赤ちゃんがいる家庭にこそウォーターサーバーを設置すべき理由

プレミアムウォーター
スポンサードリンク

子どもが産まれてから、毎日へとへと…。

新生児育児のときって、こんな風に悩みませんか?

 

  • 夜泣きで寝不足
  • 毎日の授乳で腰も腕も痛い
  • 産後抜け毛で髪が抜ける
  • 手足が冷える
  • 足のむくみがとれない
  • 便秘気味
  • 肌が乾燥する
  • 食べても食べても食欲が止まらない
  • でも、赤ちゃんが家にいるからなかなか外で運動もできない
  • 外出もままならない

 

おそろしくなってしまうほど、産後は体調が悪くなります。

 

出産はゴールではなく、スタート

プレミアムウォーター

長女が産まれるまで、出産はゴールだと思っていました。

でも、実際に育児をしていて気付いたこと。

それは、出産はあくまで分岐点の1つであり、ここから育児がスタートする、ということ。

 

僕の嫁も、長女出産後、自分の体の変化に毎日驚いてばかりいました。

 

まるで、自分が自分でなくなったみたい。

 

毎日のようにそう言ってましたね。

 

僕らは今、長女は1歳4ヶ月になり、1ヶ月前に産まれたばかりの次女の育児に奮闘中。

 

おっくん
あー、1人目の時もこんな感じだったなぁ…。

 

などと思い出しながら2人の娘とのバタバタ育児を楽しくやっています。

 

妊娠~出産までの10ヶ月も本当に大変だと思います。

しかし、産後は産後で尽きない体の悩み。

 

今日は、そんな産後でへとへとのあなたに、少しでも楽になってもらえるよう、ある飲み物に関する記事を書きます。

 

それが、水です。

 

赤ちゃんのいる家庭にこそウォーターサーバーを導入すべし

特に小さい赤ちゃんのいる家庭の場合、『飲み水』には気を付けてほしいところです。

できるだけ、水道水ではなくウォーターサーバーなどできれいな水を飲んでほしいのです。

 

では、なぜ僕が水道水ではなく、ウォーターサーバーにこだわっているのか?その理由を簡単にご説明します。

 

①安全かつ衛生的

何より、これですね。

ウォーターサーバーを扱う業者は、必ず厳しい安全検査をしています。

つまり、ウォーターサーバーの水は全て業者の基準をクリアした安心・安全な水のみ。

 

その厳しい基準をクリアしているため、有害な物質の混入はないのです。

常にきれいで安全な水を飲むことができます。

 

ママも、パパも、子どもも。特に、小さい赤ちゃんがいる家庭の場合、水の品質は気になりますよね。

「水道水を飲ませるのはちょっと・・・。」と思うあなたには、ぴったりなのがウォーターサーバーじゃないでしょうか。

 

②ウォーターサーバーなら手間がかからない

ウォーターサーバーは、専用の機械を部屋に設置するだけ。

あとは、業者がボトルを運んでくれます。

 

  • 面倒な買い物も不要。
  • わざわざやかんでお湯をわかす必要もない。
  • 冷蔵庫で水を冷やす必要もない。

 

ボトルの中の水の量が少なくなったら、電話一本、若しくはネットでワンクリック。

注文に応じて業者が家までボトルを届けてくれます。

あとは、ボトルの付け外しだけです。

 

また、定期購入という方法もあります。

予め、例えば、月曜日の13時、などと登録しておけば、忘れてた!なんてこともなくなりますよね。

 

③実はとても経済的なウォーターサーバー

電話一本で届けてくれるし、冷たい水も温かいお湯も好きな時に出せる。

こんな便利なウォーターサーバー、さぞ高額なんじゃないの?そう思われるかもしれません。

 

でも、実は驚くほど安いんです。

 

なんと、500mlあたり71円。

 

もしコンビニで2リットルの水を購入するとしたら、100円~150円程度はかかるんじゃないでしょうか。

便利なうえに、非常に経済的なのです。

 

最近のウォーターサーバーは意外と邪魔にならない

img_standard

大きいボトルを家に置くと邪魔!

そういう意見もあります。

 

でも、最近のウォーターサーバーは、デザインも凝っているし、ゴミ箱よりも場所をとらないんじゃないでしょうか。

無駄なスペースをとらず、横幅も狭めだし、1つのインテリアとしても機能しますよ。

 

育児中の家庭こそ使うべきプレミアムウォーター

プレミアムウォーター

安全で衛生的なのはもちろん、アトピー予防やミルク作りが簡単になるなど。

小さいお子さんを持つあなたにもってこいの商品。それがウォーターサーバーなのです。

 

放射性物質から隔絶された安全な地下天然水、かつ、徹底的な品質検査を実施しています。

妊娠中のママはもちろん、赤ちゃんにも安心して飲ませることができますよ。

 

また、いつでも85度のお湯が出るので、ミルク作りも楽ちん。

もちろんチャイルドロックがついているので、小さいお子様がいても安心して使用可能です。

 

水を適切に飲むことによる効果

実は、水って万能薬なんです。

  • 心臓病の予防になったり
  • ガンのリスクを抑えたり
  • うつ病対策にも

こういったことにまで効果があるのです。

 

水を飲むと私たちの体はどうなるのか?

もう少し具体的に見ていきましょう。ここからは水を飲むことによる具体的な効果を。

①有害成分の解毒・下剤効果

水は体の中の有害な成分を分解し、消化します。

二日酔いの時には水を飲みますよね。その時、アルコールからできる有害な成分を、水が分解してくれるのです。

一時期はやった「デトックス」なんてのと同じ考えですね。

 

体から有害な毒素を分解し、排出してくれる助けになるのが水。さ

らに、水は腸の働きを活発にします。定期的にしっかりと水を飲むことで、腸の動きが活発化し、排便効果を生みます。

 

②心を落ち着かせる効果

「落ち着くために水を飲む」この感覚も、わかって頂けると思います。

テレビや映画でも「落ち着け!」と言いながら水を飲ませるシーン、ありますよね。水には、鎮静効果があるのです。

 

コップ一杯の水を飲むことで、脳に集まった血液を胃腸へ集めることができます。

それにより、精神状態を安定させることができるのです。夜寝る前にコップ一杯の水を飲むことで、心地よく眠りにつくことが可能、というわけ。

 

③体温の維持ができる

人間は、暑い時に汗をかいて体温調節をする生き物。

しっかりと水を飲むことによって、適度に汗をかくことができるようになります。

発汗には解熱効果があり、体内の発熱の原因となる部分を軽減させてくれます。

 

④ダイエット効果

これはもう、言わずもがなですが、水にはダイエット効果があります。

水を飲んで空腹感を満たすことはもちろん、さらに上述の解熱効果で新陳代謝を促進させることができます。

 

すると、体内の脂肪を燃焼させる力がUPし、痩せやすく太りやすい体が出来上がります。

代謝が上ると、足のむくみ対策にもなります。

 

⑤老廃物の排泄

水をたくさん飲むと、尿が近くなりますよね。

人間は、排尿の時に体内の老廃物を一緒に外に出しています。

 

つまり水をたくさん飲むと、体内にたまった老廃物を、どんどん外に押し出すことになります。

また、水の摂取によって血液がサラサラになり、動脈硬化などの予防にもつながります。

 

【失敗したくない人のために】正しい水の飲み方

先ほどから何度も申し上げていますが、水は万能薬。しかし、そんな水も上手に飲まないと、デメリットが現れます。

逆に言えば、正しく飲むと効果は抜群です。

水を飲む量や時間などの目安を知っておき、上手に水を摂取しましょう。

 

1日に飲むべき水の目安量

1日に必要な水の摂取量をご存じですか?目安は、2.5リットル。

これは、食べ物に含まれる水分も含めての目安です。

なので、純粋に水を補給しようと思ったら、2リットルぐらいがちょうどいいぐらいです。

 

水を飲むタイミング

では、いつ飲むのか?

ついつい昼間飲むのを忘れてしまい、寝る直前に一気に1リットル飲み干す…こんな生活をしてはいけません。

 

なぜなら、一度に大量に水を飲むと、体に悪影響があるからです。

 

それは、水とその他の体内の物質(ナトリウムなど)の割合のバランスが崩れ、疲労の原因になります。

それだけでなく、頭痛やめまい、吐き気の原因になったり、ひどい場合は呼吸困難に陥ることもあります。

 

一気にたくさんの水を摂取しないよう、少しずつ小分けにして飲むのがいいです。

目安は、こんな感じ。

 

  • 起床後-200ml
  • 朝食時-500ml
  • 昼食時-500ml
  • 夕食時-500ml
  • 入浴後-400ml
  • 就寝前-200ml

 

この飲み方で1日2.3リットルですね。

但し、これはあくまでも目安。

 

自分の体の様子と、のどの渇き具合などを見て、自分に合った水の飲み方を模索しましょう。

 

最後に

以上、お水のメリットと正しい飲み方、そして僕がウォーターサーバーをお勧めする理由を書き殴りました。

 

  • 産後で自分の体の変化に悩みを持つあなたへ
  • 安心で安全なお水を飲んでほしい赤ちゃんへ
  • ちょっと飲みたい時に、コーヒーを簡単に入れたいパパへ

 

安全、便利、経済性。全てが詰まったウォーターサーバー。

一度あなたのおうちでも、試してみてはいかがでしょうか?