子育てと家事で疲れきっていた僕をラクにしてくれた後輩の一言

子育て 家事 疲れた
スポンサードリンク

「子育てがこんなに大変なものだったとは・・・」

今現在、2歳の長女と1歳の次女を育てながらも、バタバタの日々を送っています。

 

結婚する前、独身時代は家事も育児も簡単なもんだと思ってました。

「やったことないけど、まぁ、ちょちょいのちょいやろ」ぐらいに捉えていた僕。

だけど、実際に子どもが産まれてみると、大変なことばかりであることに気付いたのです。

 

0歳の時は不安だらけで、夜泣きや突然の高熱により睡眠不足になったり、

1歳になったら今度は歩き回るようになって目が離せなくなるし、

2歳になったら今度は魔のイヤイヤ期。

てんやわんやの日々がずーーーっと続いています。

 

そんな中でも、結婚して、子どもが産まれて一番変わったこと、

それは、『自分の時間がなくなった』こと。

独身時代と結婚後の生活で最も大きく変化したこと

独身時代と今を比べて、最も大きく変わったことは

『自分の人生が自分の人生ではなくなった。』

ということ。これは本当に日々強く感じています。

  • お金
  • 体力
  • 時間

今まで自分の分は自由に使えていました。

  • 休みたい時は休み
  • 使いたい時にお金を使い
  • 遊びたい時に遊んでいた。

それが当たり前でしたからね。

 

でも、今は全く違います。

何か行動を起こそうとするとき、まず家族のことを頭に浮かべなければなりません。

 

今まで自分のために使っていた時間やお金が、人のために使われるようになる。

そんな印象でしょうか。

 

特に新生児育児中の場合、

自分のペースで食事をすることや、トイレに行くことすらままならなくなります。

 

ここにプラス家事が入ります。

 

自分1人の時なら食事は外食、掃除も3ヶ月に1回程度、こんな雑な生き方をしていた僕。

でも今は毎日の朝晩のルーティンだけで吐きそうなほどしんどいです。

  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理
  • 片づけ
  • アイロン

・・・

仮に一口に掃除と言っても、布団の掃除や部屋の掃除、窓掃除や風呂掃除、なんぼでも拡大しやがります。

疲れ切っていました。

そしてちょうど去年の年末ぐらいのこと、

「俺の人生って、誰のための人生なんだろう?」

って思い詰めてたんですね。

「おおげさやろ!」って思われるかもしれませんが、

当時の僕はそれぐらい疲れていました。

特に同じ会社でその悩みを共有できる人がいなかったことも、大きいのかもしれません。

そんな子育てに疲れ切っていた僕を楽にした後輩の一言

そんなある日、会社でふと後輩と雑談をするタイミングがあったんです。

僕は思わず言いました。

「家事に育児に、もう毎日しんどいわー。」

と。

すると後輩が言いました。

「いいじゃないですか!」

と。

「なぜ?」と聞くと彼はこう続けました。

「家庭がある人は、ちょっと1人になることはできますよね。

でも、独身の人が、ちょっと家庭を持つことなんてできないじゃないですか。」

と言ったわけです。

 

すげー当たり前のことなんですが、不覚にもはっとさせられました。

確かにその通り。

 

確かに、どれだけ子育てに忙しくても、少しぐらいは気を抜くことはできます。

奥さんや親に頼ることもできます。

 

だけど逆に、独身の人がちょっと子どもほしいって思ったって、

そんなちょっとのことじゃ子どもを授かることなどできません。

そもそも相手がいなければできないですからね。

 

今持っているものを手放すことは簡単。

だけど、0の状態から1を手に入れることは簡単ではない。

今子どもの世話や育児で忙しくしていても、ふっと気を抜く瞬間はいつでもあります。

仮に1日中気の抜けない日々だったとしても、育児には必ず終わりが来ます。

子育てはひと時のこと。いつか絶対に終わりが訪れる

今は子供たちが小さいから、ちょっと1人になることもなかなか難しいけれど、嫁や親にお願いすれば可能は可能。

だし、もう少し大きくなって小学校に上がれば、彼女たちも自分の友達と遊びに行ったりするでしょう。

中学に入れば、塾や部活でほとんど会えない日が続くかもしれません。

高校に入れば?大学に行けば?就職したら?

もうほとんど会う時間なんてないでしょうね。

 

結局、育児は期間限定のもので、しんどい時期ってのは長くても10年ぐらいのもの。

僕らが80年生きるとしたら、そのたった10年の間、

それを過ぎたら逆に「1人の時間が寂しい」って思うもんなんでしょう。人間だもの。

 

逆に、彼の言うように、ずーーーっと独身を貫いて1人で生きていたらどうでしょうか。

一生1人で居続けることが大好きな人は、それで構わないかもしれません。

だけど、人間って、どうしても寂しいと感じてしまうもの。

例えその時その瞬間楽しくても、ふと

  • 仲の良かった友達がみんな家の用事で忙しそうにしている時
  • 1人っきりで部屋にいる時
  • 自分の将来のことを考えた時

ずーーーっと1人なんて、気が狂いそうなほど辛いんじゃないかと思う訳です。

少なくとも、僕は。

今この瞬間は二度と訪れることはない

育児も家事も、正直むっちゃしんどいです。

しかも、

  • 目に見えるメリットがあるわけではないし。
  • 誰かから評価されることもないし。
  • 報酬などもちろんない。

それでも、僕らが親である以上、子どもを育てる義務があるわけです。

子どもがすくすく育つよう、身の回りの世話もしてあげなきゃならないんです。

 

だから僕は辛くなったとき、いつも思うようにしています。

「子育てを終えた後、一回り成長した自分に合うことができるだろう。」

と。

それぐらい楽観的にいかないと、ぶっちゃけ、体も心も持たないです。笑

 

逆にいざ、自分が子育てを終えたその時を迎えたら、ヒマすぎて今の日々を思い出すんでしょうね。

その時に後悔しないために、今を全力で生きること。これとっても大事。

 

「子育てが辛い」という悩みに対して、最も多いアドバイスは

「今だけだから。」「一瞬だから。」

子育てを終えた先輩たちが皆口を揃えてこう言うのだから、たぶんそれが正解なんでしょう。

あとで後悔しないように今の子どもと全力で向き合うことが大事。

そんなことを思った日曜日の夜でした。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。