会社辞める勇気が出ない人に、退職直後の僕が言いたい3つのこと

会社辞める勇気が出ない
スポンサードリンク

どうも、もと上場企業商社の人事マン、おっくんです。

僕は新卒から6年半勤めた前職を、つい先日退職しました。

 

初めての退職だったので、やはりそれなりに緊張しましたし、辞める前はなかなか勇気が出なかったんですよね。

だけど、後になって冷静に考えてみたら、ある1つの事実にたどり着いたんです。

 

おっくん
会社を辞めるのに勇気なんていらんやん。

 

って。

 

そうです、会社を辞めるのに勇気なんて必要ないんですよ。

必要なのは、情報と冷静さ。この2つだけ。

 

今回は、会社を辞める勇気が出ないと悩むあなたに、実際に僕が辞めた時に感じたことをお伝えします。

少しでも参考になれば幸いです。

 

会社を辞めるのに勇気は要らない

よく、

 

会社辞めたいけど、勇気がなくて・・・。

 

という人がいます。

実際は、大抵の人は正直に「勇気がない」と言えないから、適当に理由つけて辞められないでいるんですけどね。

 

で、僕も会社を辞める前は同じように思っていました。

だって、

 

  • 今後の生活のこととか。
  • 家族のこととか。
  • 残された同僚のこととか。

 

色々考えたら、なかなか退職に踏み切れないもんじゃないですか。

特に日本の会社は外国の会社に比べて、転職や退職をものすごく大きなイベントとして捉えますからね。

 

でも、実際はそんなに大層なもんじゃありません。

 

必要なのは、情報と冷静さです。

 

大胆さや勢いなどは、むしろどこかにそっと置いておきましょう。

 

『辞める勇気が出ない』→『余計な不安が多い』

そもそも、今のあなたが、『会社を辞めるのに勇気が必要』と思う理由は何ですか?

おそらく、いろんなことを心配しているからこそ、「勇気を持たなきゃ」と思うんじゃないですかね。

ちなみに、僕はそうでした。

 

  • 辞めたら次の仕事が見つかるか、不安。
  • 辞めたら給料が下がるかもしれないから、不安。
  • 辞めたら同僚が大変になるから、不安。

 

でも、実際に退職してみてわかりました。

 

おっくん
全部、要らん心配やったわ。

 

って。

ここからは、その不安がなぜ杞憂なのか?について説明していきますね。

 

 

①辞めたら次の仕事が見つからないかもしれないという不安

 

おっくん
今の仕事を辞めたら、次の仕事が見つからないかも・・・

という不安。

これ、杞憂です。

 

だって、次の職場を決めてから転職すればいいだけの話ですもんね。

 

充分な蓄えがあったり、どうしても一度退職しないとできないことをやるなら、一度退職するのはありです。

だけど、基本は今の仕事に勤めながら転職活動するのが一番間違いのない方法でしょう。

 

僕は訳あって無職になりましたが、それでも半年以内には必ず就職すると強く決めていたし、

万が一就職できなくても、奥さんが働いているので、ガチで生活にこまる心配はありませんでした。

 

要らない心配はできるだけしないようにしましょう。

 

 

少しでも不安があるのなら、先に転職先を決めてから退職すべきです。

 

②辞めたら給料が下がるかもしれないという不安。

これも、同じ話です。

給料が下がって困るようなら、今の給料と同水準、もしくは、より良いところに就職すればいいだけの話。

 

確かに、仕事をしながらの転職活動は、かなりエネルギーが要ります。

だけど、そんなことを言い訳にしていたら、いつまで経っても転職なんかできっこありません

 

無駄な残業と余計な時間を極力減らし、期間を決めて転職活動に集中しましょう。目安は3ヶ月。

僕は転職活動を経験して感じましたが、転職活動は3ヶ月を超えると途端にしんどくなります

短期集中で、必ず結果を出すと決めましょう。

 

ちなみに、スケジュール管理や企業への連絡が面倒くさければ、転職エージェントを活用するのがオススメです。

転職エージェントは、面倒くさいことをほとんどやってくれますからね。

 

③辞めたら同僚が大変になるという不安。

何かと優しい人や周囲に気を遣う人に多いのが、コレ。

実はこれが一番ムダな心配なのです。

 

 

どこでも言われているように、あなたが抜けても、会社は何の問題もなく周ります。マジで。

せいぜい、あなたの噂が出るのは、あなたの退職後2週間ぐらいでしょう。

 

2週間を過ぎれば、あなたの職場は何の問題もなく回っているはずです。

 

【最後に】やらない後悔よりやった後悔を

会社を辞めるためには、しっかりと情報を集め、自分の本音を探ることです。

あなたの人生を決めるのは、他人ではなく、あなた自身。

 

現職に残るか?転職するか?

決めるのはあなた自身だし、それによって得る結果も、全てあなた次第。

 

しかし、あえて1つだけ言うとすれば、「ちょっとでも転職したいと思ったら、思い切って転職してほしい」ということ。

月並みですが、やった後悔よりも、やらなかった後悔の方が抜群に大きいです。

 

僕は3年前、あるベンチャーの社長から「一緒に働かないか?」と言われたことがありました。

だけどその時は「今の会社に恩があるし」みたいな不思議な理由でお断りしたんです。

 

そのことは今でも激しく後悔しています。

 

おっくん
あの時、会社のこととか気にせず転職していたら・・・

って、何回思ったことか。

 

だけど、後悔していても何も始まらないので、前を向いて進むようにしています。

 

とにかく、やらなかった後悔は、後々ボディーブローのようにじわじわと押し寄せてきます。

だから、ちょっとでも気になることがあったら、周囲に遠慮せずに辞めたらいいと思う。

 

大体の場合、人生はなんとかなります。