面接練習を一人でする時に絶対に外してはいけない4つのポイント

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

あなたは、面接の一人練習をやっていますか?

 

面倒くさいからやらない。

 

とか、

 

俺はありのままの俺で勝負するから、練習はしないよ。

 

とか言う人がいますが、これはもったいない話です。

なぜなら、面接は練習すればするほど上手くなり、合格率もそれに比例して上がってくるからです。

(自分で実証済)

 

そこで今日は、面接の一人練習をする意味と、練習をする時のポイントをご紹介しますね。

 

面接の練習を一人でやる意味 

そもそも、なぜ面接の練習を一人でやるべきなのでしょうか?

それは、他でもなく、『慣れ』るためなんですよね。

 

面接で合格を勝ち取るために最も必要なものは、小手先のテクニックや、マニュアル通りの受け答えではありません。

あなたの『ありのまま』を見てもらい、その中で自分を最大限アピールすることなんです。

 

そのためにも、普段と大きく異る『面接』という環境に慣れる必要があるんですよね。

面接の緊張感に慣れるために、面接の一人練習はとても効果的なのです。

 

面接練習を一人で行う時の4つのポイント

では、面接練習を一人で行う時は、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか?

ここでは、4つのポイントをご紹介しますね。

 

面接一人練習における4つのポイント

 

  1. 本番と同じ緊張感を持つ 
  2. 面接の5大質問の答えを予め用意しておく 
  3. 回答は1分以内を心がける
  4. 動画を撮る

 

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①本番と同じ緊張感を持つ 

まず、面接『練習』と読んでいますが、練習のつもりでやってはいけません。

限りなく本番に近い環境で実施する必要があります。

 

なぜなら、面接で失敗する人の多くは、その雰囲気に飲まれていつも通りの自分が出せないから。

繰り返し面接練習を行うことによって、練習と本番の緊張感をできるだけ同じぐらいに近づけることが大事。

 

つまり、練習を本番のように、本番を練習のように、できるところまでいけたら最高です。

 

②面接の5大質問の答えを予め用意しておく 

面接における5大質問というものをご存知でしょうか?

 

面接の5大質問

  1. 自己紹介してください。
  2. 前職を辞めた理由は何ですか?
  3. なぜ当社を志望されたのですか?
  4. あなたの長所と短所は?
  5. 最後に何か質問はありますか?

 

これらは、転職面接において必ず聞かれる5つの質問です。

その意図については今回は省略しますが、とにかく最もよく聞かれる質問が、コレ。

 

面接において、答えを丸暗記することはナンセンスですが、上記の5つの質問に対してすぐに答えが出ないのも論外。

 

例えば、

 

面接官
なぜ当社を志望されたのですか?

 

と聞かれて、

 

えーっと・・・えーっ。

 

なんて悩んでいたら、まず受かりません。

 

最低限、5大質問については、いつ、どこで、誰に聞かれてもサラッと答えられるようにしておきましょう。

 

③回答は1分以内を心がける 

面接の練習をする際は、自分の回答は1分以内と決めてしまいましょう。

回答の練習をする時にタイマーで時間を測るといいです。

 

たいていの人は、自分が話している時間が、思った以上に長いことに気づいていません。

面接本番で、1分しか話していないつもりだったのに、実際は3分も5分も喋っている人はたくさんいます。

 

面接における回答は、短い時間でスパッと言いたいことを伝えるのが鉄則

要点をまとめて話す練習をしておきましょう。

 

④動画を撮る

あんまりやらない人が多いんですが、僕は動画を撮ることを強くオススメします。

なぜなら、自分を客観的に見ることって、ほとんどないからです。

 

  • 目線
  • 身振り手振り
  • 姿勢
  • 表情 

 

どれをとっても、実際に動画を撮って見てみると、自分が思っていたものと違うことがほとんどでしょう。

 

僕も初めて動画で自分の面接練習を撮った時、

 

おっくん
目線、泳ぎすぎやろ!

 

と自分でツッコんでしまいました。

自分の受け答えの様子を外から見るためにも、動画撮影はかなり効果的ですよ。

 

一人での面接練習に慣れたら模擬面接もやっておこう

一人での面接練習に慣れ、「もうバッチリかな!」と思えたら、今度は模擬面接も実施しておきましょう。

模擬面接の相手は家族や友人でもいいですが、転職エージェントが最も適しています。

 

転職エージェントは、より実際の面接に近い模擬面接を実施してくれます。

できれば、模擬面接は複数のエージェントにお願いして、最低2回はやってみることをオススメします。

 

僕がおすすめする転職エージェントは、コチラ。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

 

【最後に】

繰り返しになりますが、面接を成功させるために最も大事なものは『慣れ』です。

まるで家族と話すように、友達と談笑するように・・・

そんな感覚で面接でも話すことができたら、あなたの魅力が最大限発揮できることでしょう。

 

ぜひ、面接の一人練習を繰り返して行い、どんどん面接力を上げていってくださいね。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ