新卒社員が転職するベストなタイミングを元人事の視点から述べてみる

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

 

  • 「会社をやめたい!」
  • 「転職したい!」

 

と思っても、新卒で入ったばかりの会社だと、躊躇してしまうものではないでしょうか?

 

  • まだ早すぎる気がするし・・・。
  • 「とりあえず3年」ってみんな言うし・・・。

 

 

こんな悩みを持つ人も多いことでしょう。

今回は「新卒社員の転職のタイミング」について、前職で商社の人事をやっていた僕なりの意見をお伝えします。

 

 

おっくん
最低1年は勤める。できれば3年勤めてから転職しよう。

 

というのが僕の結論です。

 

【前提】どうしても耐えられないなら今すぐ転職しよう

まず、前提として、どうしても耐えられない環境にいるのなら、早めに部署異動や転職をしましょう。

どうしても耐えられない環境というのも曖昧ですが、例えば

 

  • 毎日会社に行くのに吐き気がする。涙が出る。
  • 上司のパワハラやセクハラでうつ状態かもしれない。
  • 仕事が嫌すぎてこれ以上耐えられない。

 

こんな状況であれば、早めに辞めるべきです。

頑張ることばかり考えて、体や心を壊してしまったら、元も子もありませんからね。

 

ただ、「退職」ではなく、「休職」や「部署異動」で解決できることなら、こちらの道を選択するのも1つです。

いずれにしても、まずは会社の人事に相談してみると良いでしょう。

 

これほどまでに僕が「1年未満の退職」をオススメしないのには、理由があります。

 

最低1年は辞めるべきではない3つの理由

最初に入った会社であれば、必ず1年以上は勤めるべきです。

その理由は、以下の3つ。

 

  1. 1年では仕事の良さに気づけないから
  2. 1年働かないと「社会人」とみなされないから
  3. 失業保険の対象にならないから

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

理由1:仕事の良さやおもしろさに気づいていないから

1年程度では、仕事の良さやおもしろさに気づくことはできません

なぜなら、任される仕事も基本的なものばかりだし、そもそも自分1人で仕事を進めることができないから。

 

仕事のおもしろさは、ある程度数をこなしてから初めて見えてくるものなのです。

 

部活でも同じですよね。

仮に野球部に入ったとしたら、まずは

 

  • 球拾い
  • キャッチボール
  • 壁当て
  • 素振り
  • ノック

 

などの基本的なことからスタートするでしょう。

部活そのものがおもしろくなるのは、それらの基本練習を終えて、実践練習や試合に入ったときです。

 

なのであなたがもし

 

仕事つまんねぇから辞めたい。

 

と思っているのなら、まずは1年は頑張ってほしいところです。

その辺のことは、こちらの記事にも書いてあります。

仕事に興味が持てない人が絶対にやってはいけないたった1つのこと

2017.12.16

 

理由2:1年働いていないと「社会人」とみなされないから

1年未満で仕事を辞めてしまうと、今後のあなたの転職にかなり不利になります。

というのも、企業の面接官は、短期間での退職経験を見ると、

 

面接官
この人は忍耐力が無いな。

 

と思ってしまうからです。

たとえやむを得ない事情だったとしても、どうしても面接官には悪印象に映ってしまうもの。

 

あなたのキャリアにキズをつけないためにも、1年は頑張ってやり通すべきです。

 

理由3:失業保険の対象にならないから

会社を辞めても失業保険が出るよね。

 

と思っているかもしれませんが、失業保険を受け取るためには、離職前に1年以上の就業があったことが条件となります。

 

会社を辞めてから転職活動を行う場合、どうしても当面の資金が必要となります。

既に充分な蓄えがあるのなら別ですが、この時期はまだそれほどお金も溜まっていないことでしょう。

 

失業保険をもらう条件をみたすためにも、最低1年は勤めないといけないのです。

新卒で入った会社で3年は働くべき5つの理由

 

おっくん
最低1年は続けよう。

 

と申しましたが、

 

おっくん
できれば3年は続けてほしい。

 

というのが、僕の本音です。

 

確かに、大人たちが言う「とりあえず3年」というものに科学的根拠はありません

しかし、実際に3年以上勤めてみて、僕が感じたメリットはいくつかあります。

(ちなみに僕は辞めたいと思いながら、新卒で入った会社に6年半在籍してました)

 

僕が3年は続けてほしいと思う理由は、以下の5つです。

 

3年は続けてほしい理由

 

  1. 仕事の良さがわかるには3年かかる。
  2. 3年あると自分の考えも柔軟になる
  3. 3年経ってもまだ20代
  4. 3年働かないと今後の転職で不利になる
  5. 働きながらでもやれることはある

 

 

1つずつ説明していきますね。

 

①仕事の良さがわかるには3年かかる

ぶっちゃけ、仕事の本当の良さやおもしろさに気づくには、3年かかります

僕のイメージでは、仕事に対するイメージはこんな感じ。

 

  • 1年目…とにかく与えられた仕事を必死でこなす。(守)
  • 2年目…自分の仕事が自分の力だけで回せるようになってくる。(破)
  • 3年目…自分の考えを反映させ、より発展的な仕事ができる。(離)

 

まさに古来の伝統芸能で言われるところの「守・破・離」の考えなんですね。

守・破・離についてはこちらのWikipediaを参考にさせてもらいましょう。

守破離(Wikipedia)

 

つまり、自分の頭で考え、行動し、その責任を全うできるようになるまでは、3年かかる

というのが、僕の持論です。

 

そこから初めて仕事はおもしろくなってくるのです。

 

②3年経つと自分の考えも柔軟になる 

3年経つと、会社とは?仕事とは?について、自分なりの答えが見えてきます。

入社当初は、まだ仕事やキャリアのイメージができていないことでしょう。

 

だけど、3年経つと、自分なりの仕事に対する考え方や、自分の適性などが見えてくるものです。

 

入社当初は

 

俺は海外営業しかやらねぇ!

 

と思っていても、与えられた仕事をこなすうちに、

 

あれ、俺って実は品質管理の方が楽しいかも。

 

と、気づくこともよくあるものです。(上記は一例です)

 

③3年経ってもまだ20代 

あなたが新卒で会社に入っているのなら、3年経ってもまだ20代ですよね。

ぶっちゃけ、20代であれば転職は全然問題ありません

 

逆に、30歳を超えてからは急激に転職のハードルが高くなってしまいますが、

20代のうちは年齢を気にする必要はありません。

 

そんなことよりも

 

若いうちに早く転職しなきゃ!

 

と焦って、たいしたスキルもないまま転職してしまう方が、あとあとリスクになります。

 

④3年働かないと今後の転職で不利になる 

先程、1年勤めないと転職で不利になるとお伝えしました。

が、3年の就業経験がないと、これも今後の転職で不利になるといえるでしょう。

 

前職で人事にいたころ、何度も面接官をしたことがありますが、

ともに面接官として座る人の意見はいつもこうでした。

 

面接官
就業経験1年未満は論外。3年以上が望ましい。

 

つまり、「過去の就業経験は、最低ラインとして、1年。できれば、3年以上」という基準を定めている会社はとても多いのです。

 

今後の転職を有利にすすめるためにも、3年以上の就業経験が望ましいといえるでしょう。

 

⑤働きながらでもやれることはある 

あなたが「どうしても辞めたい」と思ったなら、逆に「どうしてもやりたい」と思うことはありますか?

この質問に即答できないなら、まだ転職しないほうがいいでしょう。

 

会社に属しながらでもやれることはたくさんあります。

 

  • 異業種の人との交流
  • 副業としてビジネスをスタート
  • 社内で別の部署の人の話を聞く

 

何も、転職だけが選択肢ではありません。

就業時間中は仕事を頑張りながら、オフの時間にできることをたくさん経験しましょう。

 

本業を1つ持っていると、余裕を持って色々なことに手が出せるはずです。

 

それでも今すぐに辞めたいなら

どうしても今すぐにやめたいと思ったら、最低限転職にベストな時期を知っておきましょう。

1年の中でも転職がしやすい時期や、そうでない時期があります。

 

また、あなたの会社の規則でも、ボーナスの有無や退職金の大小にも関わりますからね。

そのあたりはこちらの記事をご参照。

転職活動に最適な時期は?人事目線で見た選考のベストタイミングとは

2017.12.05

 

最後に~辞めたいと思った時ほど冷静に

  • 「辞めたい」
  • 「逃げたい」

 

こういったネガティブな理由での退職は、仮に転職しても幸せになる確率は低いです。

なぜなら、転職先でも同じような悩みを抱える可能性が高いから。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

それは簡単です。ポジティブな気持ちで転職をすることです。

 

  • こんな仕事がしたい。
  • こんな会社に入りたい。
  • こんな働き方がしたい。

 

というポジティブな理由が明確であればあるほど、あなたの転職は成功に近づきます

 

とは言え、

 

んなこと言われても、やりたいことなんてねぇよ!

 

と感じる人もいるでしょう。

 

あなたが今、まだ「やりたいこと」や「なりたい自分」が明確にイメージできていないなら、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

 

転職エージェントは、第三者の視点であなたに合った企業を探す手伝いをしてくれることでしょう。

登録も面談も全て無料。活用しない手はないですね。

 

僕がおすすめする転職エージェントは、こちら。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

転職するにしても、職場に残るにしても、あなたが、自分にとって最適な選択肢が取れることを祈っています。

それでは。

 


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ