【音声認識メールクラウド】音声入力でブログを書くのに最強のアプリ

house
スポンサードリンク

あなたはブログ記事を書くのに、音声入力ツールを利用したことがあるでしょうか?

  • え、記事ってパソコンで書くものじゃないの?
  • 知っているけど、使い勝手が悪そうだから使ったことない。
  • そもそも音声入力で記事なんて書けるの?

もしかしたらこんな疑問を持つかもしれません。

そこで今回は、僕がお勧めする最も使いやすい音声入力ツールをご紹介します。今までパソコンで文字を打っていた人も、もしかしたら音声入力で記事を書くと、そのスピードは3倍とか5倍とかに早くなるかもしれません。

僕と音声入力の出会い

僕は今、ブログ記事をほとんど音声入力で書いています。

正確に言うと、記事の下書きをほとんど音声入力で済ませています。なぜなら、キーボードをカタカタ打つよりも圧倒的に楽だから。そもそも、もともと音声入力なんて全く興味がなかったんですけどもね。

  • 記事を書くときに行き詰まる。
  • タイピングが遅くてしんどい。
  • 書くよりも話す方が得意。

ということもあったので、その時初めて音声入力ツールを試したわけなんです。

音声入力ツールを使ってみた結果

で、初めて音声入力ツールを使ってみたんです。色々なサイトを見て「これかな?」と決めたのが、『音声認識メールクラウド』。

結論を言うと、もうーーすごい楽まず記事の執筆が格段に速くなりました。

それまでであれば、2,000文字くらいの道を書くのにかかった時間は2時間から3時間。長い時で4時間~5時間ぐらい平気でかかってしまうという。。。

でも今、音声入力であればスラスラと話している文章がそのまま文字になっているので、20分で3,000文字くらいの記事は書けちゃいます

ただし、まだまだ音声認識の認識率は100%ではありません。そのまま投稿できるような記事ではなく、あくまで下書きというような状況。

しかし、8割方完成した記事に改行を入れたり文字を強調したり、情報を付け加えたりするだけで済むので、パソコンでする作業が格段に減りました。

音声入力にはデメリットもある

で、この音声入力。デメリットももちろんあります。残念ながら、まだその識字率は100%には及びません。

「自分の頭に思い浮かんでいる文章の構成が音声入力だけでそのまま達成できる」ということは基本的にありえません。(これは僕の滑舌の問題かもしれませんけど)

しかし、下書きを書くにおいては抜群に効果を発揮するのがこの音声入力。2000文字ぐらいのそこそこ長い記事でも、15分~20分もあれば8割ぐらいは音声入力で完成しちゃいます。

なぜ『音声認識メールクラウド』をオススメするのか

では、なぜ僕が他の音声入力アプリではなく、音声認識メールクラウドをオススメするのか?今回はそのおすすめポイントを3つご紹介します。

入力する音声の制限時間がない

まず1つ目、時間の制約がないというのが1つのポイント。iPhoneのSiriであれば、一度に音声入力できるのは40秒まで。有名なDragon Dictationでも1分までです。

この点、音声認識メールクラウドなら好きなだけ話し続けることが可能。

始めと終わりにボタンを押すだけ。その間は何もしなくても、5分でも10分でも話した音声がそのまま文字として入力され続けます。(iPhone自体の画面が消えてしまうと、そこでストップしてしまうので注意してください)

単語登録ができる

他にも音声入力のアプリはいくつかありますが、おそらく単語登録ができるのはこのアプリだけではないでしょうか。

htmlタグ、リストタグ、絵文字も登録可能。地味ですが、この威力はすごいです。長い文章やよく使う単語は、iPhoneの単語登録のように音声入力の中でも登録が可能なんですね。

入力中に文字数がわかる

ブログ記事を書いているのなら、この機能はありがたいですよね。

「今、何文字ぐらい書いた(読んだ)だろう?」と思ったとき、右上の部分でいつでも確認が可能。この機能がついているのも、音声認識メールクラウドならではの特徴でしょう。

結論

結論として、ブログに音声入力を活用することは、かなり効率的にブログを書くことにつながります。

特に

  • 文章を書くのが苦手。
  • パソコンでキーボードを打つのが遅い。
  • スマホで記事を更新したい。

という人にお勧めのこのアプリ。有料で120円ですが、缶コーヒーと同じ値段で買えると思えばクッソ安いです。

何よりこれだけの機能がついてこの値段ですからね。

あなたも、一度試してみてはいかがでしょうか?


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ