このブログで伝えたいこと

理念

「共働き家庭の子育てがもっと楽になるように」

そんな思いの元、僕はこのブログを運営しています。

 

現在、僕と妻は、3歳と2歳の娘の子育てをしながら、お互いにフルタイムで働いています。

 

おっくん
共働きで苦労している人に、もっと幸せになってほしい。

 

そんなことを考えながら、日々このブログを書き連ねています。

 

「子育てとか楽勝やろ」と思っていた独身時代

初めまして!まずは当ブログにお越し頂き、ありがとうございます。

運営者のおっくんと言います。詳しいプロフィールはこちら

 

冒頭にも書きましたが、「共働き家庭の子育てをもっと楽に、楽しく」するために、日々ブログを書いています。

 

 

かく言う僕は、独身時代は、

 

おっくん
子育てとか、楽勝やろ。誰でもできるやろ。

 

と、完全にナメた意見を持っていました。

なぜなら、身近に子育てで苦労している人を知らなかったからです。

 

確かに、漠然と『子育ては大変』という言葉を聞いたことはありました。

しかし、その大変さがどのようなものか、自分が経験したことがなくてわからなかったのです。

 

だけど自分が子どもを授かってみて、初めて育児と子育ての大変さに気づきました。

そしてさらに、夫婦2人で仕事をしながら子育てをすることが、いかに無理ゲーであるかと言うことを知ったのです。

 

おっくん
やべぇ。仕事しながら子育てするの、マジキツイ。

 

いつからか、僕達夫婦は疲弊していったんですよね。

 

下の子が産まれてから、もう1年以上が経ちます。

 

  • 日々死にかけてます。
  • しんどすぎて20時に寝る日もあります。
  • そしてまた5時に起きます。

 

今は僕も嫁も時短勤務を選択しておらず、2人ともフルタイムで勤務しているんですね。

だから仕事と子育ての両立に日々ひぃひぃ言うてるわけです。

 

保育園が始まって1ヶ月で疲弊した僕たち

嫁が育休を終え、仕事に復帰したのは2017年の4月でした。

つまり、そこから共働きで、年子の娘たちを保育園に預ける生活が始まったんですよね。

 

で、最初の1ヶ月を過ごしてみて・・・

 

夫婦揃って疲弊しました。

 

おっくん
この生活スタイル続けてたら、体が持たん・・・

 

って、何度思ったことか。

 

共働き夫婦の1日のスケジュール

  • 朝ごはんを作り
  • 朝ごはんを食べさせ
  • 洗濯物を干し
  • 登園準備をし
  • 子どもたちを保育園に送り
  • 日中フルタイムで仕事をし
  • 保育園までお迎えに行き
  • 晩御飯を作り、食べさせ
  • お風呂に入れ
  • 寝かしつけ
  • 連絡ノートを書く。

 

こんな生活が、毎日続くわけです。

 

更に、仕事中は保育園からの「熱が出たので迎えに来てください。」の恐怖の電話に冷や冷やしながら働くのです。

毎日鬼のように忙しい日々で、慣れない頃は「マジで死ぬ」と思いましたね。

 

しかもこれらに加えて、しょっちゅう謎のウイルスを連れて帰ってくるチビたち。

子どもの風邪とかうつされたら、10日間とか治らないこともありますからね・・・。

 

嫁は頭がおかしくなって実家に帰ろうとしたことがあります。

僕もキレてテレビを壊してしまったことがあります。(後で嫁にキレられました)

 

で、ふと疑問に思ったんですよね。

なんで僕ら、念願の子どもを授かって、自分で選んだ仕事をしているのに、こんなにしんどいの?と。

 

結婚、子育て、仕事…全部自分たちが望んだことなのに

fe1e36a96b6773ba53c79b8f86b05da5_s

結婚も出産も、育児も子育ても、とても幸せなことですよね。

なのに、

 

おっくん
なぜ、毎日こんなに苦しい思いをしなきゃなんねーんだ?

 

って、ふと思ったわけです。

 

周りはみんな言います。

 

「育児って大変なことだよ。でも、期間限定だから今だけガマンしなさいよ」

 

と。

 

それはもちろんわかりますよ。

いつまでも子どもたちが1歳児や2歳児のまま止まっているなんてことはないですからね。

 

「大変だけど、充実している。」この感覚はあるんです。

ですが、だけどなんとなくそれだけじゃない息苦しさを感じていたんです。違和感というかなんというか。

 

24時間のうち、自分の時間は何時間あるのか?

1日24時間ある中で、自分のためだけに使える時間って、どれぐらいあるでしょうか?

独身時代は、それこそ全て自分の時間でした。24時間365日全て、です。

 

だけど、結婚して、子どもが産まれると、生活は驚くほど変わりますよね。自分の時間が圧倒的に少なくなる。

 

で、経験者ならわかると思うんですが、これってけっこうなストレスなんですよね。

だけど、これも期間限定のものと思えば、耐えられます。

 

確かに子どもや家族の予定で、自分の趣味の時間や仕事の時間が奪われるのは、当たり前のことだと思っています。

だけど、それ以上に何か、息苦しさを感じていたんです。

 

僕がぶっ壊したい3つのこと

そんな僕には、ぶっ壊したいものが3つあります。

 

①「育児が仕事の足かせになる」という認識

それは、世間一般にとらえられている育児や子育てに関することです。

 

正直、仕事と子育ての両立には、相当なエネルギーがいります。

だけど、会社で

「育児をすることが仕事の足かせになる」

とか

「育児しなきゃならない社員には大きいプロジェクトは任せられない」

 

みたいに思われているのが、我慢ならないんです。

 

もちろん、本当の意味での女性活躍や多様な働き方が進んでいる会社もたくさんあります。

ただ、僕が勤めていた会社では、育児や子育て、介護などに対する理解があまりにも遅い。

 

みんな口では言います。

 

育児しながら仕事って、大変だねー。

 

と。

しかし、先日うちの会社のとある部長が言っていました。

 

部長
大変かなんかしらんけど、会社にとっては正直迷惑なんよなぁ

 

と。

まぁ、それが企業の本音なわけです。

そりゃ、会社にとっては、家庭を放棄して仕事に専念してくれる人の方が扱いやすいでしょう。

それはわかりますけど。

 

だけど、もっと保育園の数が増えて、病児保育も充実すれば、より子育て世代が働きやすい世の中になると思うんです。

加えて、周囲の理解も必要ですが。

 

②「家事・子育ては女性がするもの」という認識

日本には未だに「家事・子育ては女性がするもの」という認識が強いです。

『イクメン』、『カジメン』、或いは『家族サービス』なんて言葉が普通に使われているのも、そのせいでしょう。

 

あと、「愛妻弁当」ってあるのに、「愛夫弁当」はないですよね。

僕が弁当を持って会社に行くと、いつも「奥さん優しいね~いつも弁当作ってくれるの?」と言われます。

 

で、いつも疑問に思う訳です。

 

おっくん
なんで女性が弁当作るものって決めつけてるの?頭おかしいの?

 

と。

 

別に弁当作るのなんて、性差ないじゃないですか。

もうそんな「これは女性がやって当たり前」みたいな常識も、どんどんなくなっていけばいいと思うんですよ。

 

少しずつ、日本もジェンダーレスな社会になりつつあります。

体と心の姓が異なることをカミングアウトしている人も増えています。

 

ピンクな好きな男子がいたっていい。黒のランドセルを背負う女の子がいたっていい。

「男はこうあるべし」「女はこうあるべし」そんな古臭い性差、早く無くしたい。マジで。

 

③「子どもが生まれたら、仕事の質を落とすのは女性」という認識。

もう1つ。

「子どもが産まれると、仕事の質を落とすのは、ママ?それともパパ?」

こんな質問をすると、たいていの家庭では「ママ」という答えが返ってくることでしょう。

実際、旦那さんが育児に理解のある人だったとしても、時短勤務やフレックスをしているのは、ほとんどが女性じゃないでしょうか。

 

2017年、21世紀が始まって早くも20年近くが経った今でも、「自分はワンオペ育児をしている」と認識している人は6割以上もいます。

(※ワンオペ…育児や家事を一人で背負っている状態)

 

【出典:日経DUAL 「ワンオペ変えたいけれど、変わらないと思う」7割

 

このアンケートの回答者の95.5%が女性であったことから、6割以上というのは、ほぼ全てママさんだと思って間違いないでしょう。

 

では、現代の仕事において、必要とされているのは男性ばかりでしょうか?

 

確かに昔の高度成長期なんかは、体力や筋力が重視される仕事が多かったのかもしれません。

その場合、体つきなどから、比較的女性よりも男性の方が優れているでしょう。

 

しかし、今はそんな時代ではありません。

 

特にホワイトカラーの職などは、男性だろうが女性だろうが関係ない話。

また、緻密な進捗管理や細やかな顧客へのケアなどは、男性より女性の方が向いているとも言われています。

 

では、家庭ではどうでしょうか?

果たしてパパよりも、ママの方が家事・育児に向いているのでしょうか?

 

僕にはそうは思えません。

 

実際に2人の子育てをしていて思いましたが、子育てには筋肉と体力が必要です。

これ、割とマジで言ってます。

 

3歳と2歳の娘の体重を両方合わせると、約20キロです。

2人抱えて移動しようと思ったら、20キロ以上の重りをつけて歩いているのとおんなじですよ。

 

おっくん
筋肉、いるっしょ!!

 

『妊娠』・『出産』・『授乳』

この3つ以外は、女性じゃなくてもできること。

いやむしろ、子育ては男性の方が適性あるんじゃないでしょうか?

 

 

そんな時代になぜ、未だに

「子どもが産まれたら仕事の質を落とすのは女性」

未だにこんなこと言ってんでしょうかね。

 

幸せな子育てのために必要な物って?

d6acbc5f31ebd13a2a4f94da74763562_s

話が逸れましたが、僕にはこのブログを通じて達成したい夢があります。それが冒頭に書いたこれ、

 

「共働き家庭の子育てがもっと楽になるように」

 

そして

 

「共働き家庭のパパ・ママがもっと幸せに生きられるように」

 

これを目指しています。

 

では、幸せな子育てのために必要なことって何でしょうか?

 

まずは

  1. 時間
  2. お金
  3. 周囲の理解

 

これらが必要です。このうち、3は、今すぐに変わるものではありません。

だから、自分たちがもっと幸せに、楽しく子育てをしようとしたら、まずは1の時間と、2のお金の問題を解決すればいいわけです。

 

とは言え、「時間がない」「お金がない」これらの悩みを解決するのは、そう簡単ではないですよね。

だけど、なんぼでも方法はあります。

 

  • スキルを身につけて、柔軟に働ける会社へ就職する。
  • 給料の高い会社に就職する。
  • 自分の力でお金を稼ぐ力を身に着けて、会社に雇われない働き方を目指す。
  • 家事代行を利用して家事の時間を減らす。
  • 職場の近くに引っ越して、日々の通勤時間を短縮する。

 

などなど。

転職や副業、起業など、働き方を変えるだけでも、幸せに近づくことができるのです。

 

今、あなたが悩んでいることは何ですか?

 

  • 時間がない。
  • 仕事に満足できない。
  • 満足のいく子育てができていない
  • 家事が疎かになってしまっている。

 

お金で100%解決できるかどうかはわかりませんが、お金があれば、そのほとんどの悩みは改善できるでしょう。

 

実際、お金と時間の不自由から解放されると、色々なメリットが見えてきます。

キレイごと抜きに言うと、お金は、大事。ってことです。

 

 

共働きで子育てをしている人たちを少しでも幸せにしたい

ce66ce1c15972646b666f633d2dab4d1_s

繰り返しになりますが、僕は日本の共働き育児をもっと楽しく、楽にしたい。

そして、日本を世界一子育てのしやすい国に変えていきたい。

 

大げさですが、そのために微力ながらこのブログで情報を発信し、少しでも同じ悩みを持つ人の助けになれば、と思っています。

 

長くなりましたが、このブログのコンセプトを書いておきました。ここまで読んでくださってありがとうございます。

どぞよろしく。