赤ちゃんの散歩の時間帯はいつがベスト?外出時の必携アイテムもご紹介

0806 初めて お出かけ
スポンサードリンク

「赤ちゃん誕生から早1ヶ月、そろそろ初めての外出をさせたい。」

そう考えるママのあなた。

 

  • 日焼け対策はどこまで必要?
  • どこまで行っていいの?
  • 何分ぐらい外出していいの?

 

そんな風に悩まれているのではないでしょうか?

 

1ヶ月が経ったとはいえ、まだまだ新生児。体も小さいし、お肌も弱いです。

そこで、今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて外出する際のポイントをご紹介。

初めてのお出かけをしっかりした準備で迎えましょう。

 

赤ちゃんの散歩にオススメの時間帯は?

まずは、外出の時間帯を決めましょう。

季節によって最適の時間帯は異なるので、注意してくださいね。

 

基本は、明るくて、快適な時間に連れ出すようにしてください。

 

  • 春・秋であれば、夕方ごろ
  • 夏であれば、朝早くか、夕方の日が沈みかける時間
  • 冬は、昼過ぎの温かい時間

 

特に、日差しには要注意です。

赤ちゃんの肌はまだまだ紫外線に弱く、少しの時間日光に当るだけでもダメージを負います。

 

涼しい春や秋でも、意外に紫外線は強いもの。お出かけの際には、

  • 直射日光を避けて歩く。
  • 帽子をかぶせる。
  • ママが日傘を差す。

 

などの工夫をするようにしましょう。

 

はじめての外出は、どれぐらいの時間可能?

外出時間については、はじめての場合5分以内にとどめておきましょう。

家の周りをぐるりと1周するぐらいでちょうどいいです。

 

なんだったら、ベランダに出て5分程外を眺めるだけでも十分。

そして、慣れてきたら5分ずつ、外出の時間を長くするようにしていけばOKです。

首がすわる3ヶ月ごろまでは、長くても1時間以内の外出にとどめるのがベターですよ。

 

赤ちゃんの初めての散歩に気を付けるべきポイント

初めての外出時に気を付ける時間帯、外出時間を見てきました。では、どういう点に気を付けて赤ちゃんを外に連れ出せばいいのか?

①安全が第一

とにかく、安全第一です。当たり前ですが。

初めての外出、抱っこひもなんかの場合、慣れるまでは結構大変です。

 

特に足元や、後ろから近づいてくる静かな車なんかには注意が必要ですよね。

意外と赤ちゃんばかり見ていて下や後ろへの注意が逸れがちなんです。

 

僕も、慣れるまでは本当に苦労しました。どこを見たらいいかわからなくなっちゃうんですよね。

抱っこひもに手を添えて、ゆっくり回りを見渡しながら歩くようにしましょう。

 

②無理に外出しなくてもいい

  • 生後1ヶ月を過ぎたから散歩に連れて行かなきゃ
  • 毎日決まった時間に歩かなきゃ

こんな風に歩くことを強制化するのはよくありません。

産後ママはまだまだ体調が戻らない日が続きます。

 

赤ちゃんにだって、機嫌の良い日、悪い日があります。完璧なストイックママになる必要はありません。

ストレスを発散させるために、外出するのです。

決して、外出すること自体がママや赤ちゃんのストレスになってしまってはダメですよ。

 

  • 今日は暑そうだな。
  • 雨が降りそうだな。
  • 赤ちゃんの機嫌が悪いな。

 

こんな時は、休んでOK。

無理に外出しようと思わないことが大事ですよ。

 

 

赤ちゃん連れで外出する時に持っておきたい持ち物

生後1ヶ月なら、5分~長くても30分程度の外出にとどめておくのがベター。

ですが、慣れてきて少し遠目に出るなら、持ち物はしっかり準備しておきましょう。

 

赤ちゃんとの散歩に必携のアイテム

  • 授乳ケープ(母乳の場合)
  • ミルクセット(哺乳瓶、粉ミルク、お湯)(ミルクの場合)
  • おむつ、おしりふき
  • バスタオル
  • 着替え
  • 母子手帳、健康保険証、診察券
  • 抱っこひも
  • ゴミ袋(ビニール袋)

赤ちゃんが外出時にとる行動は、ざっくり2つ。

それは、「寝る」か、「ぐずる」です。(体験済)

 

なぜかぐーーっすり眠ってくれる時もあれば、ずーーっと泣き続ける場合もあります。

なんでですかね?これは、一生わからないです。そういうもんです。

 

持ち物は準備してもし過ぎることはありません。

常に常備してバッグに入れておくようにしましょう。

また、ママの服装についても、マタニティウェアを着ていると便利です。

 

  • 外出先でも授乳しやすい。
  • 動きやすい。
  • ママの体への負担が少ない。

 

など、メリットがたくさんあります。

「マタニティウェアってどこで買えばいいの?」と悩むあなたは、こちらの記事をご参照ください。

赤ちゃんがいる家庭にこそウォーターサーバーを設置すべき理由

2016.07.24

 

赤ちゃんを連れて散歩することのメリット

外出、お外の散歩をすることでママにも赤ちゃんにもメリットがあります。

まずは、心身のリフレッシュ。毎日部屋の中にいたら、頭も体も疲れてしまいます。

気分転換にちょっとしたお散歩は最適なのです。

 

  • 「花が咲いてるね」
  • 「ワンワンがいるね」

 

など、ちょっとした赤ちゃんへの声掛けも自然に進みます。

また、赤ちゃん自身にとっても

 

  • 皮膚や呼吸器に抵抗力がつく。
  • 日光を浴びて体内時計の形成がされる。
  • 夜泣きや寝ぐずり、昼夜逆転の防止に役立つ。

 

など、メリットがたくさんあります。

外出を楽しみ、心身のリフレッシュを楽しみましょう。

 

最後に

初めてのお出かけ・お散歩は想像以上に緊張します。それでいて、すごく楽しいもの。

今まで外の世界を知らなかった赤ちゃんが、初めて外に触れる機会ですからね。

 

実際に行ってみると、外の空気や風が気持ち良かったり、ご近所さんに話しかけられたり。

結構楽しいもんです。是非、初めての外出を楽しい想い出にしましょう。