毎日定時で仕事を終わらせて颯爽と職場を去るための6つの方法

毎日定時で仕事を終わらせて颯爽と職場を去るための6つの方法
スポンサードリンク

どうも、もと商社の人事マン、おっくんです。

今、日本には定時で仕事を終わらせて帰っている人って、どれぐらいいるのでしょうか?

業種や職種、地域によっても異なりますが、けっこう少ないんじゃないでしょうかね。

実際、サラリーマンの3~4人に1人が「自分の会社はブラックだと思う」という調査結果が出ているぐらいですからね。

あなたも、今の職場で、仕事を定時で終わらせられずに悩んでいるのではないでしょうか?

ちなみに僕は新卒でとある商社に入社し、5年目ぐらいまでは死ぬほど残業してました。3日ぐらい連続で終電逃して会社近くのホテルに泊まったこともあるぐらい。

でも結婚して子供が産まれてから、キッチリ定時で帰るようにしたんですね。

最初は「あれ、こんな明るい時間に帰っていいのかな」という謎の罪悪感がありました。しかし、毎日定時に帰るようになって、冗談じゃなく幸せになったと断言できます。

  • 自分の時間ができる。
  • 家族、子どもたちとの時間を過ごせる。
  • 夕食時間が早くなるので体にも良い。
  • 翌朝の目覚めもいいから次の日の仕事もはかどる。

正直、定時退社はメリットだらけ。最高の好循環です。

そこで今回は、定時で帰れる職種や業種、そして定時で帰るための仕事術などについて触れておきます。

今定時で帰ることができないあなたも、これを読めば夢の毎日定時退社!ですよ。

【意外とみんな気付いてない】定時で仕事を終わらせるメリット

今や僕は完全な定時退社推奨派ですが、以前はそうでもありませんでした。

でも子供が産まれて定時退社するようになって、いかに残業によって自分が無駄な時間を過ごしていたかがよくわかりましたね。

仮に毎日3時間残業をしているとしたら、1週間(5日勤務)で15時間、1ヶ月で60時間も残業していることになりますよね。

仮にその残業時間、本気で集中しているならまだマシですが、実際18時を過ぎたあとの人間の脳みそなんて機能していません。人間の脳は、起きてから8時間しか機能しないと言われてますからね。

 

定時のチャイムが鳴った後3時間仕事したけど、正直同僚とおしゃべりしたり、集中できていない状態での仕事だったので、全然はかどらなかった…

そんな経験、あなたにも心当たりがありませんか?

だから、残業なんかしちゃダメなんですよ。さっさと帰って仕事忘れて、飯食って風呂入って寝る。

 

これができると翌朝の目覚めが良いから、次の日の仕事も順調。さらに「定時で帰る」と決めているから定時時間内の集中力は抜群。

毎日定時で帰ることができると、とんでもないぐらいの好循環を生み出します。

定時で仕事を終えることのメリットは計り知れないですね。

定時で仕事を終わらせるための3つのコツ

では、ここからは、あなたが定時で仕事を終わらせるために仕事で心がけなければならないことをお伝えします。

どんなに残業の多い業種・職場でも、定時で帰れる人はいます。あなたも上手な仕事術を身に着けて、さっさと定時退社しましょう。

たまに勘違いしている人がいるのですが、定時で帰るために抜本的な大改革が必要と思っている人。確かにいきなり1日の残業時間を5時間⇒ゼロにするのは容易ではありません。

しかし、本当に大事なことは目の前の5分をいかに短縮するか?ということ。小さい効率化やちょっとしたコツの積み重ねが、少しずつあなたの残業時間を減らしていくのです。

1日の初めにスケジュールを立てて仕事を逆算する

当たり前のことなのですが、意外とできていない人が多いのが、これ。

毎日会社に着いたら何も考えずにPCを開き、メールをチェックし、目の前の物から順に片付けていく・・・。

そんな働き方をしていませんか?これは、決して悪い仕事の進め方ではありません。しかし、毎日定時退社するためには、このような働き方をしていてはダメ。

仕事は、逆算です。

大事なことなので、もう1回言います。仕事は、逆算。

まずは今日1日の仕事のゴールを定めましょう。そして可能な限りその通りに進めていくことが大事。

予め仕事の設計図(スケジュール)を決めておかないと、途中で軌道修正が難しくなったり、「そもそも進め方が完全に間違っていた!」なんてことになりかねないですからね。

そしてその通りに仕事が終わればそれでOK。終わらなければ、どこがどうダメだったか?をしっかり分析し、翌日の仕事につなげる。PDCAですね。

あらゆる仕事を、時間を計って集中する

これも結構大事なんですが、やっていない人が多いですね。

あなたは自分の仕事をする時に、その1つ1つのタスクに対して、時間を計っていますか?

けっこう、やっていない人は多いと思います。わざわざ時間図るとか、めんどくさいですもんね。

だけど、ひとつひとつのタスクに対して時間を計るっていうのは、ものすごく大事なこと。

人間は、「締め切り」があると頑張れるもんです。

締め切りがあるからこそ、ものすごい集中力で仕事をすることができるんです。

例えば夏休みの宿題を思い出してください。明確に8月31日が締め切りになっています。

僕も含め、結構多くの人が最後の2日間ぐらいを使ってダーっと集中して終わらせていたのではないでしょうか?

仕事における締め切りの重要性もこれと同じ話。これを日常の業務1つ1つに当てはめてみてください。

例えば、

  • 伝票チェック20分
  • 稟議書作成30分
  • 議事録作成15分

実際にタイマーを使って計りながらやると、フル集中モードに入れますよ。

この時のポイントは、集中する時間は20分から30分ぐらいの間に収めること。人間の集中力って言うのは僕の感覚では25分以上続かないのでだいたいこのぐらいの幅に収めるようにします。

予定外の仕事を見越して余裕のあるスケジュールをする

よく、1日のスケジュールを立てようとすると、「定時の9時から6時までガチガチにスケジュールを固めてしまう」そんな人がいます。

でも、これはよくありません。できる限り、例えば午前中に1時間、午後に1時間、というように、時間に余裕を持たせることが大事。

というのも、日々仕事していたら、突発的な依頼とか電話がかかってきたり、急な来客対応などなど・・・仕事ってのはよくよく考えると突発的なものばかり。

 

正直、朝イチに立てたスケジュールに沿って、1日を終えられることの方が稀でしょう。なので朝に1時間午後に1時間ぐらいは余裕を持って仕事を進めた方がいいのです。

仮にその突発的な仕事が起きずに1時間を自由に使えるとしたら、そこで自分がじっくり考えたい仕事や、集中して調べ物しないといけない仕事などに当て込みましょう。

定時で仕事を終わらせるためのキャラ作りの3つのコツ

定時で仕事を終わらせるためには、自分の仕事の進め方を変えていくのも大事ですが、キャラ設定もすごく大事。

あなたの周りにもいるはず。定時に帰るキャラの人が。

例えば極端な話、時短勤務をしている人はどうでしょう。時短勤務をしている人は、16時に帰ろうと17時に帰ろうと、その決められた終業時間を過ぎれば、誰にも文句は言われません。

これはもちろん、会社から時短勤務の承諾を受けているからなのですが、それ以外にも、「周囲がその状況に慣れている」というのも大きな要因。

つまり、意図的に「あの人は定時に帰るんだ」というイメージをつけさせてしまうのです。

結局同僚も人間なので、「定時で帰る」というイメージの人が定時に帰っても、なんとも思わない、というわけ。

「定時退社する人」のイメージを付ける

普段からダラダラと残業している人が急に定時退社を始めると、

「あれ?今日何かあったの?」とか、「何か予定あるの?」みたいに思われます。

だけど普段から定時で帰っている人は、定時で返っても何も思われません。なぜなら、周りがみんなその状態に慣れているから。

これはちょっとしたコツですが、

  • 普段からド真剣な顔で仕事をする。
  • 定時のチャイムが近いたら更に2割増しぐらいで勢いよく仕事をする。
  • Enterキーを強めにおす(笑)

こういったことを意識するだけで、周囲は勝手に「あ、この人定時で帰らないといけないのかな」と思ってくれます。

また、できるなら普段の会話コミュニケーションにも工夫を入れたいところ。

「最近子育てが忙しくてね」とか「早く帰らないと嫁が怖いんだよね~」などと言っておくと、こういう発言もあなたを「定時退社キャラ」へ導く要素になりますよ。

所詮は、相手も人間だからね。

好かれる人になっておく

また、定時に帰るには、好かれる人になっておくことも大事。

普段から勤務態度が悪かったり、同僚とのコミュニケーションがよくとれていないと、「あいつ、もう帰るのかよ」と言われてしまう可能性があります。人間とは、めんどくさいもの。

まあ、言いたい奴には言わせておけばいいんですけどね。

仮に「毎日職場から白い目で見られても気にしない強靭なメンタル」の持ち主なら問題ないですが、僕を含め、みんなそんなにメンタル強くないです。

やはり好かれる人になっておくと何かと得をします。

 

では、職場で好かれる人材になるには、具体的にどうすればいいのでしょうか?

結構簡単なんですけど、以下の3つを意識しましょう。

  • 挨拶をする。
  • 相手の目をみて話す。
  • 「ありがとう」「ごめんなさい」をちゃんと言う。

要は、素直であること、これに尽きます。

これさえしっかり出来ていれば、そう簡単に同僚から嫌われることはないんですよ。本当に簡単な話。

でも、こんな当たり前のことができていない人が圧倒的に多い。だからこそ、あなたがこれらの当たり前のこと」をやるだけで、周囲は勝手にあなたのことを好きになってくれますよ。

人に頼るキャラになっておく

世の中には、「お願い上手な人」と「お願い下手な人」がいます。

では、この両者の違いは一体何なんでしょうか?

その人の見た目や話し方、声の質などによっても変わってくるんですが、ここでは上手に頼ることのできる、いわゆる頼り上手な人に共通する点を挙げておきます。

  • 笑顔が多い。
  • 声が大きくハキハキしている。
  • 「ありがとう」「ごめんなさい」がちゃんと言える。

いや、ホントにこれだけなんですよ。

人に好かれる、定時退社しても白い目で見られない。そんなキャラ作りのために必要なのは、1にも2にも素直さ。

本当に当たり前のことなんですが、できてない人がほとんど。

 

人間はみんな本来、教えたがりで助けたがりな生き物。

だけど「こいつを助けてやりたい」と思わせるためには、素直に人の話を聞き、ありがとう、ごめんなさいをちゃんと言うこと。これだけ。

最後に~定時で仕事を終わらせるようになって気付いたこと

今でこそ毎日定時で帰るよう人にオススメしている僕ですが、以前はホントにクソみたいに残業しまくってました。そのころは、定時で帰ることなんて考えたことなかったんです。

だけど定時で帰らなければ生きていけない状況を作り出してくれた家族には、今とても感謝しています。

なぜなら、定時退社をすることによって得られるものがたくさんあったから。

  • 自分の時間
  • 家族との時間
  • 早寝早起きの習慣
  • 自分の人生を見つめなおす時間

などなど。

冗談抜きに、定時退社するようになって人生が変わりました。

 

今までずっと残業していた人がいきなり定時退社を始めるのは難しいかもしれません。

だけど、少しずつならできるはず。

まずは毎日30分ずつ早く帰るように意識してみましょう。

 

あなたが日々の仕事をサクッと終え、毎日定時退社をして幸せな日々を過ごせるよう祈っています。

 

 

今の会社じゃどうしても満足できない、と思われている方に向けて、こちらの記事ではオススメの転職エージェントをご紹介しています。

給料、勤務地、職種、業種、人間関係…サラリーマンの悩みは尽きませんが、転職するだけで一発解決することもあります。

登録・相談から内定まで完全無料。一度転職エージェントに話をしてみてはいかがでしょうか?

オススメの転職エージェントご紹介はこちら。

【元大手商社の人事が教える】絶対に登録すべき転職エージェント4選

2017.10.27

僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ