ブログが書けないと悩む人が気付いていないたった1つの大きな間違い

ブログ 記事 書けない
スポンサードリンク

「書きたいことはなんとなくあるんだけど、記事にしようとすると手がとまる」

いざパソコンに向かってブログを書こうとしたとき、あなたはこんな風に悩んでしまいませんか?

実際僕も、ブログを書くのに慣れていない頃、よくこのような状態になっていました。「こんなこと書きたいなぁ」そんな一言ぐらいのネタはたくさんあるのに、実際に書き出してみると途端に手が止まる…。

だんだんグダグダしてきて、結局Youtube見ちゃう。みたいな。みたいな時期がありました。

では、なぜこのような状態に陥ってしまうのか?という問題。実はその最大の原因は、『書くことに集中しすぎるあまり手が止まってしまう』ということに他ならないのです。

僕たちは普段、『長い文章を書く』ということに慣れていないんですよね。記者やライターさんとかは別ですけどね。

であれば、いっそそのことは認めたうえで、イメージを違った方向に向けてみてはいかがでしょう?つまり、『書く』のではなく、『話す』ことを意識してブログを書くのです。

ブログ記事を書くヒントは、『会話』にある

ブログ更新の際に、まずは一旦『書く』ということから離れてみてください。

持つべき理想は、『会話』のイメージ。わかりやすく『電話』でたとえてみましょう。

親しい友人と電話をするとき、ついつい長電話をしてしまうことってありませんか?「夜の10時に話し始めたのに、気付いたら深夜2時だった!」そんな経験、結構あると思うんです。

では、なぜ電話はこんなにも長い時間話ができるのでしょうか?その答えは他でもない、『質問』あります。

  • 質問があるからそれに対する答えが返ってくる。
  • そして更に質問されるから、それに対する答えが返ってくる。

これで会話が成り立つわけです。当たり前の話ですが。

  • A「今日はいい天気やな」
  • B「そやな」
  • A「…」

これでは、会話は続きませんよね。まるでコミュ障のサラリーマンです(俺やんけ)では、仲良し男子の弾んだ会話を見てみましょう。

A:「今日はええ天気やなぁ」

B:「明日はどうなるんやろなぁ?」

A:「明日は雨らしいで!」

A:「何か予定でもあんのか?」

B:「明日ピクニックやねん!!」

A:「ピクニックってあのパックのジュース?」

B:「ちゃうわ。緑地公園行くんじゃ。」

A:「え?誰と??」

B:「実はこないだ紹介してもらったA子ちゃんとやねん」

A:「え!お前もうこないだの彼女にフラれたん!?」

B:うるせー。言うなや。

みたいな。一見何の変哲もない男子の会話。では、わかりやすいように、この質問部分に色を塗ってみます。

A:「今日はええ天気やなぁ」

B:「明日はどうなるんやろなぁ?」

A:「明日は雨らしいで!」

A:「何か予定でもあんのか?」

B:「明日ピクニックやねん。」

A:「ピクニックってあのパックのジュース?」

B:「ちゃうわ。緑地公園行くんじゃ。」

A:「え?誰と??」

B:「実はこないだ紹介してもらったA子ちゃんとやねん」

A:「え!お前もうこないだの彼女にフラれたん!?」

B:うるせー。言うな。

おわかりでしょうか。あえてこの電話の会話を分析してみると、質問と回答の繰り返しであることに気付くでしょう。シンプルに言うと、会話というのは、『質問』と『回答』の繰り返しなんです。

そして僕が最も言いたいこと、それは、

ブログを書くときも『会話』をイメージするといいよ。

ということ。

会話をするイメージでブログを書いていくと、驚くほどスラスラと記事が書けるようになりますよ。

具体的にどんな会話を想定すればいい?

では、具体的にあなたのブログにどう『会話』を活用するのか?例えば、あなたが『ブログのアイキャッチ画像に悩む人へお勧めのサイトを紹介する』記事を書くとしましょう。

いきなり書き始めてはいけません。まずはそこに『アイキャッチ画像選びに困っている人』を想定してみてください。そして、その人がするであろう質問に答えていくような形で記事を作り上げていくのです。

アイキャッチ画像ってどれぐらい大事なのでしょうか?

⇒アイキャッチ画像は、記事の顔です。とても大事なので適当に決めない方がいいですよ。

どこかから画像を持ってくるということは、有料なのでしょうか?

⇒有料のサイトもありますが、無料でダウンロードできるサイトもたくさんありますよ。

どこから見つけてくればいいのでしょうか?

⇒僕が今よく使うサイトは以下の5つ(例えば)。今回はあなたにオススメポイントもつけて紹介しますよ。

自分で作ることも可能ですか?

⇒もちろん、可能です。他サイトから持ってきた画像を加工してもいいですし、自分のスマホで撮影した画像を使用するのもいいですね。他のサイトやブログと被らないオリジナル画像をアイキャッチに設定して、あなただけの魅力的なブログにしましょう。

どうでしょうか?

あなたが記事の内容を届けたい人を想定し、その人がするであろう質問をイメージするのです。具体的にイメージができれば、その質問を『見出し』に設定し、その質問に1つ1つ答えていく。これを意識するだけで、スラスラと記事が書けるようになりますよ!

口下手な人こそブログを活用して会話上手になろう

このように、ブログで記事を投稿する際には、『書く』ことよりも『会話』をすることを意識するとうまくいくことがよくあります。

「でも、自分は口下手だから、会話に自信がない」そんな風に悩む人もいらっしゃいます。

大丈夫。口下手な人というのは、今まで言葉を扱うことに慣れていなかっただけです。今からでも意識的に言葉を使うようにすれば、口下手も治すことができますよ。

その際に意識すべきことは、

  • インプット
  • アウトプット

これをひたすら繰り返すこと。

インプットを増やす

まず、アウトプット量を増やすためにインプット量を増やすことは必須。いろんな情報に触れ、いろんな文章を読むからこそ、自分の言葉でアウトプットすることができるのです。

新聞、ネットニュース、好きな人のブログやメルマガなど…なんでもいいので、とにかくたくさんの文字に触れるようにしてみてください。

アウトプットを増やす

日常的にインプットを増やすことができたら、今度は自分の言葉でアウトプット。そのためにあなたのブログを100%活用しましょう。

難しく考える必要はありません。大事なことは、専門的な知識でもなければ、小難しい言葉遣いでもなく、いかに相手にわかりやすく伝えるか?ということ。

そのために大事なことは、読み手がどう思うか?ということは常に考えて書く必要があります。

決して1人よがりな文章を書いて満足してしまってはいけません。

「読み手にわかりやすく書けているか?」新規で記事を書くときにももちろん大事ですが、書いた記事を投稿する前に推敲するようにしてくださいね。

最後に

ブログを書く手が止まったら、会話をイメージしてみる。この方法であなたのブログ執筆が今まで以上にスラスラ進むことを祈っています。

『書く』ことに集中し過ぎるあまり、必要以上に『正しく』、『良い』ことを書こうなんて考えたら手が止まっちゃいます。

あなたの記事を届けたい人をイメージして、話しかけるように文字を書いていってくださいね。

「そういわれても、まだよくわからないよ!」

という方は、お気軽にコメント欄やメールでお問い合わせください。頂いた質問や疑問、愚痴などには基本的に全て返信させて頂いています。頂いた『質問』に対してお答えすることで、僕の勉強にもなります。遠慮なくどうぞ。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ