転職面接に練習なしで行くのは時間の無駄でしかないと思う5つの理由

1.面接 練習なし
スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

転職活動において、絶対に避けては通れない関門、それが、面接です。

 

たとえ書類選考を通過しても、面接で結果を残せないと、内定を勝ち取ることはできないですからね。

 

そんな面接ですが、まれに

 

俺は自然体の俺を見てほしいから、面接の練習はしないね。

 

なんて言ってる人がいます。

 

が、これはNGです。

 

部活をやっていた時、練習しないで試合で結果が残せましたか?

 

試験を受ける時、勉強しないで良い点がとれますか?

 

 

面接も同じです。練習は必要不可欠なんです。

 

面接に練習なしでも結果を残す人はいる

ただ、確かに全く練習せずとも、面接で結果を残す人はいます。

しかし、たいていは、この2つのどちらか、です。

 

  1. 以前に(就活などで)何度も面接を受けたことがある。
  2. たまたま上手くいった。

 

つまり、過去に実際の面接を受けまくって面接に慣れている人や、偶然通っただけのケースがほとんど。

 

特にあなたが、転職面接に自信がなかったり、「毎回緊張して言いたいことが言えない」と思っているなら、

面接の練習は必須であると言えるでしょう。

 

面接に練習なしで行くのは時間の無駄だと思う5つの理由 

では、なぜ僕がこんなにも練習なしで面接にいくことを無駄だと思うのか?

その理由をご説明します。

 

面接に練習が必要な5つの理由

 

  1. 面接は最初の5分でほぼ決まる
  2. 本番の緊張感に飲まれる
  3. ダラダラとまとまりのない話をしてしまう
  4. 自分本位で話を進めてしまう
  5. 自分のことは自分で見えていない

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

①面接は最初の5分でほぼ決まる 

ぶっちゃけ、面接は最初の5分でほぼ合否が決まります

僕は前職で人事をやっていたころ、面接官として数百人の求職者を見てきました。

 

そこで感じたのが、コレ。

 

おっくん
面接は最初の5分が勝負なのよ。

 

では、最初の5分であなたが見られているのは、何でしょうか?

 

そう、第一印象です。

 

もう少し具体的に言うと、

 

面接官が最初の5分で見ている箇所

 

  • 見た目の印象
  • 入退室の姿勢
  • 挨拶の声
  • 話す時の目線
  • 表情

 

 

など。

この第一印象、あなたは自信を持って「完璧!」と言える状態ですか?

こういった「外から見た自分」については、第三者に見てもらわないとわからないものなのです。

 

②本番の緊張感に飲まれる 

僕たち面接官は、できるだけ自然体のあなたを見たいとは思っています。

しかし、面接本番は、想定以上に緊張感が漂っています。

 

  • イカつい顔で並ぶおじさんたち
  • キレイな面接部屋
  • 整然と並べられた机と椅子

 

 

おっくん
・・・緊張しないワケがない!

 

 

ということで、面接の練習をしないと、どうしても本番の緊張感に飲まれてしまうんですよね。

 

③ダラダラとまとまりのない話をしてしまう 

自分が言うことを頭の中で整理していないと、どうしてもダラダラと話してしまうものです。

面接は、会話の場ではありますが、雑談の場ではありません。

 

短い時間で自分を最大限にアピールするためにも、

事前に自分が言うべきことをまとめておく必要があるのです。

 

④自分本位で話を進めてしまう 

先程も言いましたが、面接は会話です。

事前に練習をせずに面接に行くと、どうしても自分本位で話を進めてしまうんですよね。

 

おっくん
なんとか自分をアピールしよう!

 

と思うあまり、きづけばダラダラとよくわからない話を続けていた・・・

 

なんて経験はありませんか?

このように、事前練習が無いと、まとまりのない話で時間を消耗してしまうのです。

 

⑤自分のことは自分で見えていない

自分のことほど、自分では見えていないものです。

スポーツや発表会などで、自分の動画を見たことはありますか?

 

こういう時、大体は思った以上に下手くそだったり、上手くできていないことが多いですよね。

つまり、自分では問題ないと思っていても、客観的に見たら全然ダメなことはよくあります

 

どんな面接の練習をすればいい?

では、面接の練習をする場合、どのように行えばいいのでしょうか?

大きく2つの方法があります。

 

①自分で練習する

まずは大前提として、自分が言うことを事前にまとめておく必要があります。

ちなみに、ノウハウ本に書かれた「面接Q&A」をやたらと暗記する必要はありません。

 

最低限、面接の5大質問だけは抑えておきましょう。

 

面接の5大質問

 

  1. 自己紹介してください。
  2. 前職を辞めた理由は何ですか?
  3. なぜ当社を志望されたのですか?
  4. あなたの長所と短所は?
  5. 最後に何か質問はありますか?

 

 

これらは、面接で必ずといっていいほど聞かれる質問です。

この答えをきっちり用意し、そして動画を取りましょう。

 

自分が真顔でカメラ(スマホ)に向かって話しているのは滑稽に思えるかもしれません。

しかし、そんなものはすぐに慣れます。

 

大切なのは、徹底的に自分を客観的に見ること。

これをやらずして、面接で内定など勝ち取れません。

 

②模擬面接を受ける

もう1つ、必ずやってほしいのは、模擬面接です。

どれだけ自分1人で上手に話せるようになったとしても、本番の面接と圧倒的に違う点がありますよね。

 

そうです、相手がいるかいないか?の違いです。

 

この点は、限りなく本番に近い環境を想定して、模擬面接を実施しましょう。

 

おっくん
じゃあ、模擬面接は誰にお願いすればいいの?

 

家族?→いや、恥ずい。

友達?→笑ってしまう。

ペット?→会話にならない。

 

じゃあ誰にお願いします?

 

おっくん
転職エージェントがいるじゃないですか!

 

・・・

 

面接における最強の練習は、模擬面接です。

そして、模擬面接を実施するにあたり、最強のパートナーは転職エージェントであると言えるでしょう。

 

転職エージェントは、限りなく実際の面接に近い形で模擬面接を実施してくれます。

プロの目線で、あなたの面接についてビシバシとフィードバックをくれることでしょう。

 

できれば、模擬面接は複数のエージェントにお願いして、最低2回、苦手なら3~4回はやってみることをオススメします。

 

ちなみに、僕がおすすめする転職エージェントは、コチラ。

 

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

 

登録も面談も模擬面接も全て無料。

転職エージェントを上手に使い倒してに協力してもらって、最高の環境で面接練習をしましょう。

 

おっくん
転職エージェントは、遠慮せずに使い倒すのだ!

 

【最後に】むやみに面接を受けるのは時間の無駄

何度でも言いますが、転職面接において、練習は必ず必要です。

練習をせずに、むやみに面接を受けても時間の無駄。

 

確かに、

 

俺は実践で面接を受けまくるから、それがそのまま練習になるんだよ。

 

 

という意見は、ある意味正しいんですよ。

本番に勝る練習はないですからね。

 

だけど、現職に勤めながら転職活動をする場合、忙しくて何社も受けてられないですよね。

普通、転職面接で受けられる企業は、2~3社程度、多くても5社ぐらいじゃないですか。

 

せっかくのあなたの志望度の高い企業を、練習で消費してしまうのは、あまりにもったいないです。

 

だから、初めての面接を受ける前から、徹底的に練習するのです。

そうすることで、1社目から内定を勝ち取ることも可能になるでしょう。

 

あなたの転職活動がうまくいくことを祈っています。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ