【赤ちゃんの麦茶の飲ませ方】初めて飲む時に気をつけるべき3つのこと

赤ちゃん 麦茶
スポンサードリンク

こんばんは、おっくんです。

先日、うちの娘に初めて麦茶を飲ませてみました。

 

きっけは、ある夏の暑い日のこと。

 

母乳あげるの疲れたし、そろそろ麦茶デビューしない?

 

おっくん
良いね!

 

ってことで早速飲ませてみようとしましたが、うちの娘、麦茶をかなり嫌がります。

ちょっとでも飲ませようとすると「にが~~」という顔をし、ほとんど受け付けてくれませんでした。

 

最初は全く麦茶を飲まなかった娘でしたが、徐々に飲んでくれるように。

今ではゴクゴク飲んでくれます。

 

そこで今回は、初めて赤ちゃんに麦茶を飲ませる時のコツをご紹介しますね。

 

赤ちゃんに麦茶を飲ませるのはいつから?

 

実際、赤ちゃんに麦茶って、何ヶ月から飲ませていいのでしょうか?

結論を言うと、赤ちゃん用の麦茶や、3倍ぐらいに薄めた麦茶であれば、生後1ヶ月からでも飲ませて問題ないようです。

 

ただ、いきなり大人用の麦茶を飲ませるのはやめておきましょう。

味が濃いので赤ちゃんが苦手意識を持ってしまう可能性があります。

 

うちの子のように5ヶ月を過ぎても受け付けない子もいます。

様子を見ながら少しずつ慣れて行ってもらうしかなさそうですね。

 

大人用麦茶は飲ませてはいけない?

そもそも、僕には疑問がありました。

 

おっくん
ざわざ、ベビー用麦茶が販売しているぐらいだから、大人用麦茶は与えてはいけないのか?

 

というもの。

 

どうやら、そんなことはないみたいです。

赤ちゃん用麦茶は普通の麦茶の2~3倍薄められています。なので、普通の麦茶もそれぐらい薄めれば飲ませても問題ありません。

 

ただし、注意点がいくつかあります。

 

  1. 煮出し用麦茶を選ぶこと。
  2. しっかり薄めて与えること。
  3. 作ってから時間の経ったものは飲ませないこと。

 

赤ちゃんの体は大人に比べて遥かに敏感なため「同じものを」というわけにはどうやらいかないようです。

 

赤ちゃんに麦茶を飲ませる時の注意点

続いて、赤ちゃんに麦茶を飲ませる時に注意してほしい項目について。

 

①煮出し用麦茶を選ぶこと

赤ちゃんに生水を飲ませるのはよくありません。

麦茶には水出し用と煮出し用の2種類があります。

 

しかし、赤ちゃんに飲ませる時は煮出し用を選び、しっかりと熱湯を通して消毒されたものを飲ませましょう。

 

②麦茶はしっかり薄めて飲ませること

今まで母乳しか飲んだことのない赤ちゃんにしてみれば、いきなり麦茶はかなり苦味を感じます。

最初は2~4倍、薄く作って少しずつ慣らしていきましょう。

 

③作ってから時間の経った麦茶は飲ませないこと

目安は、作ってから24時間以内に飲ませるようにすることです。

時間が経つと細菌が増えるので、赤ちゃんにはできるだけ作ってから時間の経っていないものを飲ませましょう。

 

赤ちゃんに麦茶を飲ませるタイミングはいつ?

赤ちゃんの水分補給について、特に決まりはありません。

しかし、特に夏の暑い時期、極端に水分を増やしてしまうと、下痢になることもあるので要注意。

 

その点だけ注意していれば、喉が渇いたと思ったタイミングで飲ませてあげればいいでしょう。

目安としては

 

  • 寝起き
  • お風呂上がり
  • 外出からの帰宅後

 

などがいいかと。

 

最後に

緊張の赤ちゃんの麦茶デビュー。始めは慎重に、少しずつ量を増やして濃さも調節していきましょう。

また、麦茶は水分補給はできますが、栄養価は高くありません。

 

麦茶ばかりに依存してしまうことのないよう、気を付けてくださいね。

それでは今日はこの辺で!