妊娠初期のつわりを食べ物で緩和しよう~苦しみを和らげる7種の食材

0902 妊娠初期 食べもの つわり 苦しい
スポンサードリンク

妊娠すると、つわりに苦しむ女性はたくさんいます。

頭痛や肩こり、下痢、吐き気、味覚の変化など…。

 

赤ちゃんのために、お産のために、栄養素はしっかり摂らなければならない。そうはわかっていても、

 

  • つわりで食事がまともにとれない
  • 食べても吐いてしまう
  • 何を食べてもおいしくない

 

でも、せめて赤ちゃんのためにも必要な栄養は摂らないと…。そんな風に悩んでいませんか?

 

今までは自分の体のことだけを考えていればよかったはずです。

でも、お腹に赤ちゃんを抱えている今、状況は違います。

 

以前はたいして意識していなかった添加物、着色料、甘味料など、気になるカタカナの名前が並ぶと一気に気になるものでしょう。

 

今日はそんな悩みをお持ちのあなたに、妊娠初期に食べるべき食材と、できるだけつわりの期間中でも食べやすいものを紹介します。

妊娠初期に食べた方が良い食べ物を知り、快適なマタニティーライフを送りましょう。

 

妊娠初期のつわりを緩和する7種の食べ物

妊娠初期のつわりを緩和するためにオススメの食材は、以下の7種です。

 

妊娠初期のつわりを緩和する食べ物

  1. 緑黄色野菜
  2. 未精製の穀物
  3. 海藻類
  4. 大豆
  5. きのこ
  6. バナナ
  7. ヨーグルト

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

①緑黄色野菜

妊娠初期において、まず何より大切なこと、それは緑黄色野菜を摂ることです。

緑黄色野菜にはたくさんの栄養素が詰まっています。

 

  • 葉酸
  • ビタミン
  • カルシウム
  • 鉄分
  • 食物繊維

 

など。

この中でも、妊娠初期に特に重要なのが葉酸です。

葉酸は、妊娠中のママの体のケアはもちろん、赤ちゃんの早産や障害のリスクを軽減するために必要不可欠な栄養素です。

 

妊娠がわかったらすぐ(理想は妊娠前から)、摂取すべき栄養素なんですよね。

 

ただ、1日に必要な葉酸を全て食物から摂るのは難しいのも現実です。

つわりでご飯を食べられない日もあるでしょうしね。

 

そんな時にオススメなのが、葉酸サプリです。

生協の宅配パルシステムは育児や家事で忙しいと悩む人に超オススメ

2016.08.18

 

葉酸の他にも、妊娠中のママの体に必要な栄養素の多くは、緑黄色野菜から摂取できます。

ブロッコリーやカボチャ、ホウレンソウなどをバランス良く摂って栄養バランスを高めましょう。

 

②未精製の穀物

玄米や発芽米など、未精製の雑穀類には、妊婦に必要なミネラルの他、ビタミンやカルシウムが豊富に含まれています。

また、食物繊維も含まれているので、妊娠初期の便秘解消にも効果があります。

 

つわりのしんどい時期ではありますが、「たかが便秘…」と甘く見ていると、危険。

妊娠後期になり、陣痛の痛みが始まった時に、便秘の痛みか陣痛の痛みかわからない…なんてことにもなりかねないですからね。

 

あまりおいしくないといわれがちな未精製の穀物です。

が、ママ自身の身体のために、お腹の赤ちゃんのために、栄養素を摂取すべく摂りいれましょう。

 

③海藻類

海藻類には、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。

なおかつカロリーが低く、あっさりしていてつわりの期間にも食べやすいのが特徴。

但し、ひじきにはヒ素、昆布にはヨウ素が含まれているので、食べ過ぎは禁物です。

 

ヨウ素は新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンのために必要な栄養素なのですが、食べ過ぎてしまうと、甲状腺機能低下症を招く危険があります。

また、お腹の中の赤ちゃんにも同様の悪影響を及ぼす可能性があるので、過剰摂取はやめておきましょう。

とは言っても、普通に食べる分には問題ありませんが。

 

④大豆

代表的なものは、納豆や豆腐。特にタンパク質が豊富に含まれる大豆製品は、ママの筋肉や骨の生成に必要です。

但し、大豆についても過剰摂取は禁物。

 

妊娠中、特に妊娠初期にイソフラボンを多量に摂取すると、胎児の生殖機能が未発達になるなどの 影響が出る可能性があると言われています。

食べ過ぎには注意しましょう。

 

⑤きのこ

低カロリーで食物繊維が豊富なきのこ。妊娠中の便秘解消にも効果があります。

また、エリンギやえのきには葉酸がたくさん詰まっています。

 

⑥バナナ

特に食事がなかなか進まないつわりの時期。

手軽に栄養補給できる食材として、バナナはおすすめです。

 

ビタミンB6による貧血予防効果、カリウムによるむくみ解消、食物繊維による便秘解消など、様々な効果があるので。

ただ、カロリーが高めなのと、バナナには体を冷やす性質があるため、1日に1本、多くても2本までにとどめておくのがいいですね。

 

⑦ヨーグルト

赤ちゃんにも必要不可欠なカルシウムを摂取するために、ヨーグルトがオススメ。

また、ヨーグルトは腸内環境を整え、ビタミンB群が新陳代謝を活発にしてくれます。

 

妊娠中の肌荒れにも効果があり、妊娠時のイライラを抑える効果もあります。

糖質や脂質が多く含まれるので、特に体重の管理が必要な妊娠中は食べ過ぎに注意しましょう。

 

最後に

妊娠中に積極的に摂りたい食材、また食べやすい食材を見てきました。

妊娠から出産までの10ヶ月間、大変な時期ですが、つわりと上手に付き合い、良い食材から体に栄養を摂っていきましょう。

 

  • 産まれてくる赤ちゃんのために
  • 何よりも、ママ自身の身体のために

 

食べ物選びは、思った以上に重要です。

それでは。