元料理ド素人の僕が教える、父親が料理することによるメリット4つ

ryouri1
スポンサードリンク

サラリーマンパパのあなた、台所に立って料理してますか??

  • 仕事が忙しくて…
  • なかなか時間がなくて…
  • 帰り道にコンビニがあるから…
  • そもそも料理に興味がなくて…

その気持ちはよくわかります。

でも、子どもさんがいらっしゃる家庭では、家事・育児をどう夫婦で分担するかがとても大事。そんな家事の中でも大きなウェイトを占める料理。これを旦那さんが手伝ってくれたら、奥さんも喜ぶこと間違いなしですよ。

  • 「そろそろ料理始めてみようかなー」
  • 「健康と節約のためにも、自炊しよっかなー」

と思われる良きパパのみなさん、ぜひ料理に目覚めてみてくださいね。

料理知らずで育った26年間

・・・と、張り切って言う僕も、産まれてからこれまでの26年間、ほぼ料理というものとは無縁に生きてきました。つい去年まで、僕のレシピのレパートリーは、

  1. 焼飯
  2. 中華丼
  3. 天津半
  4. 肉野菜炒め

4種類しかなかったですからね。(中華に偏っているのは、ラーメン屋でバイトしていたから)

一見、そこそこ料理できるのか?と思われがちですが、でも、味噌汁すら作れませんでした。昨年1年間単身で上海に住んでましたが、自分でご飯を作ったのは合計でも10回ほど。しかも↑の①~④のどれかです。

ではなぜこんな僕が突然料理するようになったのか。

こんな僕が台所に立つようになった理由

理由はほかでもない。

嫁のためです。

「イクメン家事メン気取ってんじゃねぇーよ。」と言われるかもしれません。共働き夫婦では特に、奥さんのケアが大事と、このブログでもとくとくと説いております。

  • 我々が会社でいじめられてる間も
  • 無意味な会議で眠い目をこすっている間も
  • 脂っこい昼飯を堪能してる間も

ママは1日中、気を張って子供の面倒を見てるんです。

ところで、子供が産まれたての頃、我が家でこんな会話がありました。

子供の世話してるとご飯作るはもちろん、食べる時間もないわー。
絶対ウソやん。食べる時間ぐらいあるやろー。

後日娘と2人で留守番している時に、この時の僕の考えは間違いであると気づいたのでした。

だから最近は夜スーパーで食材を買って帰り、夜の間にご飯を作って冷やしておき、せめて次の日奥さんが、温めるだけで食べられるようにしてから寝るようにしています。

ところで、今まで全く料理をしてこなかったけれど、突然料理をするようになった僕。自分でご飯を作るようになって気付いたメリットが4つありました。今日はそんな料理を作ることのメリットをご紹介します。

父親が料理することのメリット

  1. 奥さんの負担を軽くする。
  2. 料理を通じて効率よく動く術を学ぶ
  3. ありがとう。おいしい。と言われる喜び。
  4. 子供のためでもある。

父親が料理をすることによるメリットは、大きく4つあります。1つずつ具体的に見ていきましょう。

奥さんの負担を軽くする。

これはもう、言わずもがなですね。1人で育児をするママは、息つくヒマも無い日常を過ごしています。

僕たちパパが料理を作ってあげることで少しでも負担が軽くなるなら、喜んで作ってあげましょう。毎日でなくてもいいです。

  • 休みの日
  • 早く帰れた日
  • 気分が良い日

まずは1週間に1回でも、お父さんの料理を作って、ママに楽をしてもらいましょう。

料理を通じて効率よく動く術を学ぶ

「料理とは、戦術(タクティクス)です。」   by俺

あなたのおうちの台所はどんな装備ですか?うちはコンロが3つ、レンジが1つ、ヤカンが1つです。この与えられた装備をフル活用して料理を進めていきます。

  • 今、何が必要か?
  • できるだけアツアツで食べるためには?
  • どんな順番で、どのように料理を組み立てていくか?

このように戦術を立ててその通りに進めていく能力は生きていく上で、料理以外でも役に立つことでしょう。

ありがとう。おいしい。と言われる喜びを知る

 「ありがとう。おいしい。」自分の作った料理で、この言葉を言われた時の喜びは言葉では言い表せません。特に僕のように料理と無縁で生きてきた人には、余計わかって頂けると思います。

もっというと

  • 「うわ!やっばい!」
  • 「これは!感動やわ!」
  • 「ちょwおいしすぎww」

なんて言われると毎日毎食作ってやろうかと思ってしまいます。そういう意味では僕の奥さんは乗せ上手。

逆にたいしておいしくない時は無言でモグモグされます。僕の奥さんはガチンコラーメン道の佐野師匠ばりに厳しい。

子供のために栄養バランスの優れた食事を作ろう

母乳育児の場合はママの食べたものがモロ母乳に影響しますよね。カフェインの過剰摂取や飲酒はもちろんアウト。食べ過ぎや早食い、コンビニ弁当等も母乳に悪影響を与えます。

僕たち旦那が作る料理がママの体に入り、母乳となって子供の体に入って血肉となる。そう考えたら間接的ではありますが、子供のためにも積極的に家で料理をする環境を作っていきたいですよね。

 


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ