ブログに書くことがないと悩むあなたにオススメの最強無料ツール

amway
スポンサードリンク

「ブログに書くことが何もない!」「いざブログを書き始めたのはいいものの、ある程度のところで手がストップしまう・・・。」

こんな経験は、ブログを運営している人なら誰にでもあることでしょう。特に、ブログを始めて間もないころ。

最初の10記事ぐらいは、「あれも、これも」と、勢いよく書けちゃうものです。ですが、15記事、20記事ぐらいまでいったところでぴたりと手が止まってしまう。

「書くネタがない」

っていう状態。シンプルかつ極めて重大な問題です。

あなたにも、そんな経験ありませんか?

安心してください。記事ネタ不足ってのは、ブログをやっている人なら誰でもぶち当たる壁。

そこで今回は、そんなブログの記事ネタが浮かばない時に最強の無料ツールをご紹介します。これを活用すれば、今後あなたが「ブログに書くことがない!」みたいなことがなくなりますよ。

最強の無料ツールYahoo!知恵袋(Q&Aサイト)を活用しよう

はい、結論から言います。記事ネタが思い浮かばない時の最強の無料ツールとは、『Yahoo!知恵袋』

『Yahoo!知恵袋』とはご存知、Yahoo! JAPANが運営する、掲示板上で参加者同士が知識や知恵を教え合うコミュニティサイト。あなたも、おそらく何か調べものをしていてたどり着いたことがあるでしょう。

では、なぜこの『Yahoo!知恵袋』が、記事ネタが浮かばない時の最強ツールであるといえるのでしょうか?それにはこんな理由があります。

人は『悩み』を解決したいから検索する

そもそもあなたはなぜ、記事ネタに困っているのですか?だって、今日あったことを3行で書けって言われたら、誰だって書けますよね?

  • 今日は朝起きて会社に行った。
  • 会社ではいつも通り仕事。
  • 晩ご飯は、カレー!!

目標が『記事を投稿する』これだけなら、究極この3行でもいいわけです。でも、あなたは『読者の為になる情報を発信してアクセスを集める』ことを目標にしているわけです。だから、こんなクソつまらん記事は書けない、そういうことですよね。

だから、『記事ネタが浮かばない』『考えれば考えるほどブログが書けない』そんな状態になってしまうわけです。

では、ここであなたに問います。

読者のためになる情報って、どんな情報ですか?それは他でもない。読者の悩みを解決する情報。これです。

読者のためになる情報とはつまり、一言で言ってしまうと『悩みを解決する情報』なんです。読者の悩みを解決するための情報を、できるだけ詳しくわかりやすく、かつオリジナリティを出して書く。

これを意識して記事を書くだけで、Googleから良質なブログと判断され、アクセスはどんどん上がっていきます。

人は悩むから検索するんです。あなたがグーグルの検索窓に文字を入れる時、どんな言葉を入力しますか?

  • 「アクセスアップ 方法」
  • 「記事ネタ 浮かばない」
  • 「ブログ 楽しくない」

『気になっていること』や、『今、悩んでいること』を調べますよね。例えば、今の僕の場合で考えてみます。

僕は現在、2歳の長女と0歳7ヶ月の次女の育児真っ最中。育児なんて初めてのことばかりで、未だにわからないことだらけ。そんな僕は

  • 「イヤイヤ期 いつまで」
  • 「保育園 手続き」
  • 「2歳児 おもちゃ」
  • 「卒乳 タイミング」

こんなことばかりを検索しているわけです。たぶん、僕の嫁もそう。これは他でもなく、『今現在僕が育児に悩みを持っている』あるいは、『育児について知りたいことがたくさんある』から。そして僕は、その悩みを解決したいから検索する。検索して見つかったサイトでその解決方法を知ればハッピー。ということ。

さて、では『調べる側』の気持ちがわかったら、今度は『書く側』の視点でこれを活用するのです。あなたが記事ネタにするべきことは何?悩みをリサーチし、その悩みを解決方法をわかりやすく書く。これだけです。

「世の中の人がどんな悩みを持っているのか?」というニーズをリサーチし、その解決方法を自分の言葉でわかりやすく書く。

ブログの記事執筆作業は、言ってしまえばこの作業の繰り返しなんです。そう考えたら、とても単純だと思いません?

我々は生きている限り、悩みはなくなりません。自分がターゲットとする人の悩みを知り、その解決方法をひたすらあなたのブログで発信していくんです。

こう考えたら、『記事ネタがない』、なんてことは一生なくなりますよね。

Yahoo!知恵袋を活用してブログ記事を書いていく方法

では、具体的にYahoo知恵袋を使用したブログの書き方をお教えしましょう。まずYahoo!知恵袋にアクセス。

例えば先ほどの例で、『イヤイヤ期』に関する世の中の悩みを探してみましょう。

すると、出てくる出てくる悩みの山。

これこそが、記事ネタに悩む僕らにとって、『最高の記事ネタ』になるわけです。「悩んでくれてありがとう。」世の中の悩める人たちに感謝。

Step1.知恵袋から『悩み』の内容を抜き出す

さて、まずはサンプルとして、タイトル部分から『悩み』を5つ抜き出してみましょう。(コピペでOK)

検索結果

  • 朝、服を着替えたくないから始まり、オムツ替えは全てイヤイヤと逃げ
  • よく子供のイヤイヤ期でストレスやノイローゼになるママはたくさんいる
  • イヤイヤ期がひどかった子はその後の学生生活も荒れたり勉強も出来ない子が割合多いのでしょうか?
  • イヤイヤ期がありません。イヤイヤ期はだいたい1歳半~3歳の間にくると言われていますが、
  • イヤイヤ期が始まった娘に、フォーマル服を着させる方法

どうでしょう、原文そのまま、悩みの部分をくり抜きました。そしてこの太字の部分、これこそが、世の中の人が悩んでいること。ここまでくれば、あなたのやるべきことはもうおわかりですよね?

そうこれらの悩みを解決するための記事を書いていく。ということです。

Step2『悩み』からタイトル案を考える

【記事タイトル案】

  • 『イヤイヤ期の子どもが服を着てくれない時に効果のある魔法の言葉』
  • 『イヤイヤ期でストレスがたまったあなたが実践すべき●つの方法』
  • 『イヤイヤ期がひどい子どもは、その後の学校生活にどのような影響を与えるの?』
  • 『【イヤイヤ期がない子どもっているの?】不安に押しつぶされそうなママへ』
  • 『イヤイヤ期真っ最中の子どものフォーマルな服を着させる方法』

どうでしょう?記事タイトル案があっさり5つできました。(サンプルなので適当です。あなたがタイトルを考える時は、しっかりと考えて作ってくださいね)

ここまでの作業時間、2分つまり、知恵袋を使えばたった2分で5つの記事タイトルができちゃうわけです。

Step3考えたタイトル案に沿ってひたすら記事を書いていく

あとは、この悩み、そして自分で決めたタイトルに沿う本文をひたすら書いていくだけ。↑の例では、1.と5.が被っているので、1つはボツになりそうです。また、「これは記事にはできないな」という悩みもたくさん存在します。ですが、たったこれだけの作業で記事ネタがどんどん浮かびあがってきます。

記事タイトルは100個先に作ってしまおう

慣れてくれば、最初に100個以上悩みを抜き出して、100個のタイトル案を考えておく。この方法をお勧めします。

最初に設計図を作ってしまえば、記事を更新していく途中で「あれ、これと同じようなこと以前にも書いたぞ?」というような重複がなくなりますからね。

まずはどんどん悩みをコピペ⇒そして記事を書く。この流れをつかんでしまえば、あなたが『記事ネタがない!』などと悩むことはなくなるはずです。

記事を書く際のポイント

さて、具体的に知恵袋を使用して記事を書いていく方法をお伝えしました。この方法であれば。1000文字とか1500文字ぐらいのボリュームであれば、1記事あたり15分ぐらいでかけちゃいます。

が、1つだけ気をつけてほしいことがあります。それは『悩みと解決方法を提示するだけではまだ不十分』ということ。

これはどういうことでしょうか?

例えば、あなたのブログを見に来る人は、少なからずあなたのブログに興味を持った人であると言えます。では、その人があなたのブログを見たあとに取る行動を考えてみてください。

  • 「あー、ためになった」とブラウザを閉じる。
  • 「お、この人のブログおもしろい。お気に入り登録してまた遊びに来よう」

どちらが良いですか?もちろん、後者ですよね。

で、「お気に入り登録しよう」と思わせるためには、読者を引きつけ、

  • 他の記事も読みたい!
  • 今後も継続してこのブログを読みたい!

と思わせるための一工夫が必要です。それこそが、『オリジナリティ』

では、どうすればそんなオリジナリティを出せるか?

それには例えば、

  • その悩みを解決するために、自分が経験した具体的な解決方法。
  • その悩み、解決方法に対しての自分の考えをしっかり書く。

こういったことを書く必要があります。

これが、『ただのお役立ちコピーコンテンツ』との差別化です。この差別化は、ブログを書いていく上で最も重要なポイント。この差別化ができなければ、いつまでたってもあなたのブログにアクセスは集まりません。

最後に

記事ネタが浮かばない時の対策、いかがでしたか?

  • 世の中の悩みを拾い上げる。
  • 悩みに対しての解決方法を書く。
  • 必ずオリジナリティを入れる。

こういったことを意識していれば、未来永劫あなたが記事ネタに困ることなどありません。さらに、あなたのブログへのアクセスがうなぎ上りに上がことも間違いなしでしょう。

「もう少し具体的に教えてほしい!」という場合は、一度ご連絡ください。頂いたコメントや質問に対しては100%返信するようにしています。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ