ネットビジネスで失敗したくないなら今すぐ『自己流』をやめることだ

170907 ネット 稼ぐ コツ
スポンサードリンク

「ネットで手っ取り早く稼ぎたい!」「だけど、できるだけ失敗したくない」

そう意気込む人の中で、かなりたくさんの人が間違いを犯してしまっています。その間違いというのは、とりもなおさず『自己流で走ってしまう』ということ。

結論を言ってしまうと、稼ぐのに最短の近道は、『稼いでいる人のマネをすること』に他なりません。これができていない人は、いつまで経ってもお金を稼ぐことなんてできやしないです。

 

今日は、どうしても自己流に走ってしまう人のために、パクリを実践することの大切さをお伝えしようと思います。

もちろん、人のブログの画像から文章まで丸パクリはNGですが、そのノウハウやブログの展開方法、具体的には文章の書き方や広告の位置などはどんどんパクっていきましょう。

結局、他者のマネをするのが最短の近道である

 

正直、

  • 勉強にしても
  • スポーツにしても
  • 仕事にしても
  • 外国語の習得にしても
  • 副業、起業にしても

何にしても、『モノマネ上手』ってのは、まじで強いです。『強い』というのは、要領が良いとか、上手くやれる、とか、そんな言い方もできますが。何より、何か物事を達成するための最短の道のりを辿ろうと思ったら、モノマネ上手になるのが一番なんです。

スポーツにおいてもモノマネ上手が一番強い

僕は中学の頃から、なんだかんだ15年ほど剣道を続けています。大学時代の師範は、第1回世界チャンピオンになったスゴイ師匠。その師範がある日唐突にこう言いました。

「剣道はな、モノマネ上手が一番強いんじゃ」

と。

要は、なんでもかんでも0から作り出す必要はない、ということ。他の誰かが出している技や体の運びなどを見て「お、これやってみよう!」と思える技はたくさんありますよね。これ、スポーツやってる人なら誰でも共感できると思います。

  • 野球ならバットのスイングとか投球フォームとか。
  • サッカーだと蹴り脚の角度とか軸足の角度とか。
  • バスケだとシュートの打ち方とかパスの出すタイミングとか。

で、「俺は我流だから人のマネはしない!」というのも1つです。それで勝てるなら。それで美しいプレーができるなら。

だけど、0から技やテクを作り出すことのできる人なんて、ほんの一握りの天才だけ。日本、あるいは世界の頂点に立つ人だって、みんな何がしか人のマネをしたり、人にコツを教えてもらったりしてるわけです。

『モノマネから出発して、独創にまで伸びていくのが、我々日本人の優れた性質であり、逞しい能力でもあるのです。』

野口英世

まさに武道で言うところの『守破離』の精神です。ご存知の方も多いと思いますが、守破離とは、物事を習得し、自分のものに昇華させていく時の段階を踏んだ教え。

  • 『守』・・・徹底的に基本の教えを守る段階のこと。
  • 『破』・・・基本を破り、心技を発展させる段階のこと。
  • 『離』・・・1つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出す段階のこと。

モノマネをこの守破離に組み込むとしたら、まずは『守』の段階。師の教えを守るにせよ、他者のやり方を学ぶにせよ、とにかく基本に忠実に。

内容ではなく、本質をパクること

これって、やっぱりネットビジネスでもすごく大事なことだと思うんですよ。起業や副業って、ある意味「アイデア勝負」みたいに思ってた時期があったんですけど。

でもやればやるほど、「人のやり方パクッた方が簡単だし、結果出るの早いやん」って、気付いたのはネットビジネスやり始めて2年ぐらいが経ったころなんですけどね。笑

 

もちろん、1から10まで全部丸パクリはダメですよ?記事書くにしても、コピーコンテンツはGoogleにばれてペナルティくらうし、何より人のマネだけしていても何1つ楽しくないですから。だけど、本質の部分をパくるってのは本当に大事なこと。

  • ついつい読みたくなってしまう人のブログにはどんなことが書いてあるのか?
  • アクセスをガンガン集めている人はどんな記事を書いているのか?
  • 集めたアクセスをお金に変えるために、この人はどんな工夫をしているのか?

最終的には、

自分がマネしたい人ってのは、どういうビジネスを展開しているのか?

これを徹底的に分析し、よく観て、自分のやりやすいように展開していく。ってこと。

ネットビジネスにおいては、パクることはとっても大事。自分が迷った時の道しるべにもなりますしね。

よく、ネットビジネスでは早くメンター(指導者)を見つけろ。と言います。このメンターと言うのは、何も直に指導してくれる先生とは限りません。自分がマネの対象としている人も同じ。

  • ブログを書いている時
  • メルマガを書いている時
  • 読者とのやり取りをしている時

「あれ、俺って何がしたいんだっけ?」「どんなメッセージを伝えて、読者にどうなってもらいたいんだっけ?」

そう思った時、悩んだ時、行き詰った時・・・。そんな時に助けになってくれる人、それがメンターなんです。

自分がマネしたい人なら、こんな時どうするだろうか?これを考えるだけでも、謎にビジネス力がアップして壁を超えることもできますからね。

【最後に】早くネットビジネスで稼ぎたいならモノマネ上手になれ

まずは自分が「スゴイ!」と思う人、「この人みたいになりたい」と思う人を見つけること。そして、その人のやり方を徹底的に観察し、分析し、真似ること。

  • 文章の言い回し
  • 集客の方法
  • マネタイズのやり方
  • 雰囲気
  • キャラクター

どれでもいいので、真似るようにしていきましょう。何だったら、「あなたみたいになりたいです!」とファンレターを送ってみてもいいでしょう。

ネットでビジネスをやっている人なら、よっぽど変な(?)レターでもない限り返信してくれるでしょう。こんな風に言われたら誰だって嬉しいですからね。

そして、その自分が尊敬する人のやり方、本質をどんどんパクっていきましょう。遠慮はいりません。みんな、最初は誰かのやり方を真似しているんですから。

但し、くれぐれもですが、内容や文章の丸パクリはNGですよ!あまりにも丸パクリ過ぎると、先ほども言いましたがペナルティ食らう可能性がありますし、

何よりやってて楽しくないですしね。

ってことだけ念押しして、この辺で締めておきます。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ