RSウイルスは大人に感染するのか?主な症状、特徴、予防法のまとめ

スポンサードリンク

夏が終わり、肌寒くなってくる季節に心配なのが、子どもの感染症。

特に子供が保育園に通っていると、11月~年末にかけて急激に増えて困りますよね。RSウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス、・・・等。

かく言う我が家でも、11月の半ば、つい先日、下の1歳半の娘がRSウイルスに感染して1週間保育園をお休みしました。

働く親として最も気になるのが、RSウイルスは大人に感染するのか?そしてその症状や特徴、会社に行ってもいいのかどうか?という点。

 

結論を言うと、RSウイルスは大人にも感染します

 

また、抵抗力の弱い人や高齢者がかかると、最悪命の危険に陥ることも。

ということで、今回はそんなRSウイルスについて詳しくまとめてみました。

RSウイルスとは?

毎年秋から冬にかけて大流行するRSウイルスで風邪などの呼吸器感染症の一種。その原因となるウイルスは数百種にも及ぶんです。

中でも注意が必要なのは乳幼児で、生後1歳までの乳幼児は半数以上、2歳までにほぼ全員が、少なくとも1度はRSウイルスに感染すると言われています。

免疫力のない乳児は症状が重くなりやすいので注意が必要。

特に、

  • 小さい状態で生まれてきた低出生体重児
  • 心臓や肺に病気を持っている乳児
  • 免疫不全やダウン症などの乳児

などは、重症化する恐れも強いため、特に感染予防が必要なんですね。

RSウイルスの症状とその特徴

基本的な症状は、

  • 鼻水
  • 喉の痛み
  • 発熱(37~39度)

などの風邪の症状に酷似しています。

うちの子の場合は、病院で発症がわかる3日ほど前から、「ぜーぜー」という辛そうな咳をしていました。

「風邪かな?」と様子を見ていたのですが、急激に熱が39度台まで上がったため、病院に連れて行ったところ、RSウイルスと診断されたのです。

結局その日がウイルスのピークだったようで、一晩寝たあとはケロッと元気になってましたけどね。

それぐらい、普通の風邪と見分けがつきにくいのが、RSウイルスの特徴なんですね。

 

ただし、その感染力は爆発的

保育園でも、秋口ぐらいから先生たちが感染症を異常に気にするようになりますよね。

1人から感染が発覚すると、次々にバタバタと同じクラスの子たちや、同じ園の子どもに感染が広まります。

RSウイルスは大人にも感染するのか?

上述の通り、RSウイルスは大人にも感染します。

特に2歳までの幼児にかかりやすいと言われるRSウイルス。うちの場合、長女は1歳の時、次女は0歳の時と1歳半(今回)と、2人の子どもだけでもう累計3回もかかったことになります。

子供の場合はこのRSウイルスに感染しやすく、また重症化しやすいのも特徴なんですが、大人の場合はほとんどが軽症で済みます。

なぜなら、大人の場合は子どもに比べて、抗体ができており、また、抵抗力が上がっているため。

 

つまり、大人の場合は「ほぼ風邪」と考えてもらって結構です。

実は大人になるにつれて、RSウイルスの感染と発症を繰り返しているので、だんだん抗体ができていくんですよね。

とはいえ、免疫があると言っても抗体の防御力が不十分なことにより、大人に感染する可能性も十分にあります。

RSウイルスは大人でも重症化するのか?

大人のRSウイルスは「ほぼ風邪」と言いましたが、大人でもRSウイルスが重症化する場合もあります。特に

  • 免疫力が弱まっている人
  • 高齢者
  • 持病がある人

などは、RSウイルスに感染すると、インフルエンザと同じような重い症状になることもあるので注意が必要です。

参考までに、以前あった老人ホームでの集団感染の事例を挙げておきますね。

茨城県内のA施設(介護老人保健施設、入所者91名、職員61名)において、2014年1月中旬、発熱、咳、咽頭痛などを主症状とする呼吸器感染症が多発し、発症者10名のうち7名からRSウイルス(RSV)が検出された。

疫学調査の結果、1月11~20 日までの間に少なくとも入所者91名のうち24名(推定発症率26%)に呼吸器症状が出現していたことが推察された。

本事例はRSV(RSウイルス)を原因とする高齢者の呼吸器感染症の集団発生と考えられ、飛沫や接触によるヒト‐ヒト感染によって施設内に感染が拡大したと思われた。

高齢者施設におけるRSウイルス集団感染事例―茨城県より一部抜粋

RSウイルスが大人に感染した時の症状

では、RSウイルスが大人に感染したときは、どのような症状が現れるのでしょうか?

主なRSウイルスの症状は

  • 鼻水が出る
  • 37~39℃の発熱
  • 咳が出る

などです。

診てもらってお分かりの通り、大人の場合、症状から見てもほぼ風邪と変わらないんですよね。

しかし、1つ注意点があります。それは、RSウイルスの潜伏期間

RSウイルスの感染後の潜伏期間は7~21日と、最大3週間も体の中に留まる可能性があるため、気付かず周囲にウイルスを撒き散らして感染を広めてしまうおそれがあります。

RSウイルスを子どもにうつさないことが大事

大人の場合は、風邪とほとんど区別がつかないことが多いこのRSウイルスの症状。

「風邪かな?」と思って2~3日過ごしていると、いつの間にか楽になっていたパターン。実はこれもRSウイルスだった可能性もあるんです。

 

子供がいる家庭では、子どもからの感染症を防ぐことに注意がいきがちなんですが、実は逆にも注意が必要。

つまり、大人から子供へRSウイルスを移さないようにすることが大切なんですよね。

具体的には、風邪かな?と思ったら

  • 家の中でもマスクをする。
  • 食器(箸、スプーンなど)の共有はしない。
  • タオルの共有はしない。
  • こまめに手を消毒する。

このあたりのことを徹底するようにしてくださいね。

RSウイルスに感染しないための予防法

RSウイルスの予防法としては、基本は風邪と同じです。

以下の5つに気を付けておけばいいでしょう。

  1. 手洗い
  2. 食器の共有をしない
  3. タオルの共有をしない
  4. うがい
  5. マスク着用

なお、僕が実際に体験してみて思ったのですが、特に大事なのが上記1~3となります。

子供らが小さい頃は、しょっちゅう風邪やらなんやらもらっていた僕ですが、特に

  1. 手洗い
  2. 食器の共有をしない
  3. タオルの共有をしない

この3つを徹底するだけで、ほとんど感染することはなくなりました

この理由は明確で、結局、感染症が最も移りやすいのは粘膜の接触による部分が大きいからなんですよね。

子供のよだれ、鼻水、汗などを無意識に体に取り入れてしまうことを避けてさえいれば、正直、うがいやマスクはそれほど重要ではないんです。

とにかく、手洗いをしっかりとし、お箸やスプーンなどの共有を止め、そして、お風呂に入る時のタオルも別々にすること。これを徹底すると、ほとんどの感染症は防ぐことができます。

RSウイルスに感染したときの会社へ行く判断基準

大人がRSウイルスにかかった時は、インフルエンザのように会社に行ってはならない、ということはありません。自分の体調と相談して、問題なさそうなら会社へ行ってOKです。

しかし、周囲への感染を防ぐためにも、マスクは必ず着用するようにしましょう。

また、手洗いとうがいをいつもよりしっかり目にし、受付やトイレに置いてある消毒液できっちりと手を消毒するようにしたいですね。

また、RSウイルスは発症から症状が2~3週間続くこともありますので、長期間、周囲への感染予防をするようにしてくださいね。

最後に

RSウイルスのやっかいなところは、

  • インフルエンザのように、ワクチンなどによる予防ができない。
  • 大人に感染した場合、症状が軽いため気付きにくい。
  • 潜伏期間が長い。
  • 抵抗力が弱まっている時は重症化しやすい。

などのようなことが挙げられます。

周囲や子どもに感染させないためにも、普段から手洗いをきちんとし、「風邪かな?」ぐらいの軽い症状でもマスクを着用するぐらいの気持ちが大事。

また、症状が悪化した場合は我慢せずすぐに医師に相談しましょうね。

それでは!


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ