僕が考える「読まれるブログ」に共通しているたった3つの大事なこと

2000文字 ブログ 20分
スポンサードリンク

たくさん記事を書いたのに、ブログにアクセスが集まらない!

そんな悩みを持つ人は多いです。

ブログのアクセスを集めるためには、とにかく記事を書く。それはもちろん大切なことなんですが、ただがむしゃらに書き続けるだけでは、あなたのブログにアクセスは集まりません。

ブログのアクセスを集めるためには、正しい方法で記事を投稿していく必要があります。

SEOは永遠の課題であり、正解はない

これからブログを始める場合、或いは始めたてのブログにアクセスを集めたい場合はどうすればいいか?それにはまずは『Googleの検索で上位表示させる』ことを目標とします。(これをSEOと言います)

では、Google検索で上位表示させるためには?

実は、これには「これだ!」という明確な正解がありません。トップブロガーも「SEOは永遠のテーマであり、正解はない」と言っているぐらいです。

一昔前なら、被リンクを増やしたり、文字数を増やしたり、記事数を増やしたりすることで対応できました。でも今は小手先のテクニックは通用しないようになっています。

では、僕たちの記事はどうすればGoogleに検索上位表示されるのでしょうか?

それは、シンプルに『良質なコンテンツを提供する』ことに他なりません。

  • 見やすいサイト構成を心がける。
  • 読者がためになったと思える記事をかつ。
  • おもしろさやオリジナリティを出す。

簡単に言うとこんなところでしょうか。とにかく、小手先のテクニックではなく、読者を引きつけ、読者がまた訪問したくなるようなサイト作りを心がける。これが必要不可欠。

「もっと具体的なこと教えろや!」という声が聞こえてきそうなので、具体的に説明しますね。アクセスを上げる上で大切なポイントは、主に3つ。

それは、

  1. 読者の悩みを解決する。
  2. 読者がおもしろいと思う。
  3. 自分の意見が書かれている。

この3つを満たす記事である必要があります。

読者の悩みを解決する記事とは?

あなたはGoogleで検索を行ったことはありますか?もちろんありますよね。よくスマホを触る人なら、毎日あるでしょう。その時、どんな言葉を入れて検索しましたか?

ちなみに僕が副業を始めたいと思ったとき、こんな風なことをよく検索してました。

  • 「上司 うざい」
  • 「会社 クソ」
  • 「会社 辞めたい」
  • 「副業 自由」
  • 「起業 方法」
  • 「副業 3万円」

みたいな感じ。

病んでますね。

まぁ僕が病んでいたのはおいといて、では、あなたに聞きます。

「これらの検索ワードに共通するものは何でしょうか?」

わかります?

そう、それは、『悩み』です。

人はなぜ検索するのか?それは悩みを解決したいからです。

大事なことなのでもう1回言いますね。

人が検索する理由は、悩みを解決したいから

つまり僕はあの時、会社が嫌で上司がクソで、そして何か自分で稼いで自由になる方法、つまり副業を探して悩んでいたということです。

そして検索した結果、魅力的なサイトやブログが見つかりますよね。

『うざい上司を撃退するための最も有効な心構え!』とか

『副業を始めて月3万円簡単に稼いで自由の身になる方法!』とか。

僕たちは、自分が興味を持った情報を見て「お、知りたい」と思ったとき、その記事に飛びます。そう、今度はあなたがその記事を書く番になるわけです。

『読者の悩みを理解し、読者のためになる情報を提供する。』

これが、シンプルに考えたSEOの最短の近道です。

参考として、僕がブログ運営において最も参考にしたサイトを紹介しておきます。『バズ部』さん。(Wordpressブログを運営するうえでは超・超・超有名サイトです)

魅力的なタイトルで読者を誘導し、読者がWordpress運営で悩むであろうポイントを細かく、かつわかりやすく説明している。こういった点で、このバズ部から学ぶことはたくさんあるでしょう。

読者がおもしろいと思う記事とは?

一方、『役に立つ』記事だけを書いていても、アクセスは集まりません。ここが難しいところ。

書籍で言うところの『専門書』と『雑誌』とでも言うとわかりやすいでしょうか。

本当に正しい情報をたくさん得たいのなら、ただ専門書を読めばいい。ですが、毎日毎日専門書ばかり読んでいられるか?と聞くと、僕らの脳はそれほど学者っぽくできていません。

だから、雑誌があるんですよね。情報量で言えば専門書の方が格段に多い。でも僕らがわざわざ雑誌を買うのはなぜか?それは、おもしろいからです。単純に。

例えば、以下のような文章があったとしましょう。あなたは「カフェオレとカフェラテの違い」を知りたくて検索しました。

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレはフランス語が語源。一方のカフェラテはイタリア語が語源。どちらも日本語に訳すと「コーヒー牛乳」「ミルク入りコーヒー」という意味になる。

この2つは「カフェ(コーヒー)」に違いがあり、カフェオレにはドリップコーヒーを使う。一方、カフェラテには高い圧をかけて短時間で抽出するエスプレッソコーヒーを使う。

うん、わかりやすい。では、もう1つサンプルを。

カフェオレ(カフェ・オ・レ!)はフランス語、カフェラテ(カフェ・ラッテ!)はイタリア語からきているんだぜ?ただ、どちらも日本語に訳すと「コーヒー牛乳」だから、まぁ雪印と小岩井の違いみたいなもんだ。

カフェオレはいわゆるドリップコーヒー。そして、カフェラテには高い圧をかけて短時間で抽出するエスプレッソコーヒーを使うんだ。

それって、どういうことかわかるか?

つまり、カフェオレはドリップコーヒーで、カフェラテはエスプレッソってことなんだ。(言ってること同じやん)

どうでしょう。言ってることは同じですが、下の例の方が、なんかおもしろくないですか?いや、スベッてるのはわかりますけど、なんか人間味を感じますよね。僕はこっちの方が好感が持てて好きなんだなぁ。

つまり、

『誰かの役に立つ』そんな記事を書く一方、

『おもしろさ』を求めることも絶対必要です。

その『おもしろさ』こそが、あなたのオリジナリティであり、他社との差別化ポイントでもあるんですね。ただ、「おもしろい記事なんて、私には書けないよ」そんな風に悩む必要はありません。

自分らしく、自分の言葉で記事を書くこと

最初は難しいかもしれませんが、何記事か書いていくと、自分のブログ上のキャラみたいなものが見えてきます。要は、他のサイトからコピペで作り上げた記事や、語尾を変えるだけの記事を書いてはダメですよって話。あなたのブログには、あなただけのオリジナリティーが必ず必要なんです。

ちなみに、僕が「おもしろい!」と思ったブログは、ARuFaさんのブログ

正直、「どこまでやるねん」ってぐらいアホなことやってらっしゃいます。でも、アホを突き詰めると、それも1つの芸術。そう思わざるを得ない、なんとも言えぬ魅力がこの人のブログにはあります。

僕はARuFaさんのブログを見て「あー、ためになった!」と思ったことは1ミリもありませんが、この人の大ファンです。

自分の意見が書かれているかどうか?

読者の悩みを解決する記事を書き、読者がおもしろいと思う記事を書く。この2つでも充分ですが、どうせならあと1つ。

「自分の意見を書くこと」

これも必ず忘れないようにしてください。

読者のためになる記事ばかり書こうとして、気付けば自分らしさを失ってしまっている人、たまにいるんです。

例えば、以下のサンプルを見比べてみてください。

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレはフランス語が語源。一方のカフェラテはイタリア語が語源。どちらも日本語に訳すと「コーヒー牛乳」「ミルク入りコーヒー」という意味になる。

この2つは「カフェ(コーヒー)」に違いがあり、カフェオレにはドリップコーヒーを使う。一方、カフェラテには高い圧をかけて短時間で抽出するエスプレッソコーヒーを使う。

もう一度こちらの例を。これは、ためになる記事を淡々と書いた例でしたよね。ここに自分の意見を付け加えてみます。

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレはフランス語が語源。一方のカフェラテはイタリア語が語源。どちらも日本語に訳すと「コーヒー牛乳」「ミルク入りコーヒー」という意味になる。

この2つは「カフェ(コーヒー)」に違いがあり、カフェオレにはドリップコーヒーを使う。一方、カフェラテには高い圧をかけて短時間で抽出するエスプレッソコーヒーを使う。

ところで、僕は断然カフェラテ派。独特のコク、ほろ苦さ、甘すぎない大人の味。カフェオレはさっぱりしているのはいいけど、ちょっと水っぽい気がするんだよなぁ。あなたはどちらが好き?

どうでしょう。自分の意見を付け加えることで、一気に親しみが湧く文章になることがわかっていただけたでしょうか。

あと、よく「自分の意見を書くと叩かれるんじゃないか?」とか、

「なんか怒られそうで怖い」みたいな余計な心配をする人がいます。

でも、ブログって自分の城ですよ?何書いてもいいんですよ。人の目を気にして自分の意見を書かなくてどうするんですか?

また、「だと思う」とか「そんなことを誰かが言ってた」とか言って逃げるんですか?そんなつまらないブログ書くぐらいなら、いっそやめてしまえばいい。

ブログには、自分の意見を隠さずに、保険なんかかけずに思い切って書きましょう。その方が、絶対おもしろくなりますからね。遠慮ばっかりして、自分の意見を主張しなければ、結局どっちつかずのつまらないブログにしか仕上がりません。

まとめ

と、色々言いましたが、いかがでしたでしょうか?ブログのアクセスを上げるためには、

  1. 読者のためになるように。
  2. 読者がおもしろいと思ってくれるように。
  3. 自分の意見をはっきり入れて。

記事を書く。遠慮せずにぶち込んだらいい。

それでは。


僕が厳選したオススメ転職エージェントがコチラ