仕事を辞める時期を決めるのに損をしないための7つの判断基準

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

 

仕事を辞める時期がなかなか決めきれずに悩む人はたくさんいます。

いざ、「仕事を辞めるぞ!」と決めても、その時期が決まらずに退職が長引くこともありますよね。

 

僕も新卒から6年半同じ会社にいましたが、途中で何度も辞めようとしました。

それでも、いろんな悩みや迷いがあって、なかなか決めきれずにいた時期が何度もあります。

 

しかし、明確に退職の意志を強く持っているのなら、悩む必要はありません。

あなたにとって、仕事を辞めるベストなタイミングは、あなたが会社を辞めたいと思ったその時です。

これは間違いありません。

 

しかし、明確な退職意志がないまま、勢いだけで退職すると、後悔する結果になることも・・・。

なので、あなたの退職意志がまだはっきりと固まっていない場合は、以下の基準を参考にしてもらえればと思います。

 

仕事を辞める時期の7つの判断基準

仕事を辞める時期については、以下の7つの判断基準を参考にしてみてください。

  1. 辞める意志が強い時 。
  2. どうしても会社に行きたくない時。 
  3. 決算のタイミング 。
  4. 昇格・プロジェクトの開始前。 
  5. 繁忙期ではない時 。
  6. 賞与がもらえるタイミング。 
  7. 退職金を最大限受け取れるタイミング。

 

1つずつ、具体的に見ていきましょう。

 

気持ちをベースに会社を辞める時期を決める

自分自身が一番後悔しないタイミングで、会社を辞める時期を決定するのが、ベストです。

そのためには、以下の2つの基準を参考にしてみてください。

 

  1. 辞める意志が強い時
  2. どうしても会社に行きたくない時

 

辞める意志が強い時 

「どうしても会社を辞めるんだ!」

という強い意志があるタイミング、これ以上にベストな退職時期などありません

 

転職するにしても、退職するにしても、それはあなた自身の人生です。

周りが何と言おうが、あなたの人生はあなた自身が決定するもの。

 

退職の強い意志があり、それが揺らがないのであれば、今以上にベストなタイミングなどありません

退職金だのボーナスなど考えず、すぐに行動に移しましょう。

 

どうしても会社に行きたくない時

セクハラやパワハラ、多すぎる仕事量や、人間関係など。

どうしても会社に行きたくないぐらい悩んでいるのなら、さっさと辞めてしまいましょう

 

退職は、逃げでも甘えでもありません。

あまりに強いストレスを長期間抱えていると、心の病にかかったり、精神的に苦しくなることもあるでしょう。

 

そうなってしまってからでは、遅いのです。

どうしても会社や仕事が嫌なら、早めに見切りをつけてしまうことをおすすめします。

 

仕事をベースに会社を辞める時期を決める

あなた自身の退職の意志がそれほど強くない場合は、仕事をベースに退職時期を決めてみてはいかがでしょうか。

具体的には、以下の3つのタイミングが参考になるかと思います。

 

  1. 決算のタイミング
  2. 昇格前・プロジェクトの開始前
  3. 仕事の閑散期

 

決算のタイミング

決算のタイミングは、仕事や会計の区切りとなるので、比較的辞めやすい時期といえるでしょう。

具体的には、4月が年度の始まりの場合、6月末、9月末、12月末、3月末の4回です。

 

この時期は会社の決算があるだけでなく、人の入退社も活発に行われる時期です。

つまり、今の会社を辞めるのも、次の会社に入社するのも、比較的動きやすいんですよね。

 

昇格前・プロジェクトの開始前

昇格やプロジェクトの開始直後は、会社を辞めにくくなります。

なぜなら、昇格後やプロジェクト開始後は、あなたに責任のある立場を与えられることがあるから。

 

会社から、

「せっかく責任のある立場を与えたのに、すぐに辞められると困る」

と言われかねません。

 

もちろん、退職の時期は自由に決めていいのですが、どうせなら円満に辞めたいですよね。

今の仕事に悩んでいるのなら、昇格前や、プロジェクトの開始前の方が、比較的すんなり気持ちの整理がつくことでしょう。

 

仕事の閑散期

繁忙期は、辞めにくいです。

というのも、あなた自身も

 

  • 転職活動
  • 退職の準備
  • 退職手続き

 

などに時間をとることが難しくなるからです。

 

また、周囲もあなたの退職に対して、手が回らなくなったり、協力的になれないケースもほとんど。

もし可能であれば、仕事を辞める時期には繁忙期は避け、閑散期に設定すると良いでしょう。

 

お金をベースに会社を辞める時期を決める 

お金で損をしないために、退職時期を決めるのも、1つです。

具体的には、

  • ボーナス
  • 退職金

 

について考えてみると良いでしょう。

ボーナスが最大限受け取れるように

どうせ辞めるなら、ボーナスが最大限もらえるように退職日を設定しましょう。

会社によっては、退職日が1日違うだけで、満額か、ゼロか、ということにもなりえますからね。

 

まずはあなたの会社の就業規則を確認してみてください。

いつやめれば、最大限受け取れるか?というのを知っておくといいですよ。

 

退職金が最大限受け取れるように

ボーナスと同様、退職金についても、会社によって取り決めはまちまちです。

こちらも退職前に就業規則を良く読んでおき、最大限受け取れるように設定するといいですよ。

 

最後に~ベストな退職時期は、あなたの気持ち次第

会社やあなたの気持ちによって、会社を辞めやすい時期や辞めにくい時期は、たしかにあります。

しかし、会社を辞めるのに最高の時期は、あなたが辞める意志を固めた時に他なりません。

 

強い意志で「辞める」と決めたのであれば、迷わず会社なんて辞めちまいましょう。

 

  • 同僚に申し訳ないから・・・
  • ボーナスがもらえないから・・・
  • 上司に迷惑をかけたくないから・・・

 

などと言い訳ばかり考えていては、一生会社を辞めることなどできないのです。

 

もしあなたが

「会社をやめたいけど、自分が何をしたいかがわからない」

という風に悩んでいるのであれば、一度転職エージェントに相談してみることをオススメします。

 

転職エージェントは、常に数百人の求職者のアドバイスをしている、いわば転職のプロ。

あなたが

  • なぜ今の会社に不満を持っているのか?
  • 自分がやりたいことは何なのか?

 

と悩んでいる点に関して、プロの目線から具体的なアドバイスをくれることでしょう。

 

登録も面談も全て無料なので、一度話だけでもしてみてはいかがでしょうか?

僕がオススメする転職エージェントは、こちら。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

 

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ