退職時期のベストタイミングを決めるために外せない5つのポイント

退職 ベスト タイミング
スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

 

おっくん
こんな会社、辞めたるわ!

 

と心に決めたものの、

 

おっくん
でも、いつ辞めたらいいんだろう?

 

あなたは、こんなふうに、悩んでいませんか?

 

今日『辞める』と決めて即日退職届を出すことができれば、それはそれで素晴らしいことです。

 

だけど、

 

  • 目先のお金のこと
  • 家族のこと
  • 仕事のこと

 

などなど、色々考えなければならないこともあるでしょう。

そこで今回は、元人事で退職経験のある僕が、退職のベストタイミングを決めるための5つのポイントをご紹介します。

 

既に退職の意志を決めていて、「いつ退職するか?」と悩んでいる人に参考にしてもらえれば幸いです。

また、退職を決めてから具体的に退職するまでの流れについては、こちらを見て頂ければと思います。

会社を辞める方法7ステップ~先月退職した僕のリアル「退職」活動

2017.11.30

 

退職時期のベストタイミングを決める5つのポイント

退職時期のベストタイミングは、会社やあなたの状況によって変わります。

ここでは大きく、5つのポイントをご紹介します。

 

退職時期のベストタイミングを決める5つのポイント

 

  1. 次の会社の入社日は?
  2. ボーナスがいくらもらえるか?
  3. 退職金がいくらもらえるか?
  4. 有給消化できるか?
  5. 円満退職できるか?

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

①次の会社の入社日は?

既に次の職場が決まっているのなら、次の会社の入社日に併せて退職日を決めましょう。

これは、否応なく日が決まるので、悩む必要はありませんね。

 

もしもあなたが、これから転職活動をしようと思っているのなら、

転職活動にベストな時期があるということを知っておくといいでしょう。

 

魚や果物と同じで、転職活動にも、旬があります。

つまり、年間を通して、転職しやすい時期とそうでない時期がある、ということ。

 

これを知っておくと、あなたの転職活動を有利に進めることができますよ。

転職活動に最適な時期は?人事目線で見た選考のベストタイミングとは

2017.12.05

 

おっくん
次の会社の入社時期に併せて退職日を設定しよう!

 

②ボーナスがいくらもらえるか?

ボーナスがもらえるかどうか?

また、ボーナスがいくらもらえるか?

 

これは、退職日を決める上でかなり重要な判断材料になるでしょう。

そもそも賞与(ボーナス)というのは、会社が独自に設定しているところがほとんどです。

 

退職日が1日違うだけで、満額もらえるかゼロになるか、というところもあります。

退職の意志を告げる前に、会社の就業規則はしっかり確認しましょうね。

 

念のため、しれっと人事に確認しておくことも大事です。

ちなみに僕は、しっかり満額もらって退職しました。

退職時はボーナスもらえないってホント?満額もらって退職した僕の話

2017.12.18

 

おっくん
今後の生活を考えると、ボーナスは大きい!慎重に決めよう。

 

③退職金がいくらもらえるか?

ボーナスと同様、退職金についても、会社が独自にルールを決めています。

会社によっては、そもそも退職金制度が無いところもありますからね。

 

こちらも、退職日を決める前にしっかりと就業規則を確認しておきましょう。

たまに、

 

辞めるのにボーナスとか退職金を、きっちりもらうのは申し訳ない。

 

こんな風に言う人がいます(僕もそうだった)が、遠慮する必要はありません。

賞与にしても退職金にしても、会社がルールを定めている以上、労働者の権利として当たり前に受け取れるものなんです。

 

それでもどうしても気になるようなら、過去のサービス残業やサービス休日出勤を思い出してください。

きっと、開き直れることでしょう。笑

【退職前にやることはしっかり確認】1円も損せず会社を辞めるために

2017.11.08

 

おっくん
退職金は減額される可能性があるので要注意!

 

④有給消化できるか?

未使用で放置している有給はありませんか?

こちらも、使って辞めないともったいないです。

 

繰り返しになりますが、ボーナスも有給も、あなたがこれまで頑張って得た権利なのです。

遠慮して有給を使わずに辞めてしまうなんてもったいない。

 

  • 次の職場の入社準備に充てるもよし。
  • 1ヶ月ぐらいのんびりバカンスに出かけるもよし。
  • 子育てに専念するもよし。

 

余った有給は捨てずに、きっちりと消化しましょう。

「退職時に有給消化できない」は嘘!賢く取得するための5つのポイント

2017.11.09

 

おっくん
有給は労働者の権利!きっちり消化しよう。

 

⑤円満退職できるか?

「円満退職する必要はまったくない」

こんな意見をよく聞きますが、僕は逆の意見

 

円満退職できるに越したことはありません。

なぜなら、前職で得た人脈が、今後どこで生きるかわからないからです。

 

世間は、思ったよりも狭いもの。

あなたが今後、どこでどんな仕事をするにしても、前職での人の繋がりがどう生きるかはわからないものです。

 

そのためにも、退職時期は余裕を持って設定しましょう。

上司に退職意志を告げる目安は、退職日の1.5~2ヶ月前ぐらいがおすすめです。

僕は色々あって、退職を告げてから最終出社日まで1ヶ月しかなく、少し失敗しました。

 

会社を辞めるまでの期間が1ヶ月しかなかった僕が感じた3つの後悔

2017.11.30
おっくん
退職日の設定には、余裕を持ったスケジューリングを!

 

【最後に】後悔しない退職を

会社を退職するのには、勇気が要るものです。

それが長く勤めた企業であればあるほど。

 

僕の場合、6年半も勤めた会社だったので、退職時にそれなりに感じることがありました。

切ない気持ちも少し、ありましたね。

 

しかし、自分が決めた道ですから、そこでウジウジ悩んでも仕方ありません。

退職してから後悔しないよう、しっかりと事前に入念に計画を練っておきましょう。

そうすれば、ほとんど後悔することなんてありませんよ。

会社を退職後に後悔してしまわないために必要不可欠な3つの判断基準

2017.11.07

大企業を退職して無職になったけど、僕が1ミリも後悔してない3つの理由

2018.01.22

 

あなたの退職が損のないよう、そしてあなたが退職後に後悔しないよう、祈っています。

それでは。