たった1日の子育てでさえ、そのストレスが温厚な僕を鬼に変態させる

スポンサードリンク

子育てをするようになって、圧倒的に変化したものって何でしょう。

それは、「仕事に対する考え方」とか、「これからの人生の過ごし方」とか、そんな大げさなものではなく、シンプルに「土日の過ごし方」ではないでしょうか。

 

昨日は日曜日でしたが、僕の嫁が地元の行事に参加するため、岡山に帰省。終日不在にしていました。

つまり、僕が2人の娘(2歳半と1歳3ヶ月)を1人で見なければならない1日。

 

まぁ僕の場合横に実家があるので、正確には僕+じじ・ばばなんですが、まぁ基本は1人で見ることになるよね。

いつもなら嫁と僕が2人で2人の娘を見るので、どちらかの手がふさがっている時は、どちらかがヘルプできるわけです。

でも、1人で子供らの面倒を見るってのは、久々でしたが、恐ろしいほど濃い~1日となりました。

娘2人と過ごした1日のスケジュール

なんとか子どもらの寝かしつけを終えて、現在21時。嫁の帰りを待ちながらブログを叩いているわけですが。今日1日だけでたくさんのイベントが起きました。

 

7時、長女の鳴き声で目覚める。

「まーま!まーま!」既に泣いてる。

「ママは今日1日お出かけ」って、昨日言ったやん。そんなに泣かんでもええやん。まぁ、この子らからしたら、そんなこた知らんわな、ごめん。

そしてその鳴き声は次女に連鎖し、よくわからないまま一緒になって泣いている。

目覚めからもうしんどい。

 

長女よ

「パパのパンが食べたい」と泣いたのだから、せめて半分ぐらい食べてくれ。1口で終わりて。

「目をこすらないで」と言ってる傍からゴシゴシこすらないでくれ。

ほら、目真っ赤やん。目薬注そうとしたら暴れないでくれ。

「おもちゃがない」と泣かないでくれ。君が昨日寝室に持って行ったんやないか。

トイレ嫌がらないでくれ。結局あとでおしっこもらして泣くんだろう。

 

次女よ

食べてるパンを湘南の風よろしく頭上で振り回さないでくれ。

コンセントに興味があるのはわかるけど、大元の電源ばかりを狙わないでくれ。

意味わからん量のウンチはやめてくれ。

お尻洗ってリビングに戻りながら、おしっこ垂れ流すのもやめてくれ。

鼻水大量に出てるから吸おうとしたら、暴れないでくれ。

 

 

2人よ

おもちゃの取り合いやめてくれ。

 

 

と、イベント盛りだくさんの朝でしたが、やっと事態が落ち着いて子どもらの不機嫌が治りかけていた時、ふと時計を見た僕は驚愕。

 

「え、まだ9時?ww」

 

2時間しか経ってないわけですよ。

 

  • 延長・PKありのサッカーの1試合よりも
  • 濃厚なSF超大作の映画よりも
  • 会社の飲み会の1次会の開始からお開きまでよりも

誰よりも何よりも濃い2時間を過ごしたと胸張って言えるよね。今日は。

もちろん9時以降もドタバタイベントのオンパレードでしたが、書いてもキリがないので省略します。

 

てな感じで、土日の過ごし方が圧倒的に変わったんですよね。

独身の頃の土日って、

  • 昼まで寝たり
  • 友達と出かけたり
  • 趣味の剣道の集まりに行って汗を流したり
  • 意味もなくフラフラとバイクで出かけたり

今と違って、むしろヒマを持て余してたぐらい。

 

だから土日の忙しさを無理やり数値に表すとしたら、5からいきなり100になったって感じ。

子育ての忙しさって、もうちょい独身の頃に振り分けて分散できないかねぇ。

まぁ、ムリに決まってるけどさ。

子育て期間中はFacebookのタイムラインは見ない

今、僕は28歳なんですが、周りに子どもがいるって人は、大体知り合いの中の1割ぐらい。

そもそも同期の男子たちも、やっとこの1年ぐらいで結婚し出した、って感じかな。

みんなまだまだ働き盛りらしく、週末は「子どもと遊ぶ」よりも「友達と遊ぶ」方が多いイメージかな。

  • キャンプ行ってきまーす!
  • 休みなのに出勤orz。
  • 今日は早朝から釣りでーす。
  • コンパ行くけど、誰か来ない?
  • 今日は1日集中して勉強するぞ!

みんなそれぞれに楽しそうな週末を過ごしているわけで。(一部例外いるけど)

どっちがいいとか悪いとかではなくて、単純に24時間を自分の使いたいように使っている人が羨ましいんですよね。

 

結局SNSで人のプライベート覗いたところで、こっちが気分悪くなるだけなので、子育て期間中はSNSとか見ない方がいいよね。

逆にその人たちに言わせれば「週末に子どもと遊べるとかいいよねー」とか言ってくるんですよ。結局人間はないものねだり。

 

だからいつも思うようにしてるんですよ。

「お前らもそのうち子育て始まるんだから覚悟しとけや」って。

そのころは僕らは育児のステージを超えて、もう少し優雅に土日を満喫している(はず)

嫁がいないというだけで、僕は温厚な父から鬼に変態する

ママが叱り役、パパは叱られた子どもをなぐさめ、プンスカしているママをなだめる。

けっこう、こういう役割分担している家庭って多いんじゃないでしょうか?

僕んちも例に漏れず、こういう役割分担が自然とされており、普段はどちらかというと子どもを叱ったりしないんですよね。

 

だけど、嫁が1日家にいないだけで、この構図は全く変わります。

僕が、怒鳴りまくります。

 

「くぉぉぉぉぅぅらぁぁ!!」

とか

「人の話聞いてんのかボケがぁぁ!」

とか。

 

「ご近所に聞かれたら…」とか、そんなこと思う余裕ありません。

だって、ほっといたら子どもらって、ほんと好き勝手やるでしょ。

 

別におもちゃを振り回したり、散らかしたりするぐらいならいいんです。

だけど、テレビをバシバシ叩いたり、電化製品投げたり、包丁触ろうとしたら、そりゃキレるでしょ。

1回ならまだしも、何回言ってもやろうとするんだから。

そりゃ、キレるでしょw

 

で、思う訳ですよ。

「あー奥さん、いっつも叱り役引き受けてありがとう、ごめんなー」と。笑

子育てにおける親や祖父母、周囲の人間の役割

僕はいつも、「子育ては社会ですべし」って言ってます。

簡単に言うと、子どもの面倒を見る大人の人数は、1人より2人、2人より3人、多い方がいいんですよ。

周囲にいる大人の人数によって、それぞれの大人が子育てにおける役割が変わりますからね。

 

今日の僕のケースなんて、まさにそう。

普段はママが「叱り役」、パパが「なだめ役」、あと婆は「なんでも許してくれる人」、爺は「ニコニコしてる人」という感じ。

 

子どもから見た我々は、このように違ったキャラクターに見えているはずです。

これが例えば、ママ1人、パパ1人でずーーっと子育てしてたらどうでしょうか?

 

あらゆる役割を自らが引き受けなければならず、さらに忙しすぎて「ほっと一息」つくヒマもありません。

ホント、1人で子育てしている人が鬱にならない訳がないと思う。

それでも子どもたちに「愛してる」って言おう

ってことで結論、

 

今日は疲れました。

マジで。

 

いや、まぁ別にイクメンって呼ばれたいとか、悲劇のヒーロー気取りたいとか、そんなんは一切思ってないですよ。

実際、平日は保育園に預けてるし、土日だって、大体、奥さんも家にいてくれますからね。

僕がやってる家事・育児なんて、別にたいしたことしてないし。

 

でもね、子育てって、ほんとに思ってた以上に大変で、時間を奪われて、やりたいことできなくて、シンプルに言うと、しんどいんですよ。

だけど、こんだけやりきって、憔悴しきって、最後の最後に子どもたちが見せてくれるものってありますよね。

うん、寝顔。

 

ありきたりなんだけど、この寝顔には何にも勝てないですよ。

今までの僕の人生28年間での最強の武器1位は「女子の涙」だったんですけどね。今じゃ余裕で子どもの寝顔の勝ちですよ。

今目の前に泣いてる女の人がいても、子どもの寝顔見た後だから何にも思わないもんね。

 

子どもらは別に、僕らに疲れさせようとして生きてるわけじゃありません。

ただ、その時その時に自分が「やりたい」と思ったことを全力でやってるだけ。

大人になると世間体やら見栄やら、メンツやら体裁やら、何かとしがらみが出てきて、好きなように生きることなんてできません。

 

だからせめて今、この時期だけでも、好きなように生きてほしい。

そしてそれを見守る側の僕としては、もう少しニコニコと笑顔で見守りたい(今日は怒鳴りすぎてごめん)

疲れたので寝ます、おやすみ。

 

P.S

長女が寝る時、眠そうな僕に「パパ、目こすったらアカンよー」て言ってました。

自分のことほどよく見えてないもんですね。ありがとう。笑


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ