【初めてのブログの書き方】面白いブログ記事に共通する3つのこと

おもしろいブログ
スポンサードリンク

面白いブログを書きたい!

というのは、ブログを書いている人であれば誰でも思うことでしょう。

僕自身も、できる限り読者が飽きないように、最後まで読んでくれるようにスコスコと記事を書きまくっています。で、見る側としても、毎日電車の移動時間や空き時間などにいろんなブログを見ています。

そんな時、「ああ、このブログむっちゃ面白いなー」と思うブログもあれば、「なんじゃこのブログ、くそつまんねーなー」と言って2秒で閉じるブログもあります。

今日は、どんなブログが面白いブログのか面白と言えるのか?面白いブログに共通していることは何なのか?ということを3つにまとめてお伝えします。

面白いというのは、=笑いではない

その前に、『面白い』という言葉の定義について。面白いというのは、笑いではありません。

僕らブログを書く人間は芸人ではないので、相手を笑わせる必要ないわけです。

例えばあなたは今まで見た映画や小説、テレビ、ドラマなどで面白かったと思える作品はあるでしょうか?まぁ、あるでしょうね。(ちなみに僕のオススメは『レナードの朝』)

で、その面白い映画や小説に共通していたことなんでしょうか?少し考えてみてください。

  • なぜあの映画は面白かったのか?
  • なぜあの小説はこんなに自分の印象に残っているのか?

それは

  • 共感
  • 感動
  • 心に刺さった

この3つのどれかがあったからじゃないでしょうか

『面白い』と言える記事にある特徴その1:共感

人は『共感』の生き物です。たまたま見つけたブログ記事で、「ああ~自分とおんなじだな」と思ったブログをけっこう好きになったりするもの。

えばこんな2つの文章があったとしましょう。

A:僕の懐には、毎月100万円の不労所得入ってきます。でも毎晩六本木で散財しているので、一切貯金はありません!そんな日々を送っていた僕は、いつの間にかその不労所得を失い、今度は借金1億円を抱える羽目になってしまいました。ああ辛い。

B:僕は月収20万円のサラリーマン。いつも小遣い3万円で頑張っているけれども、今月はボーナスが入ったので家族を連れて少し高めの寿司を食べに行きました!妻も、娘たちもすごく喜んでくれた。僕も嬉しい。来月からもっと頑張らなければな!

率直に言って、どっちの方がおもしろいと思えましたか?おそらくBじゃないかと思うんです。文章自体はただの日記みたいなもんですが、この2つの文章の最も大きな違い。

それこそが『共感できるかどうか?』なんですね。『面白い』と思える話の要素の1つに、『共感できる』という部分が存在することを忘れないようにしてください。

話のネタに共感できるかどうかは、面白い話をする上で極めて重要なのです。

あなたにとってむちゃくちゃ面白いことだったとしても、聞き手の考え方と大きく違う考え方や行動であれば、相手はおもしろいと思いませんからね。

『面白い』と言える記事にある特徴その2:感動

人は感動したい生き物です。『涙活』という言葉が一時期流行りましたが、人は誰かのストーリーや話を聞いて、

「すげー!」と、思わず唸ってしまうような感動する物語を求めています。長く愛される映画や小説にはやはり、感動のシーンや言葉が詰まっていることが多いのはそのためです。

『面白い』と言える記事にある特徴その3:心に刺さる

面白いブログ記事を読んで

  • ズバッと心に刺さる一言を見た。
  • 衝撃をうけた名言を読んだ。

そんな経験はありませんか?この『心に刺さる言葉』というのは、なんとなくテキトーに書いた記事からはなかなか生まれません。

あなたが魂を込めて心の底から叫びだすように搾り出した声、それこそが相手の心にズバッと突き刺さるのです。

そのためにはあなた自身が読者の立場になり、「読み手がどう思うか?」をしっかりと考えて記事を作っていく必要があるということです。

最後に

面白いブログに共通する3つのポイント、

  • 共感
  • 感動
  • 心に刺さるかどう

ブログを書いて読者を集め、読者に行動を起こさせるためには、こういったポイントを外さないようにブログを書いていくことが大切なんですよね。

今日は以上。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ