転職先に良好な人間関係を求めるなんて愚行はギャンブルでしかない

転職 人間関係
スポンサードリンク

「さぁ、転職だ!」

そんな広告をよく見かけるようになりました。

今あなたがもしサラリーマンをやっているなら、一度も転職を考えたことはない、なんて人はいないと思います。なぜなら、サラリーマンには余計な制約やストレスがあまりにも多いから。

で、そこで「こんな会社やってられるか!」と、勢いで辞めてしまう人もいる一方、「勢いだけで辞めるのは危険なので絶対にやらないほうがいいですよ」ということは、僕自身の実体験からもあなたに伝えたいのです。

会社における悩みの9割は人間関係

あなたが今の会社で抱える不満はなんですか?サラリーマンの仕事上の悩みは、そのほとんどが人間関係だと言われています。

  • 上司とのそりが合わない。
  • 苦手な客がいる。
  • 同僚とうまくいかない。

こういった人間関係に悩む人はたくさんいます。というかほぼ100%が人間関係に起因するものと言っても過言ではないぐらい。

「人間関係が嫌だから転職しよう」というのも、もちろん立派な転職の動機にはなりえます。なりえるんですけども、これだけで転職を決めてしまうと危険だよということを改めて言っておきます。

転職先の人間を全て把握することは不可能

人間関係が嫌で転職するとして、仮に転職先の上司や同僚が魅力的な人たちばかりだったとしたら?その転職は大成功したと言えるでしょう。

しかし、転職前に転職先の人間を全て把握することなんてできないのです。これは当たり前の話ですよね?

仮にあなたが、「この人と働きたい!」と思う会社があったとして、その会社に見事転職が成功したとしましょう。だけど、あなたが配属される部署にその人がいるかどうかなんてわかりません。

しかも会社である以上、その人が来月から異動しまう可能性もあるし、自分がどこに配属されるかも入ってみるまでわからないわけです。

つまり、人間関係が嫌で転職したって、その先の会社の人間関係を自分で選ぶことはできないわけです。この点冷静に考えておく必要があるよね。

100人のうち1人でも嫌いな人がいれば結局同じ

仮に、100人のうち99人が魅力的な会社だとしても、残りのたった1人があなたにとって最悪の人間だったら?そしてその最悪な人間が自分の上司だったら?

結局、今以上に人間関係で悩むストレスを抱える可能性もあるわけです。

転職前に考えるべきこと

そのため、人間関係に関しては、転職でうまくいくかどうかっていうの結局運任せ

実際問題として、転職にはかなりのエネルギーが要ります。僕もつい先日、3ヶ月間ぐらい転職活動をしましたが(結局無職になる、という選択をした)、もう尋常じゃないぐらいエネルギーを消費しました。

仕事しながら転職サイトに登録し、情報を集め、書類を送付し、面接を受け、また経歴書を見直し・・・。

仮にせっかくここまで頑張っても、その転職先が最悪の職場だったとしたら?結局また辞める羽目になってしまったら?それこそ時間と体力の無駄だし、余計なストレスを抱えてしまって終わり。最悪の場合、「転職しなきゃよかった・・・」と後悔しかねませんからね。

だから職場の人間関係が悩みで転職したいと思うなら、今一歩立ち止まって考えてみてほしいわけです。

転職先の人間関係は入ってみないとわからないあなたはどうすべき?

ではどうすればいいのか?転職先の人間関係をが分からない以上、あなたが取るべき選択肢は2つあります。てか、2つしかありません。

  1. 小規模の会社へ転職する
  2. 自分でビジネスを作る

小規模の会社へ転職する

これはつまり、超がつくぐらいの数人規模のベンチャー企業への転職。僕の知り合いで、大企業からベンチャーに転職した人を何人もみてきました。で、その100%が幸せそうに働いているかと?いうと結構そうでもないみたいです。

というのも、少人数のベンチャー企業は、極めてワンマン経営である可能性が高いです。良くも悪くも、社長の指の向いた方向に向けて走らなければならない。結局むちゃくちゃな残業を強いられたり、やりたくない仕事をひたすら延々とやらされたり・・・という可能性から解放されることはありません。

勢いよく転職してみたら、今の会社以上にしんどい思いをする可能性も十分にありますからね。これは最良の選択とはどうも思えません。

自分でビジネスを作ってしまう

つまり、シンプルに言えば起業ですよね。これが僕がおすすめする「サラリーマン辞めたい」と思った時の選択肢。

結局、人間関係で悩んでいる場合、どんな会社属したところで、人間関係の悩みを100%排除することはできないのです。だったら自分一人でスモールビジネスという形でビジネスを作ってしまうのが一番いい。

じゃあ、具体的にどうやってビジネスを始めればいいか?

「いきなり転職先を決めずに会社を辞めろ」なんていうつもりは一切ありません。どこかの稼ぎ方を教える情報塾なんかは、結構「勢いが大事だからさっさと辞めてしまえ」みたいなことを無責任に言います。ですが、僕はそこまで人の人生に無責任なことは言えません。

だったらどうするか?

まずは副業です。

会社にいながら副業を始め、その副業で会社以上の収入を得る。十分な収入を得ることができてから会社を辞めて、自分のビジネスを軌道に乗せる。これが現時点で最強の人生モデル。

副業のやり方は人それぞれ。今は主婦や学生、サラリーマンの方でも、上手に副業をして自分の力でお金を稼いでる人はたくさんいます。

その方法が分からなければ、このサイトで色々ご紹介していますので、参考にしてみてください。

最後に

人生は一回きり。自分の生きたいように生きる人生を送ってみたいと思いませんか?

がむしゃらに働くのもいいことですが、死の間際になって、「ああ、もっと家族と過ごしておけばよかった。」「あの時やりたいことに挑戦しておけばよかった。」などと後悔しても後の祭り。

それよりも、今自分の人生を見つめなおすタイミングを持てたことはチャンスです。変えるなら、今しかありません。