【産後うつ症状チェックリスト9項目】あなたはいくつ当てはまる?

0909 産後 鬱 状態 乗り切る
スポンサードリンク

「育児が大変すぎて、うつ状態になっているかも・・・」

あなたは、そんな風に悩んでいませんか?

 

出産前は、子育てに対してたくさんの希望や期待を抱いていたかもしれません。

 

ですが実際、

 

  • 「私の産後の日々は毎日がキラキラしている」
  • 「子どもはカワイイし育児は楽しい。ストレスなんて1ミリも感じない毎日」

 

こんな風に思える人は世の中に一体何人いるんでしょうか。

 

産後は様々な要因により、うつ状態になりやすい時期です。

知らず知らずのうちにうつ状態に追い込まれており、気付けば手遅れ…なんてことにもなりかねません。

 

もちろん、子どもの笑顔はかわいいし、自分を必要としてくれるってのはとても嬉しいことです。

 

ですが、

  • しょっちゅうイライラしている
  • 夫や子どもに関心がもてなくなる
  • 常に疲れている

この3つのうち1つでもあてはまるものがあったら、あなたは産後うつかもしれません。

うつは放っておくとどんどん悪化しますよ。手遅れになる前にしっかりと予防・対策を行うようにしましょう。

 

産後うつの症状チェックリスト

まずは以下のチェックリストを試しにチェックしてみてください。

 

産後うつチェックリスト

  1. 眠れない
  2. 常に疲れている
  3. ずっと不安だ
  4. 些細なことでイライラしてしまう
  5. 人生に対して悲観的になる
  6. 自分を責める
  7. 食欲がなくなる
  8. 食欲が止まらない
  9. 夫や子どもに愛情を感じなくなる

 

全部でなくとも、この9つの中で3つでも当てはまるものがあったら、あなたは産後うつの可能性があります。

 

赤ちゃんが産まれること、それはとてつもなくめでたいことです。

もしかしたら人生で一番ハッピーな1日かもしれませんね。

 

なのに、なぜ育児や子育てが原因で「うつ」になってしまうのでしょうか。

寝かし付け、授乳、抱っこ、時間がない…など、育児にはストレスがつきものです。

 

ですが、そのストレスの最大の原因は、何より、思い通りにいかないことが大きいのです。

加えて、周りに対し「いい奥さん」「いい家族」を演じなければならないというプレッシャー。

 

これらが重なり、産後うつになってしまうのです。

では、そんな産後うつ、どうすれば予防できるのでしょうか?

 

産後うつの対処法

産後うつには「自分と関係ない」という考えは禁物です。

実に10~15%のママが産後うつになると言われています。

 

もはや他人事ではありません。

上のチェックリストに思い当たる点があれば、きちんと対処しましょう。

 

①完璧を目指さない

イライラや不満の原因は、ほとんどがこれです。

 

自分が目指そうとする育児、子育て、そして「ママ像」。

この理想が高ければ高いほど、現実とのギャップに押しつぶされ、気持ちが沈んでしまうのです。

 

初めての育児なら特に、うまくいかなくて当たり前。

失敗は、次に活かせるから気にする必要はないです。

 

子育ては、70点で上出来。50点でも充分、なんだったら20点でOKぐらいで考えましょう。

赤ちゃんの命に関わる失敗は避けなければなりませんが、極端に言ったら「命に関わらなければOK」です。

 

②手を抜くこと

完璧を目指さないことに付随しますが、なんでも1人でこなそうとしないこと

マジメな人ほど「私がやらなきゃ」と意気込んでしまいます。

 

最初のうちは気合いと根性で乗り切れるかもしれません。

しかし何ヶ月もそんな日々が続いていると、どこかでプチっと緊張の糸が切れてしまうタイミングがあります。ってか、1ヶ月が限界かも。

 

育児には終わりがある一方で、長く続く戦いであることも事実。

毎日変化を見せてくれる赤ちゃんはカワイイです。

 

でも、毎日毎日お世話をするのに常に気を張っていたらもたないです。

手を抜けるところは手を抜きましょう。

 

赤ちゃんがいると家事の中でも特に大変なのが、料理。

買い物に行ったり献立を考えたり…終わったら片づけ。この部分が楽になると、かなりストレスが軽減されると思いませんか?

 

そんなあなたは、一度生協を利用してみることをおすすめします。

うちも実際に使ってみて、かなり家事の部分が楽になりました。

生協の宅配パルシステムは育児や家事で忙しいと悩む人に超オススメ

2016.08.18

 

周囲の理解を得ること

辛い育児の時期を乗り切るために、周囲の理解を得ることは不可欠。

…ではあるんですが、なかなかこれが難しい。特に会社勤めの旦那さんや、ご家族が育児に協力的でない場合ですね。

 

  • 育児とか、仕事に比べりゃ簡単でしょ?誰でもできるじゃん。
  • 疲れて帰ってきてるんだから、家の掃除とかご飯ぐらいはやってよ。

 

なんて無神経な発言をする人は、年々減ってはきているようですが…(ホントかどうかはわかりませんが…)

まだまだ育児に対する理解は不十分なものです。

 

だからと言ってそんな発言に1つ1つ噛みついていたら夫婦仲にも悪影響を与えかねません。

 

1つ旦那に手伝わせるコツとしては、ほめることです。

ちょっと手伝ってくれたことに対して、ほめてあげると男性は喜びます。

「次も頑張るぞ!」「今度はもっと喜ばせてやるぞ!」となって、協力的になることがあります。

 

旦那さんも初めての育児で失敗ばかりするでしょう。

でも、できなかったことを責めるより、できたことを評価し、ほめることが大事です。

上手に旦那さんを活用してください。

 

産後うつは治療が必要か?

産後うつは病気です。一種のうつ病ですからね。症状が悪化すると、

 

  • 虐待
  • 自殺
  • 家庭環境悪化による離婚

 

などに発展する可能性があります。実際にありえます。

 

症状が軽いと治療も早く済みますので、できるだけ早めに受診するのをお勧めします。

「まずは相談から」ぐらいの軽い気持ちで心療内科や精神科にいってみましょう。

産後間もなくであれば、通っていた産婦人科で相談してみてもいいですね。

 

また、EPAやDHAには心を落ち着かせ、リラックスさせる効果があることがわかっています。

こちらは妊婦さんにオススメしているサプリメントですが、産後ママや男性にも効果があるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

妊娠中のあなたにオススメのEPA&DHA『美健知箋(びけんちせん)』

2016.09.10

 

最後に

育児に関する悩み、ストレスは尽きることはありません。

日々新しい課題を見つけ、解決していく。

これを楽しいことと捉えることができたら、育児は楽しくなりますよ。

 

無理をせず、あなたらしい育児ができるよう、祈っています。

それでは。