【赤ちゃんとの雨の日の過ごし方】退屈な時間を乗り切る3つの方法

160702 赤ちゃん 室内
スポンサードリンク

梅雨の中休み。ここ2,3日はいい天気が続いています。最近は、暑い日々が続いて夏に近づいてきているという感じがしますね。しかし、特にこの梅雨の時期に赤ちゃんと室内にいると、いつも思うのです。

「雨の日って赤ちゃんと何をして時間を過ごせばいいの?」と。

雨の日は気分転換に外に出るのが大変。自分1人なら傘をさせばいいのですが、子どもを連れて外に出るとなると、ベビーカーもかなり武装した状態にしなければなりませんからね。それだけでかなり疲れるもの。

かといって1日中家にいてもストレスや疲れが溜まる一方。

  • いつもならお散歩で機嫌よくなってくれるのに
  • 1日中家にいると人とも話せなくてつらい
  • 何も予定が無く家で過ごす1日はとんでもなく長く感じる。

そんな時は赤ちゃんとの雨の日の過ごし方に一工夫してみましょう。長い1日も、少しの工夫で気がまぎれることがありますよ。

梅雨の時期だからこそ、赤ちゃんと楽しく過ごすコツを覚え、ストレスを軽減しましょう。

雨の日に赤ちゃんと外出するときにストレスが溜まらなくなるコツ

その前に、雨の日について。雨の日はムリに外出する必要はありません。

しかし、仕事や病院、買い物など、忙しいあなたにとっては、そんなことを言ってられないこともあるでしょう。ここでは雨の日の赤ちゃん連れの外出のコツをご紹介します。

雨の外出時の持ち物

まずは持ち物。雨の日の赤ちゃんとのおでかけに重宝するアイテムやグッズなどは、知らなきゃ損ですよ。

レインカバー

ベビーカーで外出するなら、レインカバーはかなり便利。ベビーカーそのものをすっぽり覆ってくれるので、赤ちゃんが雨で濡れるのを防ぐことができます。ベビーカーを買う際は、セットで1つは持っておきたいところ。

しかしこのレインカバー…

めちゃくちゃめんどい。。。のです。ベビーカーにセットするだけで、一苦労。

また、せっかくつけて出かけたとしても、目的地に到着したら外して置いとかなきゃならないし、用事を終えて帰る時にもまた装着が大変、そして帰ったら洗って乾かさなきゃならない。

とにかく、面倒なんですよね~。だから、個人的にはあまり好きではありません。

そんな僕は、できるだけ雨の日は抱っこひもを使用するようにしています。

抱っこひも

育児関連のアイテムの中でも、僕は抱っこひも最強だと思っています。もちろん、雨の日の外出にも、相当役に立ちますからね。

赤ちゃんが僕らの体にぴったりひっついているので、ほぼぬれません。また、両手が空くので傘を持つのも簡単。

雨の日は外出はできるだけ近距離に済ませ、抱っこひもで出かけるのがベストですかね。

赤ちゃんとの室内での過ごし方

さて、今回の本題。

「雨の日に外出できないので、1日家にいるのがつらい…」

この記事を開いてくれたあなたは、きっとこういう風に悩んでいるはず。ここからは赤ちゃんとの室内での過ごし方を書いておきますね。

おもちゃ・室内遊び

「おもちゃは買うものではなく、作るもの」赤ちゃんって、なぜか奮発して買った高いおもちゃに興味を示さないもので。それでいて、なぜかスーパーの袋や新聞紙、ティッシュなどに興奮したりするんですよね。

そう、実はあんまり意識しないだけで、家の中には赤ちゃんにとって魅力的なおもちゃがゴロゴロ転がってるんです。

  • 新聞紙
  • 風船
  • お店にある傘袋
  • ティッシュペーパー

いきなり手の凝ったおもちゃを作る必要はありません。家の中にあるもので、赤ちゃんが何に対して興味を示すか?よく観察してみましょう。

上手にテレビを活用する

「赤ちゃんにテレビはあまり見せたくない」そう思う気持ちはわかります。

しかし、雨の日に1日中家にいて、テレビ無しはキツイです。1日に見せる時間を決めて、息抜きのためにテレビを見せるのならOK。そう割り切りましょう。でないとあなたが疲れ切ってしまいますからね。

うちでは、朝1時間まで、昼1時間まで、などと決めて適度にテレビを見させています。

Eテレとか録画しておいたディズニー映画など、好きな番組は赤ちゃんによってさまざまでしょうが、本人の好きなテレビを見せてあげたら良いです。

ベランダに出てみる

外出は大変ですが、外の空気に触れるだけなら、ベランダで充分。窓を開けて少しベランダに出てみましょう。

雨の日の独特の湿った空気も悪くないです。いい気分転換になりますよ。ぼーっとしていたら、気付けば20分、30分経っていた、なんてこともあります。疲れたらすぐに部屋に戻って休めますしね。

最後に

大切なことは、『雨』=『ネガティブ』というイメージを捨てること。朝起きた瞬間に「あー、今日雨か、嫌だな」と思った瞬間、憂鬱な1日が始まってしまうもの。

そうではなく、雨の日は雨の日にしか楽しめないものを探すと、今までより少し、雨の日が好きになります。雨の日にしか見られない景色もたくさんありますしね。また、発する言葉を変えるだけでも気持ちは変わります。

試しに今度雨が降ったとき、「あ、雨だ。やった!」と言ってみてください。それだけでも1日のスタートの気分が変わってきますよ。

ぜひ上手に梅雨の時期を乗り切り、夏に向けて頑張りましょう。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ