【ブログ記事は書き溜めるな】60%ぐらいの完成度ですぐ投稿すべし

Wordpress 記事 ストック
スポンサードリンク

ブログ記事をストックして小出しに投稿していくべきか?

それとも細けぇことは考えずに書いたら都度アップすべきか?

人それぞれ意見が分かれるところでしょう。

これは、その人の今の

  • ブログの状況、段階
  • ブログ運営スタイル

に応じて使い分けるべきです。

記事を出し惜しみせずに『ダダダダァァ!』と投稿しまくるもよし、予約投稿という至極便利な機能を利用して、あたかも「毎日同じ時間に更新してますけども?」みたいな顔をするもよし。

では、どんな時にこの「ストックするかしないか」を判断していけばよいのでしょうか?今回もわかりやすく解説するよ。

定期更新しているブログなら、ストックを活用しよう

まず、あなたのブログのスタイルを考えてみてください。スタイルというか、ブログ更新の頻度。分かりやすく言うと、「定期的に更新しているかどうか?」よくあるのは

  • 1日1記事は絶対更新する!
  • 火・木・土はブログ更新日

と決め打ちしているパターン。

この場合は、記事のストックを上手く活用すればいいでしょう。

毎日更新を続けていく場合、例えば土日に7記事書いて1日ずつ決まった時間にアップしていく、というのはありです。

特にサラリーマンの場合、平日は急な残業や飲み会が入るケースは、よくあります。逆に土日はフルでブログに費やせる場合、土日に書きまくって予約投稿!

もしくは、下書きとして保存しておいて、毎日軽く見直してから投稿、というのもありですね。

1回書いた記事を、時間を空けて再度見直すことはとても良いことです。それだけで自分の記事を客観的に見ることができますからね。

僕も以前、東京で勤務していた頃はなかなかの激務でした。さらに仕事終わりに飲みに誘われることもしょっちゅう。

となると、この記事ストックは活用すべきことです。

記事ストック型定期更新の例外

但し、あなたが定期更新をする目的によっては、記事ストックは何の意味も持たないので要注意。というのも、例えばブログ開設からまだ間もない時。

まだ10記事や20記事しか書いていない時は、特に定期更新などする必要がないのです。

もちろん自分自身のノルマとして1日1記事『書く』のはいいですが、1日1記事『投稿』する必要は皆無です。

なぜなら、ドメインパワーが弱弱だから。つまり、アクセスなどほぼない(でしょう)から。

ある程度ドメインに力がついてきて、定期的に読者が訪れるブログであれば、定期更新は意味を持ちます。

読者が

  • お、このブログは毎日更新しているな。お気に入りに登録して毎日見よう。
  • こっちのブログは毎週2回更新してる、たまにチェックしよう。

となるからです。

ですが、ブログ開設初期、極端に言うと50記事ぐらい溜まるまでは、どうせアクセスなんてありません。いや、ホント。まぁ無料ブログならアクセスあるかもしれませんけども。

少なくともWordpressで書いた記事などは、50記事ぐらいないとGoogleが検索結果に上げてくれないですからね。

50記事ぐらい書いてある程度ドメインパワーがついて初めて、Googleが「お、こいつのサイト充実してきたから検索順位を引き上げてやろう」となるわけです。

まとめると、

【50記事未満の弱小ブログの場合】⇒いちいち出し惜しみせずにどんどん記事をアップしていけ!

完璧な記事など今は求めるな。あとで時間をかけてじっくりリライトすればよか。

【50記事を超えた中堅ブログ】⇒サイトの運営方針と今後の展望次第じゃ。

更新頻度を一定にしたいのなら、ストックすれば良い。しかし、とにかく書いた記事をどんどん上げていきたいなら、それも良い。

ってことですわ。

初心者はあれこれ考えずに記事をアップしまくれ

サイトを複数運営するぐらいになると、ある程度ブログを戦略的に作れるようになります。

最初に200記事分の記事を用意して、一気にサイトを作り上げて完結させたりする人もいます。

これは、どんな記事をどれだけ投稿すればどれぐらいアクセスが上がるか?というのが肌感覚でわかっているからこそなせるワザ。

ですが、初心者の頃はそんなのわかんないですよね?

  • 100記事書いたらアクセス上がるの?
  • これってSEO的にどうなの?
  • 未だにアクセス上がらないんだけど、どうすればいいの?

などなど、不安に思うこともたくさんあるでしょう。SEOやアクセスアップには、教科書もなければ正解もありません。だから、色々実践していく中で経験を通して学んでいくしかないわけです。

そのためには常に

  • なぜこの記事が検索で引っかからないのか?
  • 逆になぜこの記事が上位に表示されるのか?
  • あの人気ブログはなぜこんなにも支持されているのか?

常に、常に、常に、常に分析し、考え、悩み、改善し続けることが必要。なんです。マジに。で、ちょっと脱線しましたが、初心者のうちはとにかく行動っす。

  • 書いて書いて書きまくる。
  • 投稿して投稿して投稿しまくる。

というのはホント重要。スポーツでもなんでもそう。とにかく量をこなしていくうちにだんだん自分に合った型や勝ち方がわかってきますよね?だからとにかく書いて投稿しましょう。

どんどん投稿するのには理由があります。

時間を空けると情熱が冷める

記事を書いている時って、夢中で何かを生み出している感ハンパないですよね。その情熱って、ちょっとした小さなキッカケで消えたりしぼんだりするもの。オナラ1発とかで。

だから、情熱を込めてアッツアツに仕上がった雑炊みたいなアツい記事は、アツいうちにアップしましょう。

何度でも書き直せる

AB蔵様みたいなリアルタイムで見られまくってるブログならいざ知らず、我々凡人が書いたブログなんぞ、アップした瞬間に拡散されることなどまずありません。

あとでいつでも書き直すことができるのも、ブログの魅力。

「うーん。あとで見返したら恥ずかしいかなぁ。ちょっと下書きのまま置いておこうかなぁ」

とか考えるその2秒がムダ。さっさとアップしちゃいなYO。

早くGoogleに知らせなきゃ

Googleだって忙しくて、世界中にあるウェブサイトからイチイチあなたのブログなどマークしてません。だから、とにかく更新していることをGoogleにこちらから知らせなきゃいけない。

そのために最も簡単かつ手っ取り速いのが、『記事を投稿すること』さっきも言いましたが、記事はいつでも、いくらでも書き直せます。

60点ぐらいの完成度でもいい。「記事ができた!」と思ったら『投稿』ボタンをポチッとな。

最後に

まとめますと・・・

  • 定期更新スタイルのブログなら記事ストックを活用しよう。
  • 但し、まだ記事が50記事未満なら何も考えずに投稿しよう。
  • 特に初心者の場合はスコスコ書いて投稿投稿。あとで書きなおせばよし。

ということでございます。まだまだドメインが育っていない時はとにかくアップし、50記事を超えたら戦略的に運営する。

ってことでいい感じに締まったんじゃないでしょうか。

それでは、また。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ