転職の最終面接で落ちる7つの理由を人事の目線から徹底解説

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

 

なぜか最終面接で落ちてばかり・・・

 

あなたは、こんな風に悩んでいませんか?

「最終面接は意思確認のみ」のような都市伝説がありますが、決してそんなことはありません。

最終面接でも、受かる人は受かるし、落ちる人は落ちるのです。

 

では、最終面接で落ちる人は、なぜ落ちるのでしょうか?

今日はそのあたりをまとめてみました。

 

最終面接で落ちる7つの理由

なぜか最終面接で合格を勝ち取れないのには、いくつか理由があります。

今回は、7つご紹介します。

 

  1. 企業の価値観に合わない 
  2. 社員や社内の雰囲気に合わない
  3. 印象に残らない
  4. 入社への覚悟が感じられない
  5. 企業研究不足
  6. 将来の自分がイメージできていない
  7. 「なんとなく」気に入られなかった

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

1.企業の価値観に合わない 

役員は、企業の価値観や方向性を大切にします。

そのうえで面接を行うので、あなたが企業の進むべき方向と同じ方向を向ける人かどうか?を重視するんですね。

 

なので、あなたがどれだけ人間的に優れていようと、どんなスキルをもっていようと、

役員が「企業の価値観に合わない」と判断してしまったら、それはマイナス要素になります。

 

2.社員や社内の雰囲気に合わない 

長く企業に勤める役員にとって、「会社とは家族のようなもの」という認識を持つ人も少なくありません。

僕らのような若い世代には、その考えはよくわかりませんが・・・。

 

とにかく、おっさんにとって、会社はそういう場所なのです。

役員は、あなたが社風に合うかどうか?を重視します。

 

3.印象に残らない 

企業役員を勤めるおじさんたちは、毎日とても忙しいのです。

分刻みのスケジュールで動いている人も珍しくありません。

 

そんな役員が仕事の合間を縫って面接をしているのですから、

 

おっくん
印象に残らなければ一発アウト

 

ぐらいに考えといた方がいいです。

 

4.入社への覚悟が感じられない 

若い世代だと、

 

この会社で一生働くぞ!

 

と思って転職活動をする人はいないでしょう。

 

しかし、役員は違います。

 

おじさんたちは、自分の会社に骨を埋める覚悟で来る人を歓迎します。

逆に、その覚悟を持たない人をはねのけてしまうおじさんまでいますからね。

 

5.企業研究不足 

最終面接に臨むにあたっては、今までの面接以上の企業研究が必要です。

 

あなたの会社がこんなに好きなんです。

 

というのを、どれだけ語れるか?

というのも、最終面接でのポイントになります。

 

会社のことや業界のことを聞かれて、「わかりません」ばかり言ってたり、しどろもどろな回答を繰り返すと、悪印象です。

 

6.将来の自分がイメージできていない 

役員は、求職者が「どれだけ将来の自分を長期的にイメージしているか?」を重視します。

目先の仕事だけでなく

 

  • 自分の人生をどうしていきたいか?
  • この会社で達成したいことはなにか?
  • 10年後の自分は、どこで何をしているか?

 

ぐらいは、しっかりと応えられるよう準備しておく必要があります。

 

7.「なんとなく」気に入られなかった 

相手も人間ですから、なんとなく気に入られずに落ちることもあるでしょう。

ぶっちゃけ、最終面接の合否の判断基準は、個々の好き嫌いによる部分が大きかったりします。

 

その場合は、もう仕方ないです。

さっぱりと諦めて切り替えていく気持ちが大事。

 

最終面接で落ちないための4つの対策

では、これらのポイントを踏まえた上で、最終面接で合格を勝ち取るためにはどうすればいいのでしょうか?

具体的には、4つの対策があります。

 

  1. 第一志望の明確な理由を答える
  2. これまでの面接で感じたことを伝える
  3. アピールポイントを1つに絞る
  4. いつも以上に落ち着く

 

1つずつ見ていきましょう。

 

1.第一志望の明確な理由を答える

まず、最終面接に臨むにあたっては、「第一志望です」と言えなければなりません。

なぜなら、役員は、あなたのスキルや能力よりも、会社に対する熱い気持ちを知りたいから。

 

そのためには、「御社が第一志望です」とはっきり答えた上で、

そう思うに至った経緯や理由をしっかりと話せるようになっておきましょう。

 

2.これまでの面接で感じたことを伝える

最終の役員面接に臨む前に、1回か2回(多ければ3回)の面接を突破してきていることでしょう。

実際に企業との面接を通じて、思ったことや感じたことはあるはずです。

 

つまり、面接官との生の会話で得たものを、役員面接で伝えるのです。

 

それはあなたにしか言えないことですし、

何よりあなたが企業に対して興味を持っていることのアピールにもなります。

 

3.アピールポイントを1つに絞る 

忙しい企業役員に対して、あれこれとアピールするのは、得策ではありません。

アピールポイントは、自分が「コレ」と決めた1つに絞りましょう。

 

おじさんたちは、長々と話をする人よりも、短い言葉でスパッと言い切るぐらいの若者が好きなものですから。

 

4.いつも以上に落ち着く

たとえ役員による面接であっても、いつも以上に緊張する必要はありません。

役員と言っても、会社を離れればただのオッサンなんですよ。

 

自分のお父さんや、近所のおっちゃんと話す時に緊張しますか?

しないですよね。

 

だから、いつも以上に落ち着いて、普段通りの自分を出せるようにしましょう。

 

 

なお、こちらの記事にも、最終面接突破のためのポイントをまとめています。

転職での役員面接対策のために押さえておくべき4つの超重要ポイント

2017.12.14

 

最後に

役員面接は、転職活動を行う我々にとっては、最後の関門です。

ここを突破すれば晴れて内定となり、未来への道が開かれます。

 

もしもあなたが、

 

今の状態だと面接で上手く話せるか不安・・・

 

そう思うなら、一度転職エージェントに模擬面接をお願いしてみましょう。

 

転職エージェントは、常に数百人単位で求職者をサポートしている、いわば転職のプロです。

あなたの面接での良い点や悪い点を含め、もっとアピールすべきところなど、細かなアドバイスをくれることでしょう。

 

登録も面談も全て無料。この機会に登録しない手はないですよ。

僕がオススメする転職エージェントは、こちらです。

 

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っています。

それでは。