【残業の少ない業界の5つの特徴】定時で仕事を終わらせられる職種は?

【残業の少ない業界の5つの特徴】定時で仕事を終わらせられる職種は?
スポンサードリンク

どうも、もと商社の人事マン、おっくんです。

「毎日毎日残業ばかりで辛い・・・」

あなたは、そんな風に悩んでいませんか?

 

実は、我々が知らないだけで、残業の少ない仕事や残業の少ない業界はたくさんあります。

「残業したくないけれど、仕事だから仕方がない・・・」

そんな風に悩むあなたは、もしかしたら職場の選択を間違っている可能性があります。

  • 残業はもうたくさんだ!
  • 早く帰って自分の時間を大事にしたい。
  • 定時退社して家族との時間をゆっくり過ごしたい。

そんなふうに悩むあなたは、一度自分の会社以外の会社とか業界を見てみる必要があるかもしれません。

この記事はす日々残業の多さに悩まされているアナタに向けた記事です。ぜひ一度参考にしてみてください。 

残業の少ない業界の仕事の特徴

まず、残業の少ない業界における仕事の特徴には、どんなものがあるのでしょうか?

ここでは、定時で仕事を終わらせることのできる仕事の特徴を挙げていきます。

残業の少ない仕事1:1日の作業量が一定の仕事

それぞれ担当者の1日の作業量が一定の仕事であれば、自分の仕事がいつも通り終わっていれば、残業を強いられることはありません。

工場の作業員や事務作業の仕事などは、1日のスケジュールが決められていることが多く、比較的定時で終わらせられる傾向にあります。

残業したくない!と思ったら、そもそも残業を視野に入れていない業種を選ぶのが確かな選択と言えるでしょう。

残業の少ない仕事2:突発的な業務が発生しない仕事

一概には言えませんが、事務職(人事、経理、総務)などは、突発的な業務が発生しません。まさに自分に割り当てられた仕事を、淡々と、もくもくとこなしていくイメージですね。

もちろん電話応対や急な仕事も発生しますが、突発的なアポイントや出張がある営業の仕事に比べればかなり少ないです。

但し、経理課における決算期や人事の年末調整の時期などの繁忙期に関しては、その時期に集中して残業が発生するので注意が必要ですね。

残業の少ない仕事3:夜間に作業ができなくなる仕事

大工や建設作業員などは、日中、日が出ている時間しか仕事のできない職種があります。

暗くなると仕事ができないのですから、日が落ちる=退社、ということで、強制的に帰ることができます。

しかしながら、建設作業員なんかは体力仕事ですので、体力に自信のない方は、残業以上に疲れてしまう可能性があるので注意が必要です。

残業の少ない仕事4:決められた時間にのみ必要とされる仕事

窓口や受付などは、対応時間の終了とともに帰ることができます。定時終了後に仕事する必要がありませんからね。

残業の少ない仕事5:派遣社員としての仕事

これは業種というより職種の問題ですが、派遣社員などの雇用形態で働く人は、定時で帰りやすいです。なぜなら、余計な責任を持たされることがないから。

何かチームで仕事をしていたとしても、「派遣さんにそこまでやらせるのはなぁ」と、責任のある仕事などは振られることはありません。

どうでもいい社内の飲み会なども断りやすいですからね。

定時で仕事を終わらせられる仕事8選

ここからは、定時で仕事を終わらせられる仕事を紹介していきます。

もしあなたが転職を考えているのなら、参考にしていただければと思います。

定時で仕事を終わらせられる仕事1:公務員

やはり公務員は民間企業に比べて、定時退社しやすい傾向にあります。

一昔前に比べれば、公務員も残業が増えていると言いますが、地方公務員などは特に早く帰りやすいですね。僕の家の近くに大阪の市役所がありますが、17時を過ぎるとものすごい人が出ていきますからね。

定時で仕事を終わらせられる仕事2:建設業

上記の通りですが、建設業は日が昇っている時間しか仕事をすることができません。これは安全面への配慮からこうなっているんですね。

なので日が落ちると、強制退社です。その分、肉体労働で体力的にきつい部分もあります。

定時で仕事を終わらせられる仕事3:製造業・メーカー

バブル期などは文字通り死ぬほど残業の多かった業界ですが、今は比較的ホワイトな会社が多いです。

特に古くから日本の産業を支えてきた歴史のある企業などは、社員を大切にする文化が根強いのも理由の1つ。

また、製造業は、製造ラインがストップしてしまえば仕事をする意味がなくなります。

今や製造業はホワイトに変化していっているのです。

定時で仕事を終わらせられる仕事4:造業の生産ライン

製造業の生産ラインは、1日の仕事量がほぼ決まっています。

それに加え、多くの工場は労働組合を有しており、規程がガッチリと定められているので、定時退社できる場合が多いです。

ただ、交代制の勤務などで夜勤を入れられる可能性などがあるので注意しましょう。

その他定時で仕事を終わらせられる職種

その他にも難易度は高めですが、定時で帰りやすい仕事を紹介していきます。

「手に職」のイメージでしっかりとした知識、勉強が必要ですが、今後長い目で見て挑戦していくのもありでしょう。

  • 開業医
  • 国税の専門官
  • 大学教授
  • 薬剤師

など。

経営者の方針も重要

良くも悪くも、日本の会社はトップダウン思考が根強いもの。

そのため、社長の経営マインドや思想もとても大事なのです。

社員を大切にし、社員の残業時間を極力抑えようとしている会社であれば、ホワイト企業であることが多いし、その逆も然り。

あなたがこれから転職などで会社を選ぶ際は、職種や業種だけでなく、経営層のマインドも合わせてチェックするようにしましょう。

定時で仕事を終わらせにくい仕事5選

逆に、定時で仕事を終わらせにくい仕事は、どんなものがあるのでしょうか?

定時で終わらない仕事1:営業職

やはり営業職は残業が多い傾向。どうしても数字やノルマが付いて回ります。また、顧客とのアポイントや出張の数が多い、など、顧客に時間を奪われることが多いため、残業が多めになりますね。

定時で終わらない仕事2:コンサルタント

経営コンサルタント、キャリアコンサルタント、戦略コンサルタント・・・こちらは営業職以上に顧客に接する時間が長い職種。

さらに提供するものが情報であったり知識であるため、形のないものを提供しなければなりません。

つまり、仕事ごとに明確なゴールが定めにくいため、どうしても残業時間が長くなってしまいます。

定時で終わらない仕事3:IT・エンジニア

エンジニアと言ってもその中で細分化されていますが、プログラマーの開発や、突発的なトラブル対応など、SEは社内に泊まり込み、なんてこともザラにあります。

最近は業界的にもかなり残業が減っているところもありますが、それでもまだまだブラック企業が多いのが特徴。

定時で終わらない仕事4:飲食店

大手飲食チェーン店でもよく過労死や長時間労働がメディアに報じられています。

世の中がどんどん便利になって、いつでも食べたいものが食べられる時代ですが、その分働き手は長時間労働を強いられるわけです。

最後に~世の中に仕事は星の数ほどある

日本には、大小含め600万近くの事業所があります。(統計局HP:平成26年経済センサスより)

当たり前ですが、今あなたが今勤めている会社が全てではありません。

今の会社が残業が多く、どうしても耐えられない、これ以上頑張れない、という場合は、転職を検討してみるのも1つ。

思い切って転職してみたら、自分に合った最高の職場に出会える可能性もあるわけです。

転職や退職にはエネルギーが要りますが、売り手市場の今、転職市場は非常に活発。

この機会に一度転職を検討してみてはいかがでしょうか?

今の会社じゃどうしても満足できない、と思われている方に向けて、こちらの記事ではオススメの転職エージェントをご紹介しています。

給料、勤務地、職種、業種、人間関係…サラリーマンの悩みは尽きませんが、転職するだけで一発解決することもあります。

登録・相談から内定まで完全無料。一度転職エージェントに話をしてみてはいかがでしょうか?

オススメの転職エージェントご紹介はこちら。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ