【1歳の赤ちゃんがノロウイルスに】症状、対策、病院へ行く目安は?

スポンサードリンク

滝のような下痢、止まらない嘔吐、気分もぐったり・・・そんな恐ろしいノロウイルスの症状。

大人でも、1度かかると二度とかかりたくない病気の1つですが、昨日、1歳半の娘がノロウイルスにかかってしまいました。

つい先週、RSウイルスにかかって、週末をはさんでやっと咳が治まってきたころなのに、、、なんて可哀そうな我が子よ。

RSウイルスは大人に感染するのか?主な症状、特徴、予防法のまとめ

2017.11.16

うちの次女は顔から性格から何まで僕に似ており、体の弱さまで遺伝してしまった模様。

ちなみに僕は、28歳にしてノロ、豚インフル、尿管結石、髄膜炎、腸炎、胃炎など、いろんな病気の経験者です。

ごめんよ、でも恨むなら、僕を産んだ両親やその両親を恨んでおくれ。一緒に頑張ろうや。

今回は、そんなノロウイルスの特徴赤ちゃんがかかった時の症状や、病院に連れて行くかどうかの目安についてまとめてみました。

ノロウイルスとは?

さて、ノロウイルスとは、主に胃腸炎を引き起こすウイルスのこと。

ノロウイルスは人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。従来は小型球形ウイルスと呼ばれていました。

主に11月から3月にかけて胃腸炎を起こします。少量のウイルス(100個以下)でも発症し、感染力のとても強いウイルス。

保育園や高齢者施設など集団生活の場では、感染がひろがり集団発生を引き起こしやすいといえます。

東京都福祉保健局HPより一部抜粋

ノロウイルス自体は季節を問わず発症の可能性があります。(実際に僕の友人で、真夏にやられてた人もいました)

しかし、特に感染の恐れが強くなるのが、秋から冬にかけて。大体、11月~2月ぐらいです。

その最大の原因は、冬場の空気の乾燥によるウイルスの拡散されやすくなること。

また、ノロウイルスの原因となる牡蠣が市場に出回ることも、原因の1つとされています。

赤ちゃんのノロウイルスの症状

赤ちゃんがノロウイルスに罹った時の症状は、主に3つ。

  • 激しい嘔吐
  • 激しい下痢
  • 発熱

但し、症状の種類は、そのウイルスの強さによります。

実際、今回うちの娘がかかったノロウイルスの症状は、ほぼ嘔吐のみでした。

熱もなく、下痢もしない。だけど、ひたすら食べた物や飲んだ水を吐きまくる。

なにがなんだかわからない状態で病院に連れていったら、ノロウイルスだった、というわけです。

赤ちゃんがノロウイルスかどうかの見分け方は?

ウイルスの強さによって症状が変わるため、ノロウイルスかどうかを見分けるのが難しいんですよね。

しかし、冬の時期であって、①嘔吐、②下痢、③発熱のどれかが見られ、かつその症状が激しいようでしたら、ノロウイルスの可能性があります。

1つの基準として、以下を参考にしてみてください。

  1. 食べた物、飲んだ物をほとんど嘔吐で吐き出してしまう。
  2. 1日中ぐったりしている。
  3. 37~38度の発熱が続く。
  4. 下痢を繰り返す。

特に嘔吐が激しいのがノロウイルスの特徴。

食べた物を勢いよく全部吐き出してしまうようなら、ノロウイルスの可能性が高いです。

赤ちゃんをノロウイルスから予防する方法は?

ノロウイルスにはワクチンがないため、インフルエンザのように未然に予防接種をすることができません。

感染を防ぐためには、普段から手洗いをしっかりし、消毒しておくこと。

また、食器やタオルなど、粘膜が付着するようなものの共有を避けることです。

 

とはいっても、どれだけ頑張っても感染する可能性をゼロにすることはできません。

保育園に行っているお子さんなら、園で集団感染に巻き込まれる可能性がありますからね。

では、赤ちゃんがノロウイルスにかかってしまった時はどうすればいいのでしょうか?

赤ちゃんがノロウイルスにかかった時は?

赤ちゃんがノロウイルスにかかってしまった時は、以下の3つの対処がオススメです。

  1. 病院で点滴を打ってもらう。
  2. 脱水症状に注意する。
  3. 安静にする。

1.点滴を打ってもらう

大人であっても子どもであっても、ノロウイルスには点滴が一番。(これは、自分も娘も経験済です。)

ウイルスの働きがピークになると意識も遠のくようなしんどさですが、点滴を打ってもらってしばらくすると、驚くほどスッキリするんですよね。

とにもかくにも病院で点滴を打ってもらうのが一番です。

2.脱水症状に注意する

とは言え、点滴を打ってもらってもすぐによくなるわけではありません。

特に下痢や嘔吐で体中の水分が抜けきっていると思うので、こまめに水分補給してあげることが大事。

但し、1つ注意点があります。

それは、過剰に水分を摂らせてしまうと、また嘔吐する可能性が高くなる、ということ。

 

赤ちゃんは水分を欲するでしょうが、一気に与えすぎるのはよくありません。

特にまだ下痢や嘔吐が完全に治りきっていない間は、コップの5分の1ぐらいを、数十分ごとに与えるぐらいにしましょう。

3.安静にする

やることをやったら、あとは安静に。

両親や兄弟への感染を防ぐために、食器やタオルは絶対に共有しないこと。

また、手をこまめに消毒しましょう。

ノロウイルスは強いウイルスなので、アルコール消毒は効果がありません。

特に嘔吐物を拭いた後の床などは、必ず塩素系漂白剤で消毒するようにしてくださいね。

赤ちゃんを病院に連れて行くべきタイミングは?

赤ちゃんを病院に連れて行くタイミングというのは、いつも迷うものですよね。

病院で余計なウイルスをもらわないか心配な反面、あまりに放置し過ぎて手遅れになっても嫌ですし・・・。

ノロウイルスの可能性がある場合、症状があまりに激しくないようなら、1日家で様子を見るのがいいですね。

 

以下を参考にしてもらい、症状に当てはまるようなら一度病院に連れて行きましょう。

  1. 短時間に何回も嘔吐を繰り返す。
  2. 水も食べ物も受け付けようとしない。
  3. お腹を抑えて痛がっている。

 

うちの場合は、朝から嘔吐が何度かあったのと、1日ぐったりしていた、という症状がありました。ただ、発熱もなく、下痢も全くしていなかったので、家で1日様子を見ていたんです。

しかし、夕方ごろにあまりに激しい嘔吐で息が詰まりかけ・・・。そのため、すぐさま病院に向かったわけです。結果、ノロウイルスと診断されました。

病院に行くときに持参した方がいいもの

ちなみに、病院に行くときは以下を忘れないようにしましょう。

  • 替えのオムツ(2~3枚)
  • 替えの着替え
  • ビニール袋
  • ティッシュ
  • タオル1~2枚
  • マスク

便が出ない場合、病院で浣腸をしてもらうケースがあります。その時のためにオムツの替えは必要です。

また、そのまま入院となる可能性もあるため、着替えも忘れずに。

うちはオムツを忘れたため、病院のオムツを買わされ(1枚100円!)、嫁が「高ぇっ!」とブチ切れてました。笑

 

最後に~普段からの予防が大事

赤ちゃんも家族も、しんどい思いはしたくないですよね。

当たり前ですが、健康が一番。そのためには、予防が必須。

普段から手を石鹸でしっかりと洗い、できるだけ食器とタオルの共有はしないことです。

 

というのも、風邪に代表されるウイルス類は、そのほとんどが粘膜を伝って感染します。(空気感染はなかなかしないもの)

そのため、唾液や鼻水など、粘膜の接触を極力避けることで、ウイルスに対策することができます。

それでも、もしもノロウイルスの疑いがあるようでしたら、早めに病院に連れて行きましょうね。

それでは。

 


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ