転職面接の時間の目安と、面接の長さが合否に与える影響についての解説

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

転職活動において、書類選考をクリアしたら、いよいよ面接です。

上手く面接をクリアしたら晴れて内定、あと一息のところですよね。

 

ここで気になるのが、面接の平均時間と、合否との関係性ではないでしょうか?

 

そこで今回は、面接にかかる時間の平均と、面接の時間が合否にどう影響するのか?

という点についてまとめてみます。

 

よく、

 

おっくん
面接時間がやたらと短かったけど、これって不合格のフラグ??

 

と悩む人がいますが、必ずしもそうというわけではありません!

 

転職面接の時間の目安は30分~1時間

僕は前職で人事の仕事をしていました。

転職面接に関しては、30分~1時間ほどがほとんどでしたね。

 

しかし、中には例外もたくさんあります。

10分ほどで終わるときもあれば、2時間ぐらいかかることも。

 

転職面接の時間が長くなったり短くなったりするのには、それぞれに理由があります。

では、その時間の長さは、合否にどう影響するのでしょうか?

 

転職面接の合否は最初の5分で決まる

実際、転職面接の合否は、最初の5分でほぼ決まっています。

なぜなら、企業は第一印象で、ほとんどあなたのことを知ることができるからです。

 

まず、事前に渡された職務経歴書で、あなたの過去の仕事などを把握します。

プラス、最初の5分で、入室時の振る舞いや、声の具合、表情、話しぶり、などを確認するのです。

実際、採用かどうかの決め手は、事前情報と最初の5分でほとんど見えてしまうんですよね。

 

では、残りの時間は何をしているのか?と言うと、確認作業になります。

面接官は、5分を過ぎたあとに

 

  • 事前情報と最初の5分のあなたの印象に間違いはないか?
  • 残りの時間でより良いアピールポイントを聞き出せるか?

 

といったことを確認しています。

 

転職面接の時間が極端に短くても気にしない

以上のことを踏まえると、転職面接の時間が極端に短くても、気にする必要はありません。

確かに、たまにあるケースとして

  • 「入室後の態度が極端に悪い」
  • 「ほとんど声が聴こえない」

 

などの理由ですぐに終わる場合もあります。

 

しかし、仮に極端に短くても

 

おっくん
よし、即採用。あとは見なくてもOK。

 

という理由から、すぐに面接が終わるパターンもあるんですよね。

 

だから、面接時間が長くても短くても、特に気にする必要はありません

 

転職面接の時間が長いから採用というわけではない

まれに、

 

「相当長い時間(1時間~2時間)面接をしてもらったから、合格なはずだ。」

 

と、確信を持って言う人がいます。

 

が、面接の時間が長いからと言って、採用確実というわけではありません。

しかし、それだけ話が盛り上がったということは、合格への期待度は高まっているのは、間違いないでしょう。

 

  • あなたからの質問がたくさん出た。
  • 企業からあなたへの質問も多かった。

 

ということは、どちらも相手に興味を示している証拠ですからね。

 

転職面接の時間は、面接官の性格にもよる

また、単に話好きな面接官にあたって、必要以上に面接が長くなるケースもあるのでご注意を。

たいていは、おしゃべり好きな管理職のおっさんです。笑

 

普段からおしゃべりが大好きなおっさんの中には、

求職者との面接を利用して好きな話をベラベラと喋りすぎる人がいます。

 

こういう人には、要注意です。

内容は、たいてい

 

  • わしが若い頃は・・・
  • 最近の若い世代は・・・

 

みたいな、けっこうどうでもいい話のことが多いので。。

 

本当は、面接官に対する「面接の教育」もきっちりしないといけないんですが、どうしてもそこまで手が回らない企業も多いです。

また、人事は面接官を依頼する立場なので、強く言えないケースもありますからね。

 

明らかに面接の雰囲気ではなくなってきた時、あなたがその会社への興味が低かったら

「すいません、そろそろ仕事に行かなければなりません」

などと言って、面接をその場で終わらせて切り上げるのも1つです。

 

時間は、有限ですからね。

 

最後に~転職面接の時間は企業によってまちまち

まとめると、転職面接の時間は、企業や、面接官によってまちまちです。

また、長ければいいとか、短ければ悪い、とかではないんですよね。

 

ただ、覚えておいてほしいのは、転職面接は、最初の5分が勝負ですよ、ということ。

履歴書と職務経歴書をバッチリ仕上げるのはもちろん、最初の第一印象でズバッと抜群の印象を勝ち取りましょう。

 

もしあなたが、面接に自信がないと言うなら、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは、経歴書の添削やスケジュール管理だけでなく、模擬面接を実施してくれます。

 

より実際の面接に近い形で模擬面接を実施してくれ、あなたの面接能力が抜群に上がることでしょう。

 

実際僕も転職活動をしていた際、エージェントに模擬面接を何度もやってもらいました。

すると、面接に自信を持って臨めるようになったんですよね。

 

登録も面談も、全て無料です。一度活用してみてはいかがでしょうか。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ