退職を同僚に告げる時に気をつけなければならないことと僕の失敗談

スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

 

退職を決断した時、職場の同僚にはどのように伝えるべきか?

というのは、けっこう悩むものですよね。

 

業務の引き継ぎや、挨拶回りに連れて行くことなどを考えると、同僚には早めに退職のことを伝えるべきかもしれません。

では、どんな順番で、どんなタイミングで退職の意志を同僚へ伝えればいいのでしょうか?

 

今回は、つい先月退職した僕が、自分の失敗談と合わせて、そのあたりのポイントをまとめてみました。

 

退職の意志はまず直属の上司へ伝える

まず、退職の報告は、第一に直属の上司にするようにしましょう。

これは言わずもがな、必ず、です。

 

あなたが退職した後、

 

  • 人を増やすのか増やさないのか?
  • あなたの業務を誰に割り振るのか?

 

などを考え、決定するのはあなたの上司なのです。

 

ここで上司をすっ飛ばして、先に同僚やその更に上の上司に退職を告げてしまうと、

上司からすればとても心象が悪くなってしまいますからね。

 

退職の意志は自分から同僚へ伝えない

では、退職の件を上司に伝えたあとならば、同僚に伝えていいのか?

と言うと、そうでもないんですよね。

 

退職の意志は自分から同僚へ伝えるのはやめておきましょう

具体的には、上司からの人事発表があるまでは、何も言わずにいつも通りでいるのがベストです。

 

というのも、あなたの退職を聞いた上司も、自分の順序で上司や部下に伝える必要があるからです。

 

よほど個人的に仲が良く、口が堅いと信じられる同僚なら、話してもいいかもしれません。

しかし、基本的には上司の口から発表があるまでは、何も言わない方がいいでしょう。

 

筆者の失敗例

僕が先月会社を退職する時、1つミスを犯してしまいました。

上司からの発表がある前に、1人の同僚の女性に退職のことを話してしまったのです。

 

本来は言うつもりはなかったのですが、理由が2つありました。

 

  1. 上司の動きが遅く、引き継ぎに時間がなかったから。
  2. さすがに口外しないだろうと、その同僚を信じきっていた。

 

しかし、彼女は意外と口が軽く、上司からの発表の前に別の同僚に話してしまいました。

それを知った上司が気分を悪くし、僕に対する態度が少し変わってしまったのです。

 

人の口を閉ざすことはできません。

いかに自分が信用していても、上司からの発表を待つのがベストです。

 

また、あまりに時間がなくて引き継ぎが間に合わない、と感じたら、

その旨をしっかり上司に伝えて、早めに発表してもらうよう急かすようにしましょう。

 

退職の話は重たいので、上司も自分のところで抱えてしまいがちです。

しかし、あまりに対応が遅いと、引き継ぎが間に合わない、なんて最悪なケースになってしまいますからね。

 

正式な発表があった後の社内の人への伝え方

あなたの退職の件が正式に発表されたら、順次社内のお世話になった人にも退職のことを伝えていきましょう。

上司→業務で関係の深い同僚 まで伝えたら、あとは特に順番は気にする必要はありません。

 

特に

 

  • 人事・総務
  • システム関連
  • 他個人的に業務でつながりがある人

 

には優先的に伝えて言ったほうがいいかもしれませんね。

あなたの退職にあたって、色々と手続きをしてくれる人になるので。

 

まとめ

退職の意志を伝える順番について、まとめると以下のようになります。

 

1.直属の上司へ告げる。

2.正式な発表を待つ。

3.業務で関わりの深い同僚には早めに伝える。

4.その他の社員へは順次伝えていく。

 

もしかしたら、あなたにとっては「たかが退職じゃん」というぐらい軽い気持ちかもしれません。

しかし、あなたが抜けることによって、残された同僚の負担が増えるのは、あきらかなことなのです。

(一時的なものですが)

 

その点は最大限考慮して、慎重に伝えていくようにしてくださいね。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ