった人に連絡をしていくのです。

その期間を待つ間、あなたへの連絡が来ない可能性があります。

 

3.応募者が多かった場合 

想定していたよりも応募者が多かった場合、面接自体に日数が必要となります。

極端な話、あなたが最初の1人目の面接だった場合、残りの人が面接を受け終わるまで数日間かかることも。

 

4.決定者が不在

先程もお伝えしたとおり、人の採用の決定権を持つ人は、かなり上層部クラスの人でしょう。

社長や役員が海外出張などで長期的に不在になっているケースもあります。

(本来は人事がその辺も考慮してスケジュールを組むべきですが、やむを得ないケースもあります)

 

最終面接の結果待ちでモヤモヤしないためには

最終面接の結果待ちで、モヤモヤした日々を過ごすのは辛いですよね。

そうならないために、面接の段階で結果連絡の期限を聞いておきましょう。

 

今回の面接の結果は、いつ頃までにご連絡頂けますか?

 

と、素直に聞けばOKです。

 

まれに、「企業に対して失礼だからこんなこと聞いちゃだめ」とか思ってる人がいますが、僕からしたら

 

おっくん
はぁ?なんで失礼なん?

 

って話です。

 

僕らには、結果連絡の期限について確認する権利があるのです。

そもそも、忙しいのは会社だけではありません。我々だって忙しいのです。

 

特に志望度の高い企業であれば、必ず結果連絡の期限を確認するようにしましょう。

 

最終面接の結果を企業に電話で聞くタイミング 

会社が提示した期限内に連絡がなかった場合、あるいは、そもそも何も連絡がない場合、

こちらから会社に連絡を入れていいのはいつでしょうか?

 

1.会社が結果連絡の期限を提示した場合

いわずもがなですが、会社が期限を提示した場合は、期限の翌日に連絡しましょう。

なお、

 

面接官
不合格の場合は、こちらから何も連絡しません。

 

と、あらかじめ言われている場合は、不合格で間違いないので、特に連絡は不要です。

そもそも、最終面接まで残った人に対して、

「不合格なら連絡しない」

なんて失礼なこと言ってる企業には入らなくてOKです。(これは僕の持論)

 

2.会社から何も言われてない場合

会社から特に期限を聞かされていない場合は、1週間後に連絡を入れてみましょう。

理由はシンプル。3日では早すぎるし、2週間では遅すぎるからです。

 

これも、遠慮する必要はありません。あなた自身の人生がかかった面接です。

そもそも結果連絡の日程を提示していない会社に対し、1週間も待ってあげたら充分でしょう。

 

最終面接の結果を会社に聞くのは電話orメール? 

最終面接の結果を会社に聞く時は、電話かメール、どちらがいいのでしょうか?

これはぶっちゃけ、どちらでも構いません。

 

電話だと、相手が取れないor忙しい可能性がありますが、メールだと相手が好きなタイミングで見れます。

反面、メールだと文章にトゲが立ったりして、あなたの言いたいニュアンスが伝わらない可能性もあります。

どちらがいいかは、自分のスタイルで決めたらいいでしょう。

 

面接結果を電話で聞くポイント

面接結果を電話で聞く際は、以下の点に注意しましょう。

 

  • 忙しい時間帯は避ける。
  • 名前と、面接を受けた日を必ず入れる。
  • 丁寧に、簡潔に話す。

 

面接結果をメールで聞くポイント

面接結果をメールで聞く際は、以下の点に注意しましょう。

丁寧な文章が書ければ、その分あなたのビジネスマナーのアピールにもなりますよ。

 

  • 件名を見れば何の問い合わせかわかるように。
  • 丁寧な言葉遣いで。
  • 催促のようなメールに対するお詫びの気持ちを入れる。

 

最後に

面接の結果待ちの時間は、ホントにそわそわしますよね。

でも、できるだけ平常心で、1週間は待ちましょう。

というか、やることをやりきったら、その後は忘れてしまうぐらいの気持ちでいいです。

 

モヤモヤした時間はもったいないので、その間に他の会社を調査するか、面接を受けに行くのもアリ。

「人事を尽くして天命を待つ」ぐらいの気持ちで、ドーンと構えときましょう。

 

もしもあなたが、

 

  • 面接に自信がない。
  • なかなか内定を獲得できない。
  • 上手く話せなくて困っている。

 

という悩みをお持ちなら、一度転職エージェントに模擬面接をお願いしてみましょう。

転職エージェントは、常に数百人単位で求職者をサポートしている、いわば転職のプロです。

 

あなたの面接での良い点や悪い点を含め、もっとアピールすべきところなど、細かなアドバイスをくれることでしょう。

登録も面談も全て無料。この機会に登録しない手はないですよ。

 

僕がオススメする転職エージェントは、こちらです。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っています。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ